野菜ジュース

2006-04-27 齊藤 美紀

野菜生活よりも充実野菜の方が好きだったのは、充実野菜の方がどろっとしていて、野菜感が高かったからなのですが、世間の需要は野菜生活にあったようで、野菜生活は売っていても、充実野菜を売っていない店がここ数年で結構増えました。そして、充実野菜は、野菜生活が売れてしまったせいで、充実野菜最大の長所であるどろっと感を無くし、野菜生活のように骨の感じられないさらっとした液体へと変化させてしまいました。ひどく嘆かわしいことです。充実野菜があのどろっと感を無くしてしまったら、充実野菜を飲む意味がまったくなくなります。野菜生活飲んでろって話です。あのどろっと感がなくなった充実野菜は、さび抜き寿司のごとしです。充実しやしません。あのどろっと感が、「オレ、野菜採ってるぜ」という満足感、充実感を与えてくれ、ああホント、名に恥じない充実ぶりだね、という幻想を与えてくれていたのに。もう、野菜そのもののどろっと感を、手に入りやすい市販のジュースで感じるためには、カゴメやデルモンテの野菜ジュース・トマトジュース等を飲むしかありません。原点回帰です。人はこうして老舗の味に戻るのです。安易に世間の波に乗ってしまった伊藤園の方針を悔やみながら。とはいえ、実際、野菜生活の方が売れているのは事実らしいので、仕方ないとは思いますが。でも野菜生活が売れたのって、味とか製品の品質じゃないと思う。ああいった甘い野菜ジュースを一般的にしたのはたしか充実野菜だった(はず。もしかしたらその前にのみやすいにんじんジュースみたいなものが発売されていたような気も、うっすらするが、一般に広く知らしめたという意味では充実野菜が一番初めにがんばったように記憶している)。少し遅れて発売し始めた野菜生活は、そんな充実野菜に対抗するために、篠原涼子を起用したちょっとこじゃれたCMを打ったため、甘い野菜ジュースを実際手にとったことがなかった人達が、あのこじゃれCMの影響で充実野菜ではなく野菜生活を手に取ってしまったんだと思う。そして1度それを手に取ったら、なんとなくそっちを飲むのが習慣化してしまい、結果、その時期よく売れた野菜生活の方をコンビニやスーパーが大量に入荷し、その後もそういった発注が習慣化してしまい、現在の充実野菜を扱う店の減少を招いたと考えられます。そう考えるとあのCMをつくった人達はすごいなーとは思うんですが、やはり製品の質としては充実野菜の方が上だったため、やはり悔しさは拭えません。結果、もう甘い野菜ジュースはいいや、カゴメに戻るよあたしゃ、と思うようになった齊藤ですが、ここまでこの文章を読んでくれた方は、もう充実野菜も野菜生活も何がなんだか分からなくなってしまったであろうことをお詫びします。ごめんなさい。きっと皆様、どっちがナンでも、どうでもいいですよね。そりゃそうです。

Comments Closed

春のかぜ

2006-04-18 木村 瞳

先週はひさびさに大風邪をひきました。熱が39度まであがって…。こんな風邪は小学生以来なんじゃないかと。すべてがままなりませんでした。あぁ。会社のみなさん、すみませんでした。
さて、最近の悩みなど。隣の部屋のベランダにうちのベランダに置いてあったものが飛んでしまってしまって困っています。ピーンポーンして取りに行きたいのですが、いつピーンポーンしてもいません。かつ、もう1週間位たってしまい、飛んでしまったものがかなりどうでもいいものなので、こんなもののために今更ピーンポーンかよ、と思われるのも何だかです。そして、置き手紙をするのも、どうでもいいものなので何だかです。もういっそなかったことにしようとすら思うのですが、洗濯を干すたび、隣のベランダに落ちているのも気になります。ちなみに飛んで行ったものは、発砲スチロールの箱のフタ(アウトドア用)です。そうこうしてる折、飛んで行ったほうとは反対側のベランダから、新聞紙が飛んできました。ただの新聞紙なので捨ててしまおうとも思うのですが、飛ばし主は、気になっていた記事を飛ばしてしまったのかもしれないと思うと捨てられません。とりあえず、放置していますが、洗濯を干すたびに気になります。長々書きましたが、実にどうでもいいことです。どうでもいいことですが悩ましいです。

Comments Closed

もうすぐ終わりそう

2006-04-17 山田 信也

連載を(前の話しは忘れつつも)追っかけているマンガが3本、最近立て続けにもうすぐ終わりそうな気配を発しています。『20世紀少年』はいよいよ終わりそうですが、これまでの話しをさっぱりわかっていません。とりあえず今週、連載第一回目のときのシーンに戻ってきた様子で、いよいよ終わりそうな気はします。『ワンナウツ』は最近読み始めたばかりというのに、どうやらペナントレースも大詰めのようです。優勝したら終わります。たぶん。優勝して終わるって書いてあるし。『デスノート』は、映画化されるらしいですが、その前に終わっちゃっていいのでしょうか。。でも終わりそうです。。というか今の流れに決着がついてからさらにそのあと続いたら、それはそれでどうかと思います。いさぎよく終わるのがいいのではないかと思います。しかし、ジャンプだから続くかもしれません。ジャンプだから、というのは偏見かもしれません。熱心なジャンプ読者ではないので、最近のジャンプの傾向を知らぬまま、ドラゴンボールのイメージで言ってみました。

Comments Closed

マスク

2006-04-14 三好 由布那

齋藤さん(先週)→三好(今週前半)→木村さん(現在)と、風邪菌がポット社内を順調に回っています。しばらくマスク出勤をしていたのですが、齋藤さんが「マスクにチュッチュする」というのを鉄に刷り込んだおかげで、鉄がいつでも顔に接近してきました。
木村さん、早く治ってくださいね、と同時に週明けの出勤が楽しみですねー。

Comments Closed

ライブ楽しかった

2006-04-13 佐藤 智砂

土曜日の「ライブ勝手にしやがれ」は、みなさんのおかげで大成功。とっても楽しかったです。
去年あたりから、年をとるのもいいもんだなあと思うようになってきていて、今回のライブも、年をとってからやったからこその楽しさだなと実感。沢辺たちは、年に1回くらいのペーズでぜひ続けてもらいたいものです。
ひさしぶりに会うひとたちもいて、懐かしかった。ただの飲み会で集まるのもいいけど、こういう形で再会するのも、また楽しいもんです。

Comments Closed

ライブにご参集感謝

2006-04-13 沢辺 均

ライブ勝手にしやがれ/ルースター・ノースサイド先週、4月8日(土)に「ライブ勝手にしやがれ」を荻窪ルースター・ノースサイドで決行しました。
ご参集いただいたみなさん、ありがとうございました。
約60人の方々に来ていただきました。
当日は、まず「前座」と称して後藤雅憲さんがアコスティックで2曲。MCでは場をなごましてくれました。
つづいて、我がチームの師匠・丸山圭司さんが、全員のセットまでのつなぎで、一曲やってくれて、本番突入。
続きを読む…

1 件のコメント »

いま

2006-04-12 齊藤 美紀

鉄が、ぐー、と言いました。
激レアです。
鉄はほとんど声を発しないからです。
ああ、かわいい。
ほんとかわいい。
超かわいい。
では帰宅します。さようなら。

Comments Closed

犬として

2006-04-03 木村 瞳

お察しの通り、テツは社内のアイドル犬です。そして、癒し犬です。みんな(いやコアなのは一部かな)、テツと遊ぶべく、テツに遊んでもらうべく頑張っています。
ある日、ふと、逆にテツは、社内の人をどのように思っているのか、いや私のことをどう思ってくれているのか……と考えました。結果、私はテツに犬として、友達として認識されるべくつとめようという結論に至りました。なぜなら、テツにとって、佐藤さん=ママ、沢辺さん=パパ、他の人=みんな、という認識にしかなりえないのではないか、私のことを「木村さん」として認識してくれないのではないか。それは、とっても悲しいことです。だから、私は「うー」と吠えながらテツの横に寝転がり、犬として認識されるようつとめます。これなら、木村さん=犬という認識をしてくれるはずであります。特別待遇であります。
本日からデザイン部にはテツにあげる用のジャーキーが1日1本ずつ配布されることになったようです。デザイン部の特権です。私は、編集島なので、ジャーキーをもらえません。ですが、悲しくはありません。犬は犬にジャーキーをあげたりしないからです。頑張ります。

Comments Closed

スリッパ

2006-04-01 山田 信也

左足のスリッパがそろそろ履物としての機能を果たさないほどにぼろぼろになったので、そろそろスリッパを買い替えようと思います。

Comments Closed

2006-03-30 三好 由布那

猫の語源ははっきりしないけど、一説には「寝子」というのがあるそうです。字面そのまま、よく寝るから。
知り合いのおばあちゃんは、すぐ寝ちゃう幼い子に対して——例えばカーテンにぐるぐる巻かれて遊んでいるうちに、遊び疲れていつの間にかその場で寝てしまったような時とか——「あの子はほんとにネコだねえ」と言っていたそうです。

(しつこいようですが)猫にもあまり興味のない私ですが、寝子です。すぐ、よく、寝ます。

Comments Closed

4.8ライブ間近

2006-03-30 沢辺 均

4.8ライブ「勝手にしやがれ」が近づいてきています。
なんと、この日誌を読んで、予約してくれた人がいます。
もちろん知りあいが中心ですが、。 続きを読む…

Comments Closed

苦あれば楽あり……か?

2006-03-23 佐藤 智砂

仕事が山場です。「終わらない仕事はない」ので、入稿、色校をすませれば終わるのですが、真っ最中にはなかなかそう思えないものです。「ゴールデンウイークは休むぞう!」と楽しいことを思い浮かべようとするのですが、目先のにんじんにするにはゴールデンウイークは遠すぎ…………。
寝る前に「明日は早く起きるぞ」と気合いを入れて寝ると、起きるためのホルモン(かな?)が分泌されるのだそうです。楽しいことを考えると、きっと気分が明るくなる成分が分泌されるのでしょう。ゴールデンウイークはまだまだ先だけど、楽しい計画を夢想しながら仕事に励むことにしますっ。

Comments Closed

言い間違い

2006-03-17 齊藤 美紀

最近、滑舌が悪くなっているせいで、言い間違いが増えています。
今日、「はい」と「ええ」が混ざって、うっかり「へえ」と返事をしてしまい、自分が岡っ引きになったかのような錯覚を覚えました。

Comments Closed

戻ってきました

2006-03-16 木村 瞳

久しぶりの日誌であります。実は、体調を崩しまして、長いお休みをいただいていました。お休みの間、ご迷惑をおかけしました社内、社外の皆様、特に社内の皆様、大変申し訳ありませんでした。今後ともどうぞよろしくお願いします。
休み中に実家でした農業体験など書き綴ろうと思いましたが、やめておきます。今日の日誌はこれでオシマイです。あしからず。

Comments Closed

WBC

2006-03-14 山田 信也

(すくなくとも社内では)誰一人興味関心をもっているとは思えない程度に盛り上がっていない、ワールドベースボールクラシックですが、盛り上がっていないだけあってこれといってワールドベースボールクラシックについて書くこともありません。昨日はアメリカに疑惑の判定のちサヨナラ負けだったそうです。むしろ、能見、福原が出遅れて開幕ローテーションはどうなるのか、ウィリアムスが復帰まで3ヶ月で誰が代役をつとめるのか、中村泰は今年一軍で活躍できるのか、など、話題にことかかないタイガースのオープン戦情報の方が、個人的には楽しいです。

Comments Closed

04.08ライブ・勝手にしやがれ

2006-03-11 沢辺 均

live勝手にしやがれ

ついにライブのチラシを作りました。2006年4月8日(土)18:45開場/荻窪・ルースターノースサイドです。
↓要項もはっぴょー。
続きを読む…

3 件のコメント »

プロ

2006-03-10 佐藤 智砂

よくマッサージをしてもらっている鍼灸師のKさんの親指はすごいです。
「指圧の心は母心、押せば命の泉わく」の、あの人のような親指をしています。まさしく「プロ」の指です。ゆうべもポットに来てもらってマッサージをしてもらったのだけど、その時にKさんが教えてくれた昔話。
Kさんの先生だった人は、骨折の治療を研究するために、そのへんにいる犬の足を折ってまわっていたんだそうだ。もちろん、治療の勉強をするわけだから、ちゃんと治してあげるらしいんだけど。これもまた「プロ」。その話を聞いて、昔読んだ立花隆の本を思い出した。生きたネコの頭を割ってその脳を鷹の餌にするという鷹匠の話し。これもまた「プロ」。……犬の足を折るのとは、ちょっと違う、かな?

Comments Closed

空気読んだ

2006-03-08 齊藤 美紀

もともと健康オタクなのですが、最近それが加速しつつあります。
石鹸シャンプーを始めました。
石鹸シャンプーで髪を洗っていると、髪がキシキシします。最初は気になっていたのですが、一か月続いたので、もう慣れました。だがしかし、少し気になったので、先日美容院に行った際これは好機と、石鹸シャンプーをすると髪がキシキシしますが、あれは髪に悪くないのか、と美容師に問うてみたところ、美容師曰く、髪がキシキシするのは髪が締まっている証拠、それは良いことであり、普通のシャンプーで髪がつるつるするアレ、実は髪にとって自然な状態ではないので良くない、と、髪がつるつるするシャンプーで洗髪してくれた後に教えてくれました。気まずい空気が流れましたがお互い気付かぬフリをし合い、何事もなかったかのようにやり過ごすという、大人っぽい対処を暗黙の了解で行ないました。

Comments Closed

かたこり

2006-03-02 山田 信也

数日まえから、肩こりの発作がおこり、湿布をしてみたり、ぐりぐりとしてみたり、湯にあたってみたり、腕をぶんまわしてみたりと、いろいろな治療をほどこしているのですが、回復はみられず、頭痛ライン(これ以上肩が凝ると頭痛や吐き気をもよおす境界線)の前後をいったりきたりしています。肩をもむと中にこりこりしたのがいて、こいつめ、と憎たらしく思います。

Comments Closed

3月26日は誕生日

2006-02-28 沢辺 均

そうです。ボクの誕生日は1956年(昭和31年)3月26日です。
誕生日が近づいたからって、それを日誌に書くんじゃなくて、前々からボクの「日誌ネタ帳」にメモっていた話しです。

去年(2005年)の年末も年末、12月30日に、劇作家でポット出版から脚本とエッセイ集を出させてもらってる岩松了さんと二人で飲みました。
新しい脚本を本にするって話しをするためです。
岩松さんの作・演出でマテリアル・ママという芝居が、新国立劇場で4月19日(水)から上演されるんですが、その脚本を本にして公演初日に間に合わせてつくろう、ってことになりました。
続きを読む…

Comments Closed