つめ切りがすごい

2006-11-30 三好 由布那

今日、つめ切りを販売している某メーカーさんに取材に行きました。
メインは子ども向けつめ切りについての話だったのですが、赤ちゃん用〜大人用、それぞれいろいろな形状のものがあってびっくり。なかにはスクエア形に切れるつめ切り(しかも指をのせる台付き、その台の長さが調節できて、好きな長さでカットできる)なんていうのもあって、感激しました。

つめ切りって、滅多に壊れないし、一本あれば満足しちゃってなかなか買うことがない。でも安いんだし、いくつも持っていてもいいんですよねー。

オフレコで教えてもらったあの近日発売のつめ切り、狙ってます。

Comments Closed

『日本のゲイ・エロティック・アート』イベント当日の模様

2006-11-29 坂部 重久

本当に多くの方にご来場いただいた、2006年11月23日、渋谷・UPLINKにて行われた『日本のゲイ・エロティック・アート』イベントの模様をお送りいたします。

※なおトークショーの模様はTOKYO FMの村上隆さんの番組で放送予定
 TOKYO FM 12/2(土)
 深夜27時〜28時 『エフエム芸術道場』
 
 
〈当日のタイムスケジュール〉
・12:00〜17:00 原画展
・18:00 トークショー 村上隆×田亀源五郎
・20:00 フィルム上映
  20:00〜
  『Desert Dungeon』(2006/日本/20min)
  20:40〜
  『巨根伝説・美しき謎』(1983/日本/60min)
  21:50〜
  『愛の処刑』(1983/日本/60min)
 

12時に始まった原画展には、およそ50名のお客さまがご来場。原画展の最中、トークショーと上映会の空席状況を尋ね、申込される方がいらっしゃいました。トークショーはキャンセルで空いた席数分のみのご案内となりましたが、若干席に余裕のあった上映会は当日受付を行いました。

原画展終了後、会場を組み直してから、18時より村上隆さんと田亀源五郎さんによるトークショー。少しでも多くの方にご来場いただけるように会場設営中に急遽イスを増設。定員60人のところ、つめにつめて約70名のお客さまにご来場いただきました。

予約の時点では席に余裕のあった上映会も、トークショーに負けず劣らずの混雑状況で、3回の平均観客数は60名ほど。上映イベント終了まで、会場は満席に近い状態でした。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!
 

それでは原画展の様子からお送りします。
01reIMG_4419.jpg

01Xa_IMG_4450.jpg

02R0012824.jpg

03R0012820.jpg

04IMG_4424.jpg

04Xa_IMG_4435.jpg
 
 
大混雑の中、村上さんと田亀さんのトークショーが始まる
05IMG_4481.jpg

06IMG_4513.jpg

07IMG_4530.jpg

08IMG_4551.JPG

08aIMG_4536.jpg
 
 
上映前、田亀さんによる作品解説。トークショーに引き続き満席に
09R0012831.jpg

2 件のコメント »

ぽんこつゾンビ

2006-11-28 須藤 野恵

先週、背筋が凍り付くようなミスを立て続けに2回して、
うちひしがれ家に帰って朝起きたら首と背骨を寝違えていました。
髪はぼさぼさ顔はどろどろ、身体はぽんこつゾンビロボットのような動きという、
あんまりな自分の姿。情けなさを通り越して笑ってしまいました。
週半ばになってやっとやっと首が回るようになりましたが、
めったにない肩こり(筋肉痛?)を経験しています。

Comments Closed

責任販売について

2006-11-21 沢辺 均

ここ何年か、本の責任販売の取り組みが続いています。
また、増えているようにも思います。

責任販売とは、ある本を
・書店が責任を持って注文する
・その責任とは
 買切り(返品しない)や、仮に返品するとしても仕入れた値段全額はもどらない
・そうしたリスクを書店が背負うかわりに、通常より安い値段で本を仕入れることができる
(これを出版社からいうと、通常より安い値段・割合で卸す・出荷する)
ということでしょうか。
続きを読む…

Comments Closed

引っ越し

2006-11-17 佐藤 智砂

住まいの引っ越しをした。
場所は、ポットと同じマンション。
より職住接近です。
鉄もリードなしでポットに来られます。

Comments Closed

そろそろ冬かな…

2006-11-16 坂部 重久

もう入社何日目なんて数えるが面倒なんで「2ヶ月くらい経った」ということで。

先週末、悪天候の中、表参道をでかい荷物を持って移動。ずぶ濡れになるは切符を落とすわ、と散々な目に遭い、その日の夜中に熱が出てきてとどめをさされる。

まだ11月だというのに長袖2枚着こんでいるなんて軟弱な…。

まあまだ家では暖房を使う出すまでにはいたってませんが。
速くて12月末くらいに出せばいいんじゃないかと。

Comments Closed

体重

2006-11-15 山田 信也

去年の夏から冬にかけて、10キロ減量しました。今年になってから、じっくり時間をかけて増量してももとに戻りました。先日、そろそろやばいんじゃなかろうかと思い、体重計で確認したところ、ほぼ、去年の減量前の水準まで回復していました。そして。
11月6日の出勤時には割とぴったり(ややゆるめ)のはずだったズボンが数日前くらいから、やけにずりさがるのが気になり、昨日、家にかえって、再び、体重を測ってみたところ、、3キロ減、、本当か!??
体重の増減をまとめると、

−10キロ(意識的減量の成果 期間約3ヶ月)
+10キロ(半意識的リバウンドの結果 期間約10ヶ月)
ー3キロ(無意識 期間約10日)

単なる記憶の間違いでである、ことを疑う余地は存分にあるのですが、やたらとズボンがずりさがるんです。

Comments Closed

予約受付開始初日

2006-11-01 三好 由布那

 本日、刊行記念イベント「日本のゲイ・エロティック・アート〜原画展+トークショー+フィルム上映〜」の予約開始初日です。受付開始11:00を前にひとり社内で汗をかいています。楽しみにしてくださっている方から昨日もお問い合わせのお電話をいただきました。ありがとうございます。

 今回のポイントは「この日限定」です。
 現代日本アートの旗手・村上隆さんが「日本のゲイ・エロティック・アート」をどう見るのか、編者・田亀源五郎さんとどのような話をくりひろげるのか。1980年代の日本のゲイ・フィルムはどんなものがあったのか。…この日、この場所でしか見られない、聞けないものばかりです。
 というわけで?定員になってしまったら予約終了しますのでお早めに!
(原画展は無料・予約不要です。お気軽におこしください)

Comments Closed

寝ても覚めても

2006-10-27 須藤 野恵

子どものころ、熱を出した時によく見ていた夢が、
親兄弟祖父母と出かけて
いざ電車に乗り込もうとした時に一人置き去りにされるというもの。
同じ夢を何度も見るので、乗り遅れないように先に乗り込んだりするのですが、
今度はフェイントをかけられ全員が降りてしまい、
結局私は一人でどこに行くのかわからない電車に乗せられてしまうのです。

これ以上の悪夢はないと思っていたのですが。

昨日、熱を出して寝込みました。
その時見た夢が
「おいスドウ!アレやっといたか!!」
「あああっすすすみません忘れてました…」

「こないだ頼んだの終わったか?」
「はあああもうしわけありませんまだおおお終わってません…」

「こここれはどのようにやればよろしいので…」
「ばっかもーん自分で考えろー!!」
「ひぃいいすみません!」

夢から覚めると大量の冷や汗脂汗。
夢より怖いリアル悪夢です。これが現実です。

Comments Closed

静かな1日

2006-10-26 佐藤 智砂

きょうのポットは人が少なく静かな一日でした。
風邪でお休みしている人もいるのですが、なんだか風邪が流行っているようですね。まあ、風邪なんていつでも誰かがひいているようなものなんでしょうが。

風邪をひかないように、今晩のごはんは湯豆腐にしようと思います。

Comments Closed

あら何日目だったか…

2006-10-24 坂部 重久

新人の1ヶ月日誌を終えて既に数週間。はて入社してから何日経ったのやら…。

10月に入ってから毎週末、地元の祭りに参加して飲酒三昧。昨日最後の大きな祭りの打ち上げがあって内輪飲み会。しばらく飲み会は避けたい…。と思っていると昨日の打ち上げの中で既に次の飲み会の方針が決まっていたりと、もう逃れられん状況に。

そんなアル中手前の状態なので、ポットの中でも打ち上げが時々ありますが、社内に入るときはなるべく飲まないように心がけおります。平日くらいは「休肝日」にしないと体がもたない…。

Comments Closed

日本シリーズ

2006-10-23 山田 信也

日曜日は、テレビで日本シリーズ第2戦をぼんやりながめました。ここは、日本ハムを応援したい。新庄のことは、どうでもいいのですが、日本ハムで気になることといえば、やはり、ひちょりって本名なのかニックネームなのか、そして坪井に出番はあるのか。

ひちょりは本名だそうです
坪井は第1戦で代打で出たそうです

グーグルさんに聞いたらすぐに教えてくれました。
インターネットはすごいなあ。

Comments Closed

目が回ってます

2006-10-19 三好 由布那

日本のゲイ・エロティック・アート Vol.2」のイベントを担当しています。
今回は「原画展+トークショー+フィルム上映」ということで、普段とは違う作業に目が回りそうになっています。でも、すっごくおもしろいイベントになりそうで、ワクワクした気持ちでも目が回りそうなんです。

内容は3部構成で、とにかく盛りだくさんです。
1部は原画展、2部は村上隆さんをお招きし、「日本のゲイ・エロティック・アート Vol.2」の編者であり、ゲイアートの第一人者である田亀源五郎さんとのトークショーを行います。
村上さんは、アーティスト活動のほかにも、六本木ヒルズやルイ・ヴィトン、ゆずとのコラボレーション…といえば、みなさんすぐお分かりでしょうか。世界で活躍する現代アートのトップランナーである村上さんが、日本のゲイアートをどのように見るのか、田亀さんとどのような話が展開されるのか、興味津々です。
3部はフィルム上映。お宝(?)フィルムを上映します。詳細は近日発表しますので、お見逃しなく。

…イベントの担当になって、はじめて原画を見たのですが、とにかく、原画の迫力には圧倒されるものがあります。ほとばしる情欲!! ノンケで女の私も、照れなんか忘れて魅入ってしまいます。
まだ「ゲイ・エロティック・アート」を見たことがないみなさんも、本を見て感動したみなさんも、11/23一日限りのゲイ・エロティック・イベントに、ぜひぜひいらっしゃってください!!

Comments Closed

おつかい3時間半

2006-10-17 須藤 野恵

今日は本のカバーのサンプル用紙を買いに青山見本帖へ。
私は自転車に乗れないので、歩きで片道20分くらい。
しかし、紙を買って帰るだけのおつかいに3時間半かかった。
本屋も寄ってないしお茶もしてない(もちろんする気満々だったけど)。
全然意味がわからない。途中で気を失ったのか。

こまかいことをうだうだ考えたくない時はアニメを見る。
最近は、実家でダビングしてきたアニメをちまちま見ている。
テレビでは新しいアニメ番組が始まっているようで、
自宅にテレビがないのがとても悲しい。とても悲しい。

Comments Closed

明日は『ず・ぼん』入稿

2006-10-11 佐藤 智砂

きょうは早めに日誌を書きます。
なぜならば、『ず・ぼん』を明日入稿するから。キレイな体になって、これから『ず・ぼん』に集中します。

それにしても『24』。
明日の入稿が終わったら、録画を見ます。

Comments Closed

20,21,22日目

2006-10-11 坂部 重久

3連休中は土日出勤。昨日は終電間際の帰り。『ず・ぼん』入稿間際なので多忙でございます。日誌も書けなかったですし。

で日誌なんですが、本日で入社1ヶ月となりましたので、ひとまず打ち切り。あっという間だったような気はするんですが、久々に密度の濃い日々であったと思ってます。それでは原稿読みが山のようにあるんでこのへんで。

Comments Closed

優勝できず。

2006-10-10 山田 信也

残念ながら、タイガースは今年は優勝できませんでした。後半戦、直接対決であれだけ負けながらも、ここまでよく粘ったと、自分で自分をなぐさめることにします。

Comments Closed

19日目

2006-10-06 坂部 重久

帰る頃に天気予報を見ると明日が晴れに変わっている。

と言ってもだ。連休中仕事がある私には特に関係のないことですが。
(洗濯くらいはできるのでしょうが)

話変わって、ここのところ続いた雨のせいで社内に雨水がしみ込んで来ている。一晩経つと風呂桶に一杯分。
日高さん考案による、名付けて「サイフォン方式」の取水方により、床に水が広がることはなく、風呂桶に見事に雨水が貯まっている。でここで、そのアイディアに対抗し、風呂桶から雨どいもしくは割った竹をつないで流しそうめん…絶対食べたくないな。

妄想はこの辺りにして帰れる時に、さあ帰りましょう。

Comments Closed

傘のさし方が下手なのではないか

2006-10-06 三好 由布那

弱い雨でも、傘をさしていて服が濡れます。靴がずぶずぶになるのは大前提で、柄を持っていない方の腕がグチャグチャになる、背中も少し濡れる…もしかしたら自分の傘のさし方に問題があるのかもしれません。思えば小さな頃は、傘で背中を覆うようなさし方をして、顔も濡れていたような記憶が…。
対策として、春夏の雨の日はサンダル、秋冬はブーツを履く、傘は大きければ大きい方がいい、透明傘を買うときは「ジャンボ」で、を実践しています。私のせいいっぱいの工夫です。

今日みたいな強雨だと、自分のテクのなさも目立ちません。気が楽です。

Comments Closed

18日目

2006-10-05 坂部 重久

明日で約1ヶ月経ちます。やっと連続日誌から解放される(と言っても平均10分程度で書いているので、さほど苦痛ではありませんが)。

本日は昨日と引き続き事務仕事中心。入社後初めて一歩も外に出ず、食事も取らず、ほぼずっとモニタの前にいた1日。この曇天の中、外に出るのは面倒なだけなので、別に構いませんが。この悪天候はいったいいつまで続くのやら。

Comments Closed