2012-12-20

お部屋2474/風営法改正の問題点 3/ダンスの礼賛は風営法からダンスを外すことの根拠にならない

前回は横道だったので、とっとと本道に戻ります。

2472「風営法改正の問題点 1/ダンスを外すことで起きること」に書いたように、「ダンスは素晴らしい。朝まで踊らせろ。風営法を改正しろ」と言う人たちに「じゃあ、家の横にクラブができてもいい?」「学校の横にクラブができていい?」と聞くと、「あー、それはちょっと」と言い出すことがしばしばです。

「防音や振動対策がしっかりしていればいい」という人もいるわけですけど、風営法を外れると、騒音規制法やそれに類する条例での規制だけになり、現状より騒音や振動に対する規制はゆるくなる可能性が高い。しかも住宅地で朝まで営業できてしまう。こういう人たちもまたLet’sDANCEの方針には賛同できないはずです。

多くの人がそこに躊躇や拒否を示すのは意外と言えば意外、当然と言えば当然なのですが、最大の問題は、こういうことの合意がないまま、署名が進んできてしまったことだと思います。「法改正して欲しい」まではいいとして、なぜ「ダンスを外せ」だったのか。
続きを読む…

2012-12-19

お部屋2473/風営法改正の問題点 2/横道に逸れました

誤解されないように念のため書いておきますが、署名する人たちの全員が私が書いているようなことを十全に理解する必要は必ずしもない。私は署名してませんけど、署名活動を全否定するつもりもありません。

そもそも署名運動というのは、趣旨に賛同する人を数で見せるという意味と同時に、そこに問題があることを広く知らしめることや、それによってネットワークを作っていく意味合いがあります。Let’sDANCEがなかったら、新聞やテレビがこの問題を取り上げることはなかったでしょう。取り上げるとしても警察発表そのまま。

現在、風営法の厳格化は他業種にも及んでいます。あるいは他業種から始まっています。これについては『踊ってはいけない国、日本』の拙稿参照のこと。
続きを読む…

2012-12-18

お部屋2472/風営法改正の問題点 1/ダンスを外すことで起きること

前回の予告通り、風営法改正が抱える現在の問題点について論じておきます。

先に結論を言っておくと、Let’sDANCE署名推進委員会Let’sDANCE法律家の会が提唱する方向での法改正は極めて難しいと私は思っています(以下、このふたつの団体を「Let’sDANCE」としておきます)。また、場合によっては私自身が反対に回りかねない。

だからと言って署名運動が無駄とは思っておらず、これだけこの問題が浸透したのは明らかに彼らの貢献です。あとは早く方向転換をするか、出なおした方がよく、そのためにはとっとと10万人集まって結論が出た方がよいとも思ってます。

皆さん、「議論をしよう」と言いながら、議論がなさすぎ。私も避けていたところがあるのですが、もう避けるのはやめました。メディアもLet’sDANCE礼賛で、内容を吟味する姿勢がなく、おそらく気づいてさえいないので、そもそも法改正を言い出した私がやるしかねえかなと。
続きを読む…

2012-12-17

お部屋2471/これからやるべきこと

選挙の結果を見てダメージを受けている人たちも多いことでしょう。気持ちはよーくわかります。負けをいっぱい積み重ねてここまで生きてきた世代の方が強いかもしれず、「もうダメだ」なんてことは断じて言わない。これからですよ。

毎年11月は睡眠障害とともに精神的にもホントにダメダメになるのですが、その時期を越えて、選挙も終わり、原稿書きもさっき終わったので(直しがあるかもしれないけれど)、現在は私はやる気満々です。ここ数カ月でもっとも元気かもしれない。これも沢田研二のおかげよ。正味の話。

選挙って、2週間や3週間で結論を出すものではないのであります。自民党が圧勝したのは選挙制度に問題があると言っても、そんなん、前々からわかっていることじゃないですか。負けたからって急に言い出すことではない。ここに問題があるんだったら、たった今から、それを改正するために動き出すか、その制度に則った対策を次回の総選挙に向けて練り始めればよい。
続きを読む…

2012-12-15

お部屋2470/完璧ではいられなかった男の話

締切に追われているのですが、「ちょっと休憩するか」と昨日私は荻窪に出かけました。そこには沢田研二がいました。

IMG_7169_1.jpg

一夜明けてもなお沢田研二のことが頭から離れません。人気絶頂だった時代の沢田研二よりも、今現在の沢田研二に私は強く惹かれています。
続きを読む…

お部屋2469/マツワル読者用596

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2012-12-12

お部屋2468/たったの4年—–投票所へ

毎年11月は睡眠障害になるのですが、今年は例年より早く10月から始まりました。そのため私は冬眠に入ったのですけど、きれいに11月末に抜けました。

しかし、このところ力を入れていた風営法改正に挫折して立ち直れず。Let’sDANCEはまだ続いてますが、私はあれとは違う流れを作らないとまずいと思い続けてきたのであります。しかし、私の力ではどうにもならんことを悟って、いよいよ引き籠りに。

その間も、風営法については調べ続けてメルマガに書いてきたのですが、その過程でわかったことをちょっとだけ書いておきます。引き籠っていても、これだけは書いておかねば。
続きを読む…

2012-12-10

お部屋2467/マツワル読者用595

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

お部屋2466/マツワル読者用594

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2012-12-05

お部屋2465/マツワル読者用593

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2012-11-30

お部屋2464/マツワル読者用592

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2012-11-22

お部屋2463/購読者受付開始

※募集は終了しました。次回は3月を予定しています。
 
 
ただ今より購読者募集を開始します。

今回は募集するのをやめようと思っていため、期間が短いです。11月27日(火曜)までを予定しています。そういう事情でありますので、細かな説明はなし。それでも読みたい人だけお申し込みください。

次回は3月を予定しています。原稿を書いて配信するのはいいのですが、募集が面倒でしょうがなく、今後は年に1回でいいんじゃないかと思ったりもしてますので、この機会をお見逃しなく。見逃してもとくに後悔しないと思いますけど。

今月中は無料ですが、無料期間で終了する場合は今月中に申告をしていただく必要があって、この申告を忘れると、配信が打ち切りになるのに支払い義務が生じる苛酷なシステムです。「無料期間だけ読んでみよう」などと軽い気持ちでは申し込まない方がよろしいです。
続きを読む…

2012-11-21

お部屋2462/間もなく購読者受付を開始します

今月は、年に3回しか購読者を募集していないメルマガ「マッツ・ザ・ワールド」の募集の月です。しかし、例年11月は睡眠障害になることになっていて、今月も調子が悪く、現在冬眠中です。

「マツワル」だけはすごい勢いで配信していて、一日3本ペースです。それ以外はなーんもする気がしない。風営法改正についてもすっかりやる気をなくして、今後は世の中に呼びかけるような真似はやめて、「マツワル」で歴史を調べたり、現状の分析だけやっていこうと思ってます。私はそっちに向いてます。

そういう状態なので、「マツワル」の募集は今期はやめようと思ってました。どのみち、たいして読みたがる人のいないメルマガですし、去年も募集しなかったことがありましたし。

その旨、「マツワル」に書いたら、購読者から募集をして欲しいというメールが届きました。購読者を2名紹介すると、購読料がタダになるサービスがありまして、その期限が切れるため、今期は募集をして欲しいと。
続きを読む…

2012-11-14

お部屋2461/マツワル読者用591

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2012-11-09

お部屋2460/マツワル読者用590

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2012-11-06

お部屋2459/風俗産業の危機と久田将義[追記あり]

長いです。用件は最後に書いているので、面倒な人は最後だけ読んでください。
 
 
誰も言ってくれないので、自分で言っておくと、私の読みは大変的確です。このところ、吉原のソープランドが売防法で摘発されたり、大阪のストリップ劇場が公然わいせつで摘発されたり、クラブだけではなく、性風俗関係の摘発も一層厳しくなってきています。ソープランドが売防法で摘発されることも、ストリップ劇場が公然わいせつで摘発されることも、「よくあること」ではあるのですが、その中身を検討すると、警察は一歩一歩着実に新しい領域に踏み込んでいることがわかります。

しかし、そこまで正しく見据えているメディアは皆無かと思います。ほんの一部とは言え、まだしもネットの方がましかもしれない。ネットに書かれていることの大半はいい加減だとしても。

性風俗関係の雑誌が成立していた時代には、書き手の層はそこそこ厚かったのに対して、今は手薄になっているとの事情もあるのかもしれないですが、浄化作戦が進行している頃も似たようなものでした。何が起きているのかをわかっている人がメディアにほとんどいない。とりわけ一般誌は、売れるからエロネタを掲載しているだけで、法についての知識を持っている風俗担当はほとんどいない。関心さえない。
続きを読む…

2012-10-09

お部屋2458/マツワル読者用589

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2012-10-02

お部屋2457/マツワル読者用588

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…

2012-09-23

お部屋2456/芸妓と娼妓・公娼と私娼

すっかりTwitterからFacebookに移行し、文字数を気にしなくてよく、リンクをしやすく、シェアもしやすい環境で連日長めのものを出しています。

文字数は最大6万字まで投稿できることがわかって、だったら、ブログもあっちに移行すればいいのかと思って、古い本の読書日記みたいなものを始めてます。おもに国会図書館が公開しているデジタル資料であり、メルマガでやっていることのダイジェストみたいなものでもあるんですけど、メルマガでは触れていないことも書いていたりするので、読みたい人はフィード登録してください。

しかし、FBは流れてしまうため、固定の場所はやはりあった方がよく、固定したいものはブログに書こうかと思ってます。

今回の話も、FB用に書いたのですが、何度も説明するのは面倒なので、こっちに固定しておくことにしました。
続きを読む…

2012-09-22

お部屋2455/マツワル読者用587

以下は「マツワル」購読者のみご覧下さい。
続きを読む…