手が遅いです

2006-08-15 須藤 野恵

今日やったこと
・イラスト
・翻訳本文字直し
・写真貼り込み

私はなにをやるにも手が遅いです。
それもふまえて今日はこのくらいできるだろうと思っているのだけれど、
いつも予想をはるかに超えて押してしまいます。
なんでだろう……。

Comments Closed

あちら岸からこちら岸へ

2006-08-14 須藤 野恵

先週に続いて、翻訳本の文字直しをしました。
合間に沢辺さんにレクチャを受けました。
相手の立場に立たないとできない気遣いや配慮があり、
それはどんな仕事をするうえでも大事なことなのですよね…。
持戒せねば。

あちら岸にいた人間がこちら岸に来て、
自分やあちら世界の住人が、いままでどういう景色で見ていたのかがわかる、
というのも、考えようによってはおもしろいことです。

Comments Closed

パレードでちょっとだけ歩く

8/12(日)は、東京レズビアン&ゲイパレードでした。
ラフォーレの交差点の所に陣取って見ていたら、
撮影をしている沢辺と遭遇。
鉄も歩かせてやろうということになり、沢辺が鉄を連れて隊列に合流。
それがこの写真ですが、小さくてわかんないですね。
沢辺と祭りのハッピをきている人の間に鉄くんがいます。

代々木公園で落ち合おうと言っていたのに、5分もしない間に戻ってきました。
「動揺してるみたい。おしっこもしたよ」

何に動揺していたのでしょう?
パレードの鉄
思いっきり拡大してみると、ここに鉄がいます。
鉄はここだ
(鉄の飼い主・佐藤)

Comments Closed

働く動機

2006-08-11 須藤 野恵

今日は、3年持ち越した翻訳本の文字校正をしました。

とある食事会で60代の男性と、
若者の仕事観について話す機会がありました。
「組織で働く意識が希薄」であるとか、
「家庭を持ったり親がいなくなった後のことを考えていない」
と、しきりに案じていました。

「そうですよねー」など相づちをうっていましたが、
実は私も働く意識が低い若者の一人。
生活のために働くというのが、リアルに感じられないです。
いろいろあるけれども、総じて恵まれた環境で育ってきたのですから。

働く理由は生活や将来のためでなくともよいと思っています。
それに見合うだけの切実な動機があれば十分な気がするのです。
私にも切実な動機はあるのです。

……こんなこと書いたら怒られますかね。

Comments Closed

火球みました

2006-08-11 三好 由布那

9日の夜にベランダで火球をみました。興奮しました。あんなに強い光の流星は今まで一度も見たことがなく、第一声は「テポドンっ!?」でした。
翌日、あれは何だったのかを調べていたら、火球ヲタ掲示板の存在に行き当たり、またまたびっくりしました。
火球……。滅多に見られることはないとはわかりつつ、ベランダ族になりそうな予感です。

Comments Closed

人間学アカデミーの6期

2006-08-11 沢辺 均

人間学アカデミーの6期の募集を始めた。
6期の講師と、講義タイトルは次のとおり。

○池田 清彦 (早稲田大学教授・生物学)
 講義タイトル 『人間という生物の自由・不自由』
 2006年10月7日(土)/21日(土)/11月11日(土)
○正高 信男 (京都大学教授・比較行動学)
 講義タイトル 『コミュニケーションの可能性』
 12月23日(土)/2007年1月6日(土)
○小池 清治 (宇都宮大学教授・日本語史)
 講義タイトル 『日本語はどんな言語か』
 2月10日(土)/24日(土)/3月10日(土)
○菅野 覚明 (東京大学大学院教授・日本倫理思想史)
 講義タイトル 『日本人にとって宗教心とは何か』
 4月7日(土)/21日(土)/5月5日(土)
○永井 均 (千葉大学教授・哲学)
 講義タイトル 『言語はどうして可能なのか』
 5月19日(土)/6月2日(土)/16日(土)

講義は毎回3時〜5時30分までで、会場は千代田区・半蔵門駅近くのPHP研究所の会議室。

どうぞ、奮って参加を。

Comments Closed

今日は掃除大会

2006-08-10 須藤 野恵

今日やったこと
・漫画の貼り込み
・折り込みチラシの文字修正
・掃除大会
など。

掃除大会は名前だけかと思っていたら、
本当に「大会」でした。汗かきました。
私は片付けが下手というか苦手というか好きじゃないので、
片付けるふりをしてしのぎたいです。

Comments Closed

都民です

2006-08-09 須藤 野恵

今日は比較的余裕のある一日。
自習用の資料作りなどをしました。

数日前、東京に引っ越してきました。
通勤時間が1時間短縮されるのでだいぶ楽になります。

作業机がほしいと思い、実家から、
父が友人から譲り受けたという年代物の机を持ち出しました。
大きな天板を持ちおそらくは手作りの、
素朴だけれど立派な片袖机です。
こっそり持ち出したのは、
とうのたった愛娘のささやかなおねだり、事後承諾で十分でしょう。

が。
なんと部屋に入らない。
あまりに大きい作りだったため、玄関でつかえてしまうのです。
3時間ほど格闘しましたが、どうやっても不可能だったので、
悩んだあげく2本の足を根元から切りました……。
恐ろしくて父には言えません。もちろん家にも呼べません。

そんなわけで、
片足になった机を支える73センチ高さの台を物色中です。

Comments Closed

睡眠たっぷりなのに

2006-08-08 佐藤 智砂

仕事の打合せに行ったら、相手の人が私の顔を見るなり
「佐藤さん、寝てないんですか? 目の下にくまができてますよ」と心配してくれました。

でも、十分な睡眠をとっていました。
本人としては、くまができている自覚はまったくなし。
鏡を見てみると、それはくまではなく、目の下のシミが大きくなり、そのラインがちょうどくまができそうな位置にあるため、シミができていないところまで目の錯覚で色がついて見えるようでした。

うーん、かなりショック。
美白に精を出さないと、50代にはおそろしいことになるかもしれません。
がんばろうかな……。いや、きっとやらないだろうな。
ダメだ、ダメだ、やんなきゃ。
そういう日々のことをちゃんとできる人間になろう。

Comments Closed

今日の業務

2006-08-08 須藤 野恵

今日の業務
・新書の直しつき合わせ
・書籍目録の直し
・マンガ貼り込み

遅れていた仕事にやっと追いついて、ほっとしました。
このところカリカリしていて煙草を吸い過ぎのようです。
今日は肺がぜいぜいいってます。
表ツラだけでも、うろたえずに仕事ができるといいのですが。

ポット図書館で借りた
「平野甲賀装幀術ー好きな本のかたち」がおもしろかったです。
今日は帰って久しぶりに絵でも描きます。

Comments Closed

締め切り守れず

2006-08-08 須藤 野恵

頼まれた仕事を仕上げるのにもたもたしていて、
どんどん締め切りをオーバーしてしまっています。
処理能力が低い自分に無性に腹が立ったり悲しくなったり。
まあいいか。今日は帰って寝ます。

Comments Closed

馴れ初めさん

2006-08-07 木村 瞳

ぼーっとテレビを見ていたら紹介されていたのですが、ロボット技術の進歩はめざましいらしく、患者ロボットが登場したそうです。岐阜大の高橋優三先生らの開発によるこのロボット、いつからどんな具合でどういう症状なのかを話したり、触診すると痛いところを話したり、投薬をすると効果があらわれたりするそうです。なんでも、個人情報保護法などによって、実際の医療現場で診察する機会が減った医療学生や研修医たちの役に立つのでは!との期待が寄せられているとのこと。ほほーと思いました(ほほーとしか思えない自分がアレですが)。で、わざわざ、ポットの日誌に持ち出して、何が書きたかったのかと言いますと、このロボットのネーミングです。このロボット、その名も「馴れ初めさん」。なんてナイスな響き。「さん」が付いているところも、これまた……。ベスト・ネーミング・オブ・ロボットを進呈しようと思います、私から。

Comments Closed

2006-08-04 山田 信也

鉄日誌にあるように、うさぎが亡くなりました。7歳でした。まだ生きられたかもしれないと思うと悲しくなるので、寿命であったのだと思うことにしています。今は遺影をデスクに飾ってありし日を偲んでいます。

Comments Closed

電卓かぶりつき

2006-08-04 須藤 野恵

雑誌の文字直し?と目録の文字直しをする一日でした。
文字幅にぴったり合った罫線を配置しなければならず、
説明を理解するのに数時間、電卓にかぶりつきで数時間。
こんなに頭を使って知恵熱がでそうです。
というかほとんど足し算なのですが。

沢辺さんは私への引っ越し祝いにと、
二千万ほど用意してくださっていたそうです。
その権利は、本日の私の失言によって消滅しましたが。
無念です。

Comments Closed

文字直しなど粛々と

2006-08-03 須藤 野恵

出社したら山田さんが床に倒れていました。いや、寝ていました。
昨日までやっていた新書の直しを途中で投げ出す形になってしまって、
その後始末を徹夜でさせてしまったのでした。
本当にごめんなさい……。

仕事の流れが理解できていないし、
やることも雑だし、ちょっと焦っているのかもしれません。
くよくよ考えるより、
新入りはとにかく頭からっぽでも手を動かして
確実に仕事を上げていくしかないなあと思います。

というわけで、
今日は9月発刊予定の「ル−スター物語」の文字直しと、
雑誌のアンケートページの文字修正などを、
粛々と行ないました。

Comments Closed

今日はこのへんで

2006-08-02 須藤 野恵

ひたすら文字校正。ホント、迷惑かけっぱなしです。
明日はもう少しまともに仕事できるといいけれど。
今日はこのへんで帰ります。

Comments Closed

座り仕事で筋肉痛

2006-08-01 須藤 野恵

今日はほぼ1日デスクに向かっています。
お尻が筋肉痛になりかけてます。

ここ2年ほど、1日のほとんどを体育座りで過ごす生活をしてきました。
一番落ち着く姿勢だったのですが、
おかげでお腹に体育座り線ができました。
妊娠線ってこういう感じなのでしょうか。

会社に入ったので体育座りも卒業です。
じきにこの線も消えてゆくことでしょう。
その代わり、正座をすることにしました。
TPOに合わせて、
乙女座り、座禅など組み合わせてみようかと思います。

とりあえずジーンズでは足がしびれるので、
明日はスカートをはいてきます。

Comments Closed

それは鹿脅しではない

2006-08-01 三好 由布那

マンションの下の部屋の人が、ベランダに「ミニ鹿脅し」を置いています。留守がちな方らしく、まったく手入れされていないので、もうあれは鹿脅しじゃなくボウフラ製造マシンですよー下の人!! かなり早い時期から蚊取り線香なしには暮らせません。最近は、どうやってあの鹿脅しに10円玉を入れてやろうかとばかり考えてます。

Comments Closed

実家を出るのです

2006-07-31 須藤 野恵

実家を離れ、
東京で暮らすことになりました。
目的をかなえるために自分が望んだことではあります。しかし……。
大家族で育ったので、
東京砂漠にひとりぼっちという状況が無性に無性に寂しいです。
飼い猫は私の顔など忘れてしまうでしょうか。
実家の鍵は私に内緒で付け替えられてしまうでしょうか。

感傷にひたってばかりで全く準備が進みません。
とりあえず今日は段ボールを拾いながら家に帰るとします。

Comments Closed

ミクシー本と企画書について

2006-07-30 沢辺 均

松沢呉一さん来社。
「Defending Pornography」という、アメリカの本の翻訳本についての打合せ。
それから、いくつも話が脱線して、ミクシーをネタにした本を出版することに決定です。
著者・松沢呉一。
当たり障りなく言えば、ミクシーの使い方・気をつけるべきこと、なんだけど、さてどういうものになるかお楽しみに。 続きを読む…

Comments Closed