2013-06-26

お部屋2514/6.30 大久保公園包囲

TwitterやFacebookで怒涛の拡散中なので、すでにご存知の方も多いでしょうが、6月30日、レイシストどもを包囲します。

これについての解説は改めてやります。


レイシストを包囲せよ!6月30日 大久保公園

6月30日に、大久保公園を出発地としてまた醜悪なレイシストのデモが予定されています。
集会を市民で包囲して、彼らに向けてデモの中止を直接呼びかけませんか。

包囲完了時刻=6月30日14:00
場所=新宿歌舞伎町・大久保公園周辺
地図=http://www.shinjuku.info/S52121.html
続きを読む…

2013-06-11

お部屋2513/「ヘイト豚 死ね!」の意味

6月9日ネイキッドロフトで行われた「言論しばき VOL.2」に「行動する保守」の決起集会と同じくらいの方々に集まっていただき、ありがとうございました。アーカイブはこちらで観られます。しばらくは無料です。それ以降は会員になりましょう。

これを観ると、4時間半以上もやっていたのですね。休憩時間にも「しばき隊の意義」についての話をしていたし(野間易通が「公開してよ」と言っていたので、そのうち改めて書くとします}。

当初は映画上映も予定していて、夕方からスタートするつもりだったのですが、権利関係がクリアにならず、中止しました。これをやったあとに4時間半も話を聴いていたら、倒れる人や痔になる人が出たかもしれない。

桜井誠は今回も出演依頼を断ってきました。もったいぶっているだけで、当日いきなり現れるだろうと思っていたのですが、最後まで登場せず。おかしいなあ、思う存分持論を述べて、私らを屈服させる絶好のチャンスだったのに。どこも悪くないのに急に体調が悪くなる奇病に罹っているとも言われているので、また病気が発症したのでしょうか。お大事に。

予定が狂ってしまったわけですが、しょうがないので、第一部では「ヘイトスピーチは、特定個人、特定集団に向けられるだけでなく、社会の平等性、公正さを損なうものであり、表現の自由や民主主義に敵対するものである」ということを野間易通が念入りに説明しました。

よって、「朝鮮人は死ね」という言葉はこの社会に向けられ、また、社会を構成するすべての人に向けられている。対して「ヘイト豚 死ね」は桜井誠やザイトクに向けられた単なる罵倒に過ぎない。これを「どっちもどっち」とするのは、ヘイトスピーチの暴力性を見失い、市民による解決の道を閉ざすものである。

てな話。

この構造を無視して、ヘイトが単なる「憎悪」だと思っているから「朝鮮人 殺せ」と「ヘイト豚 死ね!」が同じに見えるわけです。「殺せ」と「死ね」は似ていましょうけど、そこが問題ではない。

ワシらが勝手にそう言っているのでなく、差別の文脈で使用されるhate(またはhatred)、あるいは法律用語としてのhateは、この日説明したのが英語の一般的用法であり、ほぼ世界標準になりつつあると言っていいでしょう。日本語でわざわざヘイトという言葉を使う場合はそういう用法以外ではまずあり得ないんですから、検索くらいした方がいいと思いますよ。

もし単なる憎悪の意味だったら、「ヘイトクライムってなんだ?」って話にもなりましょう。別れ話や三角関係による恋愛がらみの殺人も、路上のケンカも、社会に対する憎悪による無差別殺人も全部ヘイトクライムです。そんなもんを重罰化する意味がどこにあるのかね。この程度も考えたことのない人たちがいっちょまえに批判してくるんだから、頭が痛い。

野間易通としては、このことをはっきりさせ、かつ「どっちもどっち論者」を釣るために、「ヘイト豚 死ね!」の横断幕をわざわざ作ったわけで、ホントにあいつは性格が悪い。

IMG_7922.jpg

「豚」という言葉に飛びついて、「ブヨブヨして、この上なく醜い桜井誠を豚呼ばわりするのはデブに対する差別だ」という批判もあったようですが、これも野間易通は想定済み。アーカイブを参照のこと。しかし、私は桜井誠やザイトクを豚呼ばわりするのは豚に対する差別だという見方については反対しません。

第一部で論じた内容はこの図に集約されています。

______________________________2013_06_11_7.33.03___.png

開始直前に楽屋で野間易通が作った図です。赤いラインのみがヘイトスピーチ。

これを見ればわかるように、「どっちもどっち。ザイトクとしばき隊でぶつかりあって、どっちも潰れれればいいのに」という意見は、未来の願望としては正しい。ザイトクが「しばき隊憎し」に徹してくれれば、赤いラインが消えて、私人対私人のいがみ合いになり、問題は解決していると言えます。路上のケンカと一緒ですから。

今なおザイトクはヘイトスピーチをしているため、とっとと「しばき隊憎し」「野間憎し」に徹すべし。それこそしばき隊が望むところでしょう。ザイトクはアホじゃけ、叩けば叩くほどそうなる。在特会が「しばき隊を許さないアホ市民の会」に改名するまで、さらにさらにザイトクを、そしてマコトンを叩くべし。

第二部の法規制はムチャクチャ濃く、細かい内容だったかと思いますが、「民事と刑事の違い」「保護法益とは何か」「表現の自由とのかねあい」を山下弁護士に説明してもらったので、ヘイトスピーチと法についての基本的な考え方についてはおおむね理解できたのではなかろうか。山下弁護士の話はわかりやすいっす。

第一部で説明した「ヘイトスピーチが破壊するもの」を踏まえ、ヨーロッパ型のヘイトスピーチ規制法は被害者救済よりも社会の公正さを守ることに重きがあることを確認。よって、広く浸透している「当事者が傷ついている」「当事者が聞いたらどう思うか」というヘイトスピーチの判断基準をひとたび捨てた方がよい。捨てきる必要はなく、捨てきるべきでもないのですが、ヘイトスピーチが持つ暴力性と社会性を意識して、それに対応する発想をしていく必要があろうかと思います。ヘイトスピーチか否かを判断するのは社会です。

そこを理解しておかないと、公権力によってではなく、言葉を制限したい人々によって、表現の自由は潰されていくことになりかねない。実際、ヘイトスピーチを「個に向けられた憎悪」としてしかとらえていない人たち、「どっちもどっち」と言う人たち、あるいは「アホ」「バカ」「ブタ」が差別用語であるなどと主張する人たちがこうも多い現状ではヘイトスピーチ規制法は断固制定すべきではないと私は思っています。

だからといって「法による規制に反対はしないが、法の改正、制定には反対」として現行法によって対処しようすると、かえって範囲拡大のリスクを含むため、法で基準を明文化した方が安全とも言えます。

法制化にせよ、法改正にせよ、現行法の適用にせよ、それぞれにリスクはあります。「どういうシチュエーションで、どういう内容のヘイトスピーチを、どういう法で規制していくか」「それぞれどういうリスクや難しさがあるのか」については、アーカイブを参照してください。ここまで繰り返してきたように、ヨーロッパ型の法規制だけじゃなく、ヘイトクライム方式もあれば、民事もある。条例もあれば行政処分もある。それぞれで考え、それぞれで判断してください。今回のイベントの趣旨は、それぞれが考え、判断するための基本的な土台作りですので。

ヘイトスピーチが表現の自由に反するものであり、現にそれが進行していることに対してどんな方法であれ法による規制を望まないのであれば、街に出て彼らを潰すしかないし、彼らへの罵倒を容認するしかない。

6月16日は新大久保でふざけたヘイトデモがあります。

______________________________2013_06_11_6.32.39___.png

法による解決を望まない方は全員来るように。罵倒を望まない方はプラカードをお持ちください。マイノリティだけの問題じゃない。新大久保だけの問題でもない。社会の問題であり、あなた自身の問題です。

「言論しばき VOL.2」で告知したように、7月11日にはネイキッドロフトで「サッカーしばき」があります。ネイキッドのスケジュールではまだ情報が公開されてませんが、たぶん数日内に予約が始まると思います。「サッカーの世界でなぜヘイトスピーチは許されないのか」といった話もありますし、サッカーファンやサッカージャーナリストからザイトク方面に流れた人たちの下劣さも暴きます。サッカーに興味がなくても、ムチャ面白いと思います。

なお、このところ私はもっぱらFacebookを使っておりまして、細かなお知らせはあちらに書いております。自己紹介に書いているように、友達申請は面識のある人や存在を知っている人のみ承諾していますので、それ以外の方はフォローでお願いします。

2013-06-04

お部屋2512/マツワル読者用609

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2013-05-30

お部屋2511/マツワル読者用608

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2013-05-25

お部屋2510/言論しばき VOL.2「ヘイトとは何か」—–ヘイトと法規制を考える

ご来場予定の方へのお知らせ:予約は金曜日で満杯となって打ち切らせていただきました。予約のキャンセル分が当日分に回るため、「予約をしたが、行けなくなった」という方は早めにネイキッドロフトまでご連絡ください。当日の入場希望者が多数の場合は抽選になります。早くから並んでも意味はないので、開場時間にお並びください。もちろん、桜井誠さんは予約なしでタダで入れます。必要なのは勇気と知性だけ。 
 
 
5月18日に、ザイトク一派である日侵会のデモの解散場所である柏木公園の近くで殴られて負傷したわけですけど、新聞報道にあったように、もう一人暴行された人がいまして、今のところ、そちらのみ事件化。すでに診断書をとってますから、こっちも傷害罪で刑事告訴は可能です。さ、どうするかな。

これまでにも、とくに関西でさんざん事件を引き起こし、逮捕者を数々出してきた「行動する保守」の暴力性が関東においても露わになってきています。これほどまでに犯罪率の高い集団はなかなかないでしょう。犯罪者集団と呼ぶに相応しい。

ところが、ネトウヨはアホじゃけ、この日も、「しばき隊が逮捕された」と騒いでいたらしい。逮捕されるとしたら、まずザイトクであることは過去の実績から明らかでしょう。

対して、しばき隊はあくまで非暴力。揉み合いで手や足が出るくらいのことはあるかもしれないですけど、その程度のことです。
続きを読む…

2013-05-18

お部屋2509/マツワル読者用607

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

お部屋2508/マツワル読者用606

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2013-05-17

お部屋2507/マツワル読者用605

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

お部屋2506/マツワル読者用604

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2013-05-11

お部屋2505/ネトウヨ・ザイトクの特徴

ここ最近の話題としては、なんつっても、古くから行動保守のヲチャであるヲ茶会さんの告白です。

IMG_7735.jpg

5月7日(火)に参議院議員会館で行われた「差別主義者・排外主義者によるデモに抗議する集会」には私も行っていたのですが、この日、ヲ茶会さんの告白スピーチがあることを知らず、また、彼がかつて在特会周辺のデモの常連であったこともまったく知らないでいたので、心底驚きました。
続きを読む…

2013-05-04

お部屋2504/風営法改正とヘイトスピーチの法規制[追記ありあり]

明日5月5日こどもの日はネイキッドロフトで「言論しばき」があります。

ザイトクやネトウヨはタダですぜ。しかし、在特会の人たちは出席拒否ということなので、私はものすごい勢いでメシを食ってます。デブになってメガネをかけて顔をテカテカさせてヘイトスピーチをヒステリックに口走りながら、「桜井誠だ」と言い張ってタダで入ろうかと思いましてね。

実際のところ、ここ最近の私は極端な早寝早起きで、夕方には寝ているので、明日はこの時間まで起きていられる自信がありません。寝てしまったら、深夜起きてイカ釣り漁にでも出ようと思います。
続きを読む…

2013-04-25

お部屋2503/マツワル読者用603

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2013-04-24

お部屋2502/マツワル読者用602

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

お部屋2501/マツワル読者用601

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2013-04-19

お部屋2500/サッカーと反レイシズム[追記あり]

新大久保のレイシズムデモを取り上げた魚住昭のルポを読んで、久々にECDILLREMEを聴きました。このルポではECDの言葉を取り上げてますが、イルリメの言葉がまた滲みます。

ザイトク野郎どもはいくらか弱さを抱えていたり、いくらか頭が悪かったり、いくらかズルかったりはしても、その多くは普通のヤツらです。私らの周りにいる人間が、いつの間にか、あちらにいるかもしれない。
続きを読む…

2013-04-14

お部屋2499/性表現の規制と差別表現の規制

「性表現についての規制に反対している人が、差別表現については規制をしろというのはダブルスタンダードだ」という人たちがいます。これについては、すでにメルマガで論じているのですが、さきほどFacebookでも同様のことを書いている人がいて、今後も次々出てくるでしょうから、ここでもざっと書いておきます。

結論を言えば「どこがどうダブルスタンダードか、もうちょっと考えてから発言しようぜ」ってことです。考えるのがイヤなら発言も控えた方がよろしい。

そもそも内容が違いますから、性表現に対する考えと、差別表現に対する考えを一致させる必要などなく、どこの国でも両者を完全一致させてはいないでしょう。ヨーロッパ各国では、ゾーニングの元で性器や性行為の場面を出すことが可能。国によっては時間帯を制限して地上波のテレビにおいても可能。しかし、ヘイトスピーチについてはおそらくゾーニングの元で許すということにはなっていない。

私も合致しなければならないと思っていないのですが、ここでは「性表現の規制と差別表現の規制について等しく対処しなければいけない」という考え方を前提としておきます。
続きを読む…

2013-04-13

お部屋2498/桜井誠の「朝鮮人狩り宣言」とニコ生の責任

前回書いたように、「鶴橋大虐殺動画」についての記事がCNNの市民記者投稿サイトiReportに比較的早い段階で掲載されています。

そのCNN iReportに、本日、レイシスト桜井誠の顔が大きく掲載されました

______________________________2013_04_13_19.18.51___.png
続きを読む…

2013-04-10

お部屋2497/「鶴橋大虐殺」動画の拡散

Facebookでまとめたのですが、一度投稿したものに追加ができないので、こっちで改めてまとめておきます。

2月24日、鶴橋で行われた街宣で、女子中学生が「鶴橋大虐殺」の演説をしたことはネットで話題になっていましたし、韓国でも報じられていたようです。

これが一気に拡散するのは、この動画に英文字幕がついたものがYouTubeにアップされて以降。4月2日のことです。


続きを読む…

2013-04-01

お部屋2496/マツワル読者用600

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2013-03-24

お部屋2495/またも署名のお願い そして行動・表現のお願い

現在、メルマガの購読者受付中です。 今回もあっという間に終了します。
 
 
以下の署名が始まってます。

______________________________2013_03_24_7.30.09___.png
続きを読む…