新刊配本リストの無料提供を

2005-10-14 沢辺 均

『新文化』という出版業界紙に書かせてもらったものです。
日誌でも公開しますね。

『新文化』2616号/2005年10月6日発行号
発行所●新文化通信社
▼ココから————————————————————————
取次会社にお願い!
新刊配本リストの無料提供を
流通合理化に必須の情報公開・共有

沢辺 均 ポット出版/版元ドットコム幹事

【?流通合理化?に賛成】
 現在、取次各社が返品業務を大幅に変更しようとしている。前提として、僕はこれに賛成します。出版業界とそのシステムには様々な改善・改革の必要があると思っているので、その取組みには大いに期待を持っています。
ただ、そんな今だからzこそ取次各社にお願いしたい。同時に、業界全体の流通情報の公開・共有を進めて欲しいのです。
続きを読む…

Comments Closed

デニーズには宇治緑茶がある

2005-10-14 大庭 雄策

スターバックスのメニューに緑茶があったら、売れるんじゃないかと思う。
コーヒーがあまり飲めないうえに、フラペチーノが苦手な僕には、緑茶はぜったいに欲しいメニューだ。
イトーヨーカ堂の鈴木敏文氏は以前、デニーズのメニューにラーメンを加えたらと提案したら、幹部から「アメリカから持ってきたレストランだから、ラーメンをおくのは変だ」と反対されたそうだ。いま、デニーズのラーメンは意外においしくて、私はたまに食べる。
スターバックスに緑茶があってもよいと思うのです。

1 件のコメント »

日進月歩

2005-10-12 山田 信也

ずっとずっと前の日誌に、Indesignでできたらいいと思う事を書きました
●オブジェクトにもスタイルがほしい
Indesign CS2にはオブジェクトスタイルがあるそうです。また、ルビで縦中横ができるらしいです。。『たったひとりのクレオール』で、ルビのために、二桁数字のフォントをフォントグラファーで作った当時が偲ばれます。まだCS2は仕事で使っていませんが。。
●ページ移動でページの左右が入れ替わったときは版面に合わせてレイアウト調整してくれ
こちらは、2.0ではできなかったのですが、CSからはできるようになったようです。
●合成フォント・特例文字で異体字
は、たぶんできないと思います。あまり深くつっこんで調べてないですが。異体字の処理はいつも悩ましく思います。もうひとの悩み事であった本文中の()内の文字の級下げについては、CSで追加された「先頭文字スタイル」をインチキ利用することで、かなり楽チンにできるようになったと思っています。
●セクションマーカー関係
●索引関係
2005年10月現在興味関心が薄れました。

Comments Closed

三輪さん

2005-10-08 柳瀬 浩史

美輪さんに続いて、今度は「三輪さん」です。先日、京都・奈良を観光旅行した際、訪れた場所です。三輪そうめん、の三輪。JR桜井線「三輪」駅をおりて10分ほど歩いたところに大神(おおみわ)神社があります。この神社は、拝殿のあるなだらかで姿の美しい三輪山そのものがご神体。三輪明神に対する信仰もあるところです。

能楽に、この明神さまを女神と解釈した『三輪』という曲目があります。学生時代、縁あって能楽に接していたころ、宝生流能楽師・田崎隆三の『三輪』を観ました。前シテである里の女が舞台上の作り物に入り、そこで三輪明神である正体を明かし、明神の姿となって再登場します。金の風折烏帽子(かざおりえぼし)に白の長絹(ちようけん)、緋の袴という巫女スタイル。ただ床几に座っているだけの、その佇まいがとてもまぶしかった覚えがあります。それ以来『三輪』は僕にとってちょっと特別な曲目になり、ゆかりの地である三輪も特別な場所になりました。

大神神社は、派手な観光スポットではないため、連休にもかかわらずひっそりとしていました。杉木立の参道を歩いて本殿に向かうと、それだけで荒んだ気持ちが癒されていくようです。古来から信仰を集める場所というのは、ある種のパワーがありますね。今回はあまり時間がとれず断念したのですが、次回は山沿いの古道、山の辺の道をたどって訪れたいところです。

Comments Closed

爬虫類とか

2005-10-05 三好 由布那

震えるほど好きです。
家族みんな(超女系)大好きです。リビングには巨大トカゲぬいぐるみがあり、お客さんに気持ち悪がられています。トイレにはアジアン雑貨のカエルの鏡があり、よその子どもたちを膀胱炎にしています(「こわい! ミヨシさんちのトイレは入れない!」)。妹の部屋の天井からは羽根つきカエルがぶらさがっています。「●●好き」なんていうと自然とグッズが集まってくるもので、ご多分に漏れずいただきものが増えていく一方。4人がそれぞれいただいてくるので、すごいペースで増えていきます。

一方、毛が生えている動物にはあまり食指が動きません。が、斎藤さんちの犬が「ポ」という発音を聞くと異常にはしゃぐという話を聞き、けっこういいかもしれないと思いました。「ポ」という音が入っていると「散歩」だと思ってしまうそうで、ポットだろうが何だろうが「ひゃんひゃん」と歓喜の雄叫びをし、狂喜乱舞だそうです(今横で斎藤さんが再現してくれました)。斎藤さんはそれがおもしろくて、いつも「ポ」、「ポ」と言って遊んでいたとのこと。
犬ってかわいかったんですねー。

Comments Closed

しがらみと既得権への態度について

2005-10-04 沢辺 均

日経新聞の2005年10月3日夕刊です。
UFJ総合研究所理事長・中谷巌さんが、書いてました。
「民主党代表に四三歳の前原誠司氏が選出された。彼が選ばれたのは「しがらみを断ちきり、既得権と決別する」なみなみならぬ決意が立会演説会を通じて民主党議員に伝わったからだという。」と。
日本の政治は、しがらみに配慮し、既得権を尊重してきた、と続きます。
まあ、言ってることにも少しは共感しないわけではないんですけど……。 続きを読む…

Comments Closed

ベビーシッターのたのしみ

2005-10-03 佐藤 智砂

最近、月に1回、3時間だけベビーシッターをしています。
ベビーと言っても、5歳児だけど。
沢辺が友人とバンドごっこをやっていて、月1回の練習時に、そのバンドのボーカルの子どもの面倒をみるというものです。
保育園に通っている女の子なんだけど、とってもかわいい。きのうは紀伊國屋でめいろと間違い探しの本を買って、一緒に遊んだんのだけど、5歳児って私の想像よりも賢かった!
子どものいない人には、こういう手軽なベビーシッター、おすすめですよ。
ほっぺたとかすべすべで柔らかくて、触ると気持ちいいーの。会話も宇宙人としてるみたいで愉快だし。
リフレッシュにもってこいです。

Comments Closed

おかだ違い

2005-10-01 齊藤 美紀

先日、阪神が優勝した際、ポットでは山田さん主宰の優勝祝勝会がささやかに行われました。その際、阪神の岡田監督について皆が語り合っていたので、少しばかり知ったかぶりをして、「岡田監督って、ちょっと文系なかんじの人ですよね、眼鏡かけた」と発言したところ、みなさんから、「う〜ん、そう……かも」と言われたので、「あの歯並び悪い人ですよね?」とさらに問うてみたところ、またもや「う〜ん、そう……かも」という歯切れの悪い応対。百歩譲って文系っぽくないとしても、歯並びわるいですよね?何故これについて皆が歯切れの悪いご返答をするのだろう、岡田監督に、いや、山田さんに気を使っているのかしら、と、半ば釈然としない気分だったのですが、その後テレビをつけ、阪神祝勝の報道を観ていると、阪神のユニフォームを着た見知らぬ壮年男性がインタビューを受けております。よく見てみると「岡田監督」とのテロップが。誰これ。岡田監督?え?はッ!私が知ってる人じゃない!ならば私が想像していた岡田監督って誰。と、しばし考え込んだ齊藤、気付きました。私が阪神の監督だと思っていたのはサッカー日本代表の監督だった模様……というか今はもう監督じゃないらしい。しかもよく考えたら百歩譲らずとも文系っぽくはない……。サッカーの人も野球の人も、もうすっかりさっぱりわかりません。新庄くらいしかわかりません。しかし、ノゲイラ兄弟の見分けはつきます。

Comments Closed

オシャレの秋

2005-09-29 木村 瞳

いい季節ですね。毎年、この時期、この気候になると、オシャレがしたくなります(といいいつつ、適当な格好で会社に来ていますが)。
……で、秋コートばっかり増えていき、冬にコートが買えない……という年が続いていました。
が、今年は違います。なぜなら、バイク通勤時、既にめちゃくちゃ寒いんです。ちょっとでもスピード出すと、真冬かと思います。これは、秋コートに目をくれるまでもなく、早い時期に冬コートを買わねば、です。しかも、オシャレとか言ってられない、本気の防寒コートを。

Comments Closed

ビル緑化に取り組む某企業が買いらしい

2005-09-28 大庭 雄策

先週、8/24に開業した「つくばエクスプレス」に乗りました。秋葉原駅から、祖母の家がある青井駅(足立区)まで。青井の商店街は、さびれて久しいのですが、相変わらず元気なかったです。「祝・つくばエクスプレス開業」の横断幕が、さらに寂しさを増長していたような。
さて、つくばエクスプレスはどうでもよくて、祖母の株式ノートがおもしろかった。79歳の祖母は、年金と農業と株で食べています。 続きを読む…

Comments Closed

どうあげどんでん ほか2本

2005-09-27 山田 信也

【1】おかげさまで、優勝いたします。タイガースのことですから、油断するといつまた暗黒時代がやってくるとも知れませんので、今のうちに浮かれるだけ浮かれておきたいと思います。
あさってはどうあげとビールかけの予定です。
【2】頭の中に、ピンポンブームが到来しました。連休中の夜中に、NHKで森脇健児が卓球を習っている番組をたまたま見てしまったからです。グーグルさんに聞いてみたところでは、巷の卓球クラブはちょっと本気過ぎてついていけないので、今のところ、卓球する場所がありません。とりあえずラケットだけ買ってみようかと妄想中。ラケットもラバーもいろいろ種類がありすぎてわけがわかりませんが、ネットカタログで物色するのが意外とおもしろいです。
【3】『メジャーリーグの数理科学』という本を買いました。長年のあこがれ、『ユニヴァーサル野球協会』ごっこ への布石、のはずでしたが、ちっとも読み進みません。

Comments Closed

美輪明宏音楽会

2005-09-26 柳瀬 浩史

やはり、オカマなら一度は詣でたい、美輪さまライブ。僕の友人にもひとりフリークがいて(宝塚や松田聖子も大好き、という典型的なお仲間)先週末、渋谷のパルコ劇場まで一緒に行って参りました。意外にお仲間は少なく、圧倒的に女性が多かったです。
さて、当の音楽会の方は、シャンソンを中心に和モノも少々。シャンソンは1曲1曲がドラマになっていて、かのお方は丁寧に演じておられました。とどめは「愛の賛歌」。はじめに訳詞を語り、そして原語で歌い上げる。びっくりするような声量。感動のラスト、と思いきや、さらにアンコールがありました。そこで何と喜納昌吉の「花」を。美輪さまの解説によると輪廻転生を歌った歌らしいです。

 泣きなさい 笑いなさい
 いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

よく知られたベタな詞なんですが、美輪さまマジックというか、思いがけず涙が。波動がくる、感応する、といった体験。詣でる、は決して大袈裟な表現ではありませんでした。ステージ演出でも金の紙吹雪が舞い、後光が…。理屈抜きでかのお方に感謝し、拝みたくなるステージ。

Comments Closed

パチン!

2005-09-22 三好 由布那

北海道出身の同居人と過ごす、すてきな季節がまたやってきました。実家からイクラが届いたら、ごはん粒の数とイクラの数がおんなじくらい!っていう贅沢いくら丼にします。「ふつうしょ」と初めてお椀に盛られた日のことは忘れられません。イクラで胃がもたれるなんて、あのときが初めてのこと。
とうきびといいイクラといい、北海道のブツは歯に当たった瞬間に「パチン!」とはじけます。東京の外れ(田舎)出身の私にとってイクラはパチンではなく、どちらかというと「プチュン」だったんです。

ここのところ、編集の仕事で「食育」をテーマにした幼児向けクイズを考えていて、「食べたときどんな音がするかな? コリコリ? パリパリ?」とかいうのもいいかも、なんて思っていたのですが、新鮮なものを食べている地域の子たちは、私の予想の及ばない、全くちがう音を感じているかも…と思って自信をなくしているところです。

1 件のコメント »

仕事の仕方

2005-09-21 沢辺 均

仕事の仕方、こんなに長く仕事をやってきたのに相変わらずむずかしいです。

仕事の仕方でいくつか気をつけてることがあります。 続きを読む…

1 件のコメント »

第2次生活変更計画

2005-09-20 佐藤 智砂

朝型が根付いてきたので、生活変更計画の第2次に入ることにしました。
それは、夕飯は家で食べる。しかもできるだけ自分で作る。食材宅配の「大地の会」への注文も再開しました。
あとは、作れるものを増やすだけです。

Comments Closed

引っ越しました

2005-09-14 木村 瞳

先週末、引っ越しました。桜並木沿い! ゆうせん付き! 庭付き!の部屋です。贅沢。家賃76000円のところ、ねばってねぎって73000円(管理費込み)。家賃を安くするために引っ越そうと思ったのに、これまでの家賃より1000円アップさせてしまいました。でもいいんです。気に入ったから。
で、引っ越しにあたって、本をほとんど実家に送りました。実家の蔵に所蔵してもらう予定。本のない部屋は寂しいんじゃないか、いつでも取り出せるよう手元においておきたい、という気持ちから、アホのように本棚に積んでいたんですが、見事にすっきりです。手元に残した本は10冊程度。もう、ホントにすっきりです。さっぱりです。また増えていくんだろうけど。

で、本の収納には、読むパラの新書収納ボックスを使ったのですが、バタバタした梱包作業のなか、本がぴったりはまっっていくのが感動でした。オススメです、収納BOX。

Comments Closed

『よつばと!』、おもしろい

2005-09-13 大庭 雄策

丸善丸の内本店が開店1周年だそうだ。2004年暮れに一度行ったきりなので、気になって、昨日、足を運んでみたら、すでに閉店後だった。21時30分閉店は早いなと思うけど、場所柄仕方ない。オープン時とは比べ物にならないくらい棚を充実させたブックファースト渋谷を見て、本屋はオープンしてしばらく経ってから見に行くのが本当だなー、と思っていたのだが、丸善本店も、もう一年経ったか。
しょうがないので、昭和通りをGEAR-Cで走らせて、あゆみブックス田町店に寄った。ここは0時まで開いている。あずまきよひこ『よつばと!』を購入。「よつばと!」ってどういう意味なんだろうと思っているんだが、表紙の欧文をみると「yotuba&!」となっている。ますます分からない。ここで一度に5,000円以上本を買うと、隣にあるカフェ「ベローチェ」で、飲み物が一杯タダになる。関連会社だからできるワザだが、普段使っている五反田店にはその特典がない(と思う)。五反田にもベローチェあるのに。

Comments Closed

+1000円

2005-09-12 山田 信也

日曜日の午後テレビをつけたところ、たまたまドキュメンタリーをやっていて、高畠さんという元プロ野球の打撃コーチのひとのお話でした。この人の話の本を以前、ジュンク堂で見かけていたので、お、この人知ってると思い、うかうかと1時間鑑賞し、その後あの本を買いに本屋さんにでかけました。以前みかけたときは、新刊コーナーにあったのですが、見つからなかったので、スポーツコーナーにいってみたところ、そこはとても危険なゾーンでした。やたらとタイガース本が目につき、油断をするとうまいこと散財させられてしまいます。普段スポーツコーナーには足を向けた事がなかったため、今どきのスポーツコーナーがこんな魅惑の場所であるとは知りませんでした。しかし、そうあっさりと罠にはめられるわけにもいきませんので、目的通り、『甲子園への遺言?伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』『阪神タイガース70年史?猛虎伝説』を購入してお家に帰りました。

Comments Closed

入社1年だというのに。

2005-09-09 柳瀬 浩史

先週末は、昼間から東京レズビアン&ゲイパレード・スタッフの公式打上。100名近い大宴会。その後、友人M宅で、同棲しているその友人の相方さんのバースデー・パーティ。4名でこぢんまり。Mは僕のバースデー・パーティでも料理の腕を奮ってくれたのですが、この日もサラダから、エビチリ、角煮入りのスープ、鶏の蒸し焼きまで、かなり濃いメニューでもてなしてくれました。その後、年甲斐もなく、PS2のスゴロク(桃太郎電鉄…。)で夜を明かして始発で帰宅。やはり、ストレートの所帯持ちには、絶対ありえない週末の過ごし方。30代後半という年齢で、同じボランティア仲間にドキドキしたり(100人もいれば10人はイケます)、抱きつかれたり、友人の手料理をご馳走になったり、スゴロクに夢中になったり、かなりどうかしていると思いつつ、それなりに楽しいです。大事な問題が棚上げになってる気はしますが。仕事とか…。ポットに入社して、来週で丸1年になりますが、トホホな新人からいまだ脱しておりません…。

1 件のコメント »

ひさしぶりに風邪っぴき

2005-09-05 三好 由布那

とっても病弱な子ども(二十歳過ぎても)な私でしたが、ポットにくるようになってから体質改善されたのか、最近は、ほとんど病気といった病気はせずに過ごしていました。ところが、ひさびさに風邪をひき、なかなかのローテンションです。
なにより、ポットで1.2を争う(?)大食いの私が食欲がないんです。誰に命令されるでなくランチで大盛り、自炊@ポットで2人前、をこなす私が、「これ以上体力を落としてはいけない」という義務感で食事をする、これってかなりキツいです。薬を飲むからお酒もあんまり飲めないし…。あんまり…。
…そんなことよりポットのみなさんに風邪菌をうつしてはいけないので、はやく治します。

Comments Closed