2010-08-30

『ライブハウスオーナーが教える絶対盛り上がるライブステージング術』が「ブルース&ソウル・レコーズ」で紹介されました

ライブハウスオーナーが教える絶対盛り上がるライブステージング術』(佐藤ヒロオ著)が「ブルース&ソウル・レコーズ」で紹介されました。
106ページ、「ニッポンの。」のコーナー、妹尾みえさんの書評です。
ありがとうございます!

ライブハウスオーナーが教える絶対盛り上がるライブステージング術


著●佐藤ヒロオ
定価●1,600円+税
ISBN978-4-7808-0145-3 C0073
四六判 / 160ページ /並製
[2010年05月20日刊行]

内容紹介や目次など、詳細はこちらをご覧ください。

【電子書籍版】ライブハウスオーナーが教える絶対盛り上がるライブステージング術


著●佐藤ヒロオ
希望小売価格●950円+税
ISBN978-4-7808-5019-2 C0073
[2010年5月28日刊行]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
【電子書籍版】ライブハウスオーナーが教える絶対盛り上がるライブステージング術

【既刊】荻窪ルースター物語


著●佐藤ヒロオ
定価●1,800円+税
ISBN978-4-939015-90-8 C0073
四六判 / 224ページ /並製
[2006年09月刊行]

内容紹介や目次など、詳細はこちらをご覧ください。

2010-08-30 17:19 [ポット出版]

2010-08-27

『シダの群れ 』(岩松了)の予約を開始しました

2010年9月13日刊行予定の近刊『シダの群れ』の予約受付を開始しました。

本書は、2010年9月5日(日)〜29(水)渋谷Bunkamuraシアターコクーン、10月4日(月)〜11日(月)大阪イオン化粧品シアターBRAVA!にて上演される舞台の書下ろし戯曲です。

作・演出、岩松了。
出演は阿部サダヲ、江口洋介、小出恵介、近藤公園、江口のりこ、黒川芽以、尾上寛之、裵ジョンミョン、伊藤蘭、風間杜夫。
岩松了が描くヤクザの世界をお楽しみください。

公演会場では、舞台初日の9月5日(日)から『シダの群れ』の先行発売を行ないます。

舞台「シダの群れ」公演情報

ご予約希望の方は本が出来次第、送料無料でお送りします(代引の場合は代引手数料300円[代金1万円以下]のみご負担いただきます)。

本のタイトル/冊数/お名前/郵便番号/住所/電話番号/メールアドレス/お支払い方法(郵便振替または代引がご利用できます)をお書きのうえ、こちらへメールをお送りください。折り返しご確認のメールを差しあげます。

また、Amazonでもご予約を受付中です。
『シダの群れ』をAmazonで予約する

シダの群れ


著●岩松 了
定価●2,000円+税
ISBN978-4-7808-0154-5 C0093
四六判 / 168ページ /上製
[2010年09月13日刊行予定]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
シダの群れ

2010-08-27 20:46 [ポット出版]

2010-08-24

『お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!』●8/22(日)朝日新聞に広告を出しました

8月12日(木)に刊行した『お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!』(加納明弘、加納建太著)の五段十二割広告を、8月22日(日)の朝日新聞朝刊に出しました。掲載は読書欄です。
1960ad.jpg

お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!』

著●加納明弘、加納建太
定価●1,800円+税
ISBN978-4-7808-0151-4 C0095
四六判 / 256ページ / 並製
目次や著者プロフィールなど、詳細はこちらをご覧ください。

*著者の加納明弘さんの、昔の戦友(?)から、「広告を見たのだけれど、加納さんはまだ生きているのか? 生きていたら是非会いたい」とポット出版宛てに問い合わせがありました。しかも2名。新聞広告を出してこういう問い合わせを受けたのは初めてです。 【追記9.10 また一人、問い合わせをいただきました。計3名です】(文◎高橋大輔)

2010-08-24 17:47 [高橋 大輔]

2010-08-23

電子「雑誌」フォーマットの可能性─公開インタビュー・生放送&見学者募集のお知らせ

深沢英次さん(元「WIRED」日本版のテクニカルディレクター兼副編集長)に
談話室沢辺」掲載のためのインタビューを行います。

このインタビューに質問権つきの見学者を10名募集(見学料=1000円)しています。
希望の方は下記フォームから申し込みください。
お席はまだあります。
締め切り次第、このページでお知らせいたします。

定員のため、締め切りました。申し込みありがとうございました。

また、当日はUstreamでの中継も行います。
場所はこちらの予定です。

日時●2010年8月26日(木曜日) 18時45分開場/19時開始 21時終了予定
場所●ポット出版会議室[地図
見学料●1000円
見学申込●こちらのフォームからお申込みください定員のため、締め切りました。申し込みありがとうございました。
終了後●近所で飲み会をしようとおもっています(当日発表します)
中継●Ustreamでの中継を予定しています。ご視聴はこちら
主な問題意識と内容●↓

電子「雑誌」フォーマットの可能性

制作者側からみた電子書籍は、タグ付きテキストを基本とした電子書籍と、
デザインが保持された電子雑誌と、整理されて議論されるべきなんじゃないかと思ってます。
(読者からみたらほとんど意味ない議論ですけど)

で、今のところ、
・WIREDのように動画や3Dなどに注力したもの
・マガストアのようにPDFみたいのを使ったもの
のようなものがあると思うのですが、どちらも「画像」。

電子化する以上、検索やら、切り抜き持っていられるとか、
カットアンドペーストでTwitter に貼付けるとか、
障害者などにむけた読み上げ可能にするなどを、
実現したいもんだ、とおもうのです。

いや、割り切って画像でデザインを生かす、というのも、一つの道かもしれないけれど。

そこらへんの現状、それからHTML5を始めとした以降の可能性。
そして、今の雑誌編集現場からみたそれらのワークフローの見通しを
深沢さんにうかがいます。

2010-08-23 19:46 [ポット出版]

2010-08-17

2010.9.12(日)パパの理科実験ショーinプラーレ松戸を開催します

2010.9.12(日)、リブロ松戸店さんが入っているショッピングセンター・プラーレ松戸にて、
『パパの理科実験ショー』刊行記念として「シャボン玉」をテーマにした生実験ショーを開催します!

簡単そうに見えるけど、工夫次第で形や大きさ、遊び方が変化するシャボン玉。
奥の深ーいシャボン玉の科学を楽しみながら学べます。
お子さんはもちろん、保護者の方も楽しめること間違いなし!
実験はご家庭でも出来るものばかりですので、お子さんと家でもお楽しみいただけます。
ぜひお越しください!

『パパの理科実験ショー』刊行記念
「パパの理科実験ショーinプラーレ松戸」

●日時
2010年9月12日(日)
開演:13:00/15:30(各回1時間程度)
●入場料 無料
●場所 プラーレ松戸 6Fパティオ
住所● 千葉県松戸市松戸1149-1(松戸駅東口直結デッキで徒歩2分)
※ショッピングセンター内のオープンスペースですので、開場時間、定員はございません。
事前予約も不要です。直接会場へお越しください。

●内容
「シャボン玉七変化」
針金や毛糸、ストローといった身近な道具を使って、
細かい小さなシャボン玉から、身体よりも大きなシャボン玉などなど、
色々なシャボン玉が作れちゃいます。そして作ったシャボン玉で……!?

●出演
飛田賀光(とびた・よしみつ)
茨城県日立市の職員。
1990年から6年間、日立シビックセンター科学館でサイエンスショーなどの企画・運営を担当。
以後もプライベートでサイエンスショーを行うなど、科学の普及活動に取り組んでいる。
過去8回、NHK教育テレビに出演。
「サイエンスレンジャー」「おもしろ理科先生」「理科大好きボランティア」登録。

リブロ松戸店/ポット出版

パパの理科実験ショー

著●飛田賀光

希望小売価格●1,600円+税

ISBN978-4-7808-0152-1 C0076

A5判 / 128ページ /並製

[2010年08月刊行]

内容紹介や目次など、詳細はこちらをご覧ください。

2010-08-17 21:34 [ポット出版]

2010-08-12

『パパの理科実験ショー─DVDブック 今日の遊びはこれに決まり! 』を発売しました

2010年8月12日、『パパの理科実験ショー─DVDブック 今日の遊びはこれに決まり! 』を発売しました。

子どもと遊びたいけど、「何をしていいかわからない」「あまりお金をかけたくない」と思っているお父さんたちへ。
このDVDブックでは、そんな悩みを解消する、親子で遊べる楽しい理科実験をイラストと実演DVDで紹介しています。

収録している実験は「シャボン玉」「水」「塩水」「砂糖」といった、家庭にある材料で楽しめるものばかり。

本では、実験の手順のほか、お父さんの虎の巻ともなる科学的な解説も紹介しています。

DVDでは、著者・飛田賀光と子どもたちが実験を実演。
「シャボン玉を作るときの手つき」など、本だけではわかりにくいポイントも、動画だからしっかりチェックできます。
また、子ども向けのサイエンスショーを数多く行ってきた著者ならではのトークは、きっと「パパの理科実験ショー」を盛り上げるためのヒントにもなるはずです。

さあ、あなたも家庭で「パパの理科実験ショー」をはじめてみませんか?

パパの理科実験ショー─DVDブック 今日の遊びはこれに決まり!


著●飛田賀光
定価●1,600円+税
ISBN978-4-7808-0152-1 C0076
A5判 / 128ページ /並製
[2010年08月12日刊行]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
パパの理科実験ショー─DVDブック 今日の遊びはこれに決まり!

2010-08-12 21:21 [ポット出版]

『お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!』紙版&電子版を発売しました

2010年8月12日、『お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!』の紙版と電子版を発売しました。

親父、1965年東京大学入学後、東大駒場で三派全学連系の活動家となる。
1968年1月、佐世保エンプラ寄港反対闘争で、1968年3月、王子野戦病院反対闘争で逮捕・起訴される。
その後、ノンセクトとして駒場共闘会議のリーダーとなり、東大全共闘に参加。
1969年6月、東京大学中退。

1960年代後半。二十歳そこそこだった親父は何を見て、何を読み、何を考えていたのか。

親父とサシで話したこと、ある?

息子──では、文学青年がなぜそんな学生運動に突っ込んでしまったのか。
親父──それは、やっぱり時代としか言いようがないんだよ。

※本書は、ウェブサイト「Eastedge1946」で公開されている同名の原稿を元に、再構成、加筆修正を施し書籍化したものです。

お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!


著●加納明弘、加納建太
定価●1,800円+税
ISBN978-4-7808-0151-4 C0095
四六判 / 256ページ /並製
[2010年08月12日刊行]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!

【電子書籍版】お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!


著●加納明弘、加納建太
希望小売価格●950円+税
ISBN978-4-7808-5024-6 C0095
[2010年8月12日刊行]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
【電子書籍版】お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!

2010-08-12 21:15 [ポット出版]

2010-08-10

NHK番組「週刊ブックレビュー」で『二人で生きる技術─幸せになるためのパートナーシップ』が紹介されます

NHK BS2、BShiで放送されている番組『週刊ブックレビュー』で、弊社が2009年10月に刊行した書籍『二人で生きる技術─幸せになるためのパートナーシップ』(著・大塚隆史)が、「おすすめの一冊」のコーナーで紹介されます。
紹介者は、俳優の篠井英介さんです。

【放送予定日時】
【BS2】 2010年8月28日(土)午前8時30分〜午前9時24分
【BShi】2010年8月29日(日)午前10時00分〜午前10時54分
【BShi】2010年8月30日(月)午前0時15分〜1時9分(日曜・深夜)【休止・追記8/17】
【BS2】 2010年8月31日(火)午前9時00分〜9時54分(この回のみ、変更の可能性があります)

司会 藤沢周・守本奈実
出演・書評 野崎歓・豊崎由美・篠井英介
特集 中島京子、直木賞受賞作「小さいおうち」を語る

二人で生きる技術─幸せになるためのパートナーシップ


著●大塚隆史
定価●2,200円+税
ISBN978-4-7808-0135-4 C0095
四六判 / 280ページ /並製
[2009年10月刊行]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
二人で生きる技術─幸せになるためのパートナーシップ

2010-08-10 18:24 [高橋 大輔]

2010-08-09

電子「雑誌」フォーマットの可能性─公開インタビュー見学者募集のお知らせ

深沢英次さん(元「WIRED」日本版のテクニカルディレクター兼副編集長)に
談話室沢辺」掲載のためのインタビューを行います。

このインタビューに質問権つきの見学者を10名募集(見学料=1000円)します。
希望の方は下記フォームから申し込みください。
定員のため、締め切りました。申し込みありがとうございました。

また当日Ustreamでの中継も行います。

日時●2010年8月26日(木曜日) 18時45分開場/19時開始 21時終了予定
場所●ポット出版会議室[地図
見学料●1000円
見学申込●こちらのフォームからお申込みください定員のため、締め切りました。申し込みありがとうございました。
終了後●近所で飲み会をしようとおもっています(当日発表します)
中継●Ustreamでの中継を予定しています。ご視聴はこちら
主な問題意識と内容●↓

電子「雑誌」フォーマットの可能性

制作者側からみた電子書籍は、タグ付きテキストを基本とした電子書籍と、
デザインが保持された電子雑誌と、整理されて議論されるべきなんじゃないかと思ってます。
(読者からみたらほとんど意味ない議論ですけど)

で、今のところ、
・WIREDのように動画や3Dなどに注力したもの
・マガストアのようにPDFみたいのを使ったもの
のようなものがあると思うのですが、どちらも「画像」。

電子化する以上、検索やら、切り抜き持っていられるとか、
カットアンドペーストでTwitter に貼付けるとか、
障害者などにむけた読み上げ可能にするなどを、
実現したいもんだ、とおもうのです。

いや、割り切って画像でデザインを生かす、というのも、一つの道かもしれないけれど。

そこらへんの現状、それからHTML5を始めとした以降の可能性。
そして、今の雑誌編集現場からみたそれらのワークフローの見通しを
深沢さんにうかがいます。

2010-08-09 18:26 [ポット出版]

2010-08-05

第9期人間学アカデミー開講のお知らせ

人間学アカデミー事務局より、第9期のご案内です。
来る2010年9月11日より、人間学アカデミー第9期を開講いたします。

会場として使用しているPHP研究所東京本部の移転に伴い、1年間お休みをいただ
き、受講生の皆様にはご迷惑をおかけいたしました。会場についてはPHP研究所
の移転先を引き続きお借りできることが決まりました。前よりも駅に近くなり、
便利になります。

復活となる今期は、東谷暁先生、竹内洋先生、櫻田淳先生、西野喜一先生、武田
邦彦先生という各界で活躍される5名の先生をお招きします。

たくさんの皆様の参加をお待ちしておりますので、奮ってお申し込みください。
受講を希望される方は、お早めのお申し込みをお願いいたします。
講義の詳細、料金、申し込み方法は、下記をご参照ください。

第9期人間学アカデミー詳細・要項

●テーマ
現代日本という難問
http://www.ningengaku.net/lecture/no9.html

●日程
2010年9月11日〜2011年6月25日
各講義15:00〜17:30
※シンポジウムのみ14:00〜18:00

■政策は経済を支えられるか
東谷暁講師
(1) 2010/09/11 (2) 09/25 (3) 10/02

■高度大衆社会から下流大衆社会へ
竹内洋講師
(1) 2010/10/16 (2) 10/23 (3) 11/06

■安全保障の現在と展望
櫻田淳講師
(1) 2010/11/27 (2) 12/04 (3) 12/11

■司法制度のあるべき姿
西野喜一講師
(1) 2011/01/29 (2) 02/19 (3) 03/05

■環境問題を根底から科学する
武田邦彦講師
(1) 2011/05/14 (2) 05/28 (3) 06/11

■人間学シンポジウム「テーマ未定」
パネリスト未定 ※決定次第告知いたします。
2011/6/25

●会場
PHP研究所・東京本部2Fホール
http://www.ningengaku.net/accessmap
(地下鉄半蔵門線半蔵門駅下車 5番出口より徒歩1分)

東京都千代田区一番町21 一番町東急ビル
※PHP研究所は移転しました。ご注意ください。

●講義料金
■全講義一括受講/32,000円(5名、全15回分+シンポジウム)
★第1期〜8期受講の方は割引が適用されます。
一括受講2度目/30,000円
一括受講3度目/28,000円

■講師3名選択受講/20,000円(3名、全9回分)

■講師別受講/8,000円
※複数講師の受講も可能です。人数に応じて一番安い料金が適用されます。

■人間学シンポジウム・2011/3,000円

●定員
◎50〜60名程度
※シンポジウムのみ100名程度

●懇親会
各講師の最終講義終了後、講師を囲んだ懇親会を予定しています。
都合により講師が参加できない場合もあります。
詳細は当日会場でお知らせします(参加費は別途)。

お申し込みについて

●お申し込みは人間学アカデミーウェブサイトからが便利です!
http://www.ningengaku.net/moushikomi
→申込みフォームに必要事項を明記し送信してください

●Eメールでのお申し込みも受け付けています!
mailto:kouza@ningengaku.net
→下記必要事項を明記の上、送信してください

●電話、ファックス、郵便でのお申し込みも受け付けています!
→下記必要事項をお伝えください

====お申込み必要事項====
▼お名前
▼〒・住所
▼電話番号
▼ファックス番号(お持ちであれば)
▼電子メールアドレス(お持ちであれば)
▼受講希望講座(希望する講座をお伝えください)

*その他詳細、最新情報は人間学アカデミーホームページをご覧ください。
http://www.ningengaku.net/

——————————————————–
お問い合わせ●人間学アカデミー事務局

http://www.ningengaku.net/

mailto:kouza@ningengaku.net
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-33-18#303[ポット出版内]
Tel:03-3478-1774 Fax:03-3402-5558
担当/尹(ユン)
——————————————————–

2010-08-05 23:33 [ポット出版]

2010-08-02

田亀源五郎個展「WORKS」&トークイベント開催のお知らせ

『君よ知るや南の獄』、『田亀源五郎【禁断】作品集』の著者、『日本のゲイ・エロティック・アート』の編者である田亀源五郎さんの個展が、8月9日(月)〜8月21日(土)まで、銀座・ヴァニラ画廊で開催されます。
8月14日(土)にはAVライターの雨宮まみさんと小社社長沢辺の出演する特別トークイベントを行ないます。ぜひお越しください!

田亀源五郎個展「WORKS」

KotenDMa.jpg

己の感じる男のエロティシズム、フェティシズム、サドマゾヒズムをテーマに、20年以上活躍してきたゲイ作家・田亀源五郎による、日本国内では初となる本格個展。初期作品から最新作まで一挙に展示。既に海外からも高い評価を受けている、パワフルなゲイ・エロスの世界をお愉しみください。

【日程】

2010年8月9日(月)〜8月21日(土)
【入場料】
500円・お土産(今回の個展用に制作したオリジナルのエクス・リブリス[Ex Libris 蔵書票]になります)付き

【会場】

ヴァニラ画廊
104-0061 東京都中央区銀座6-10-10 第二蒲田ビル4階
電話/03-5568-1233
Website: http://www.vanilla-gallery.com/
Email: info@vanilla-gallery.com

【営業時間】

12:00〜19:00(平日)
12:00〜17:00(土・祝日)
日曜のみ定休

【特別トークイベント】

8月14日(土)17:00〜
入場料1,500円
「ゲイアートシーンの現在と未来」×「男と男のエロス」
ゲスト/AVライター 雨宮まみ・ポット出版社長 沢辺均

【田亀源五郎プロフィール】

1964年生まれ。多摩美術大学在学中、ゲイ雑誌や耽美雑誌に別名義による作品を発表しつつ、卒業後の1986年にゲイ雑誌「さぶ」で本格デビュー。以降アート・ディレクターをしながら、マンガ、イラストレーション、小説等を発表、1994年からは専業作家となる。マンガ単行本多数。アーティストとしても、主に海外で個展や企画展などの開催多数。また、過去の日本のゲイ・アートの研究にも取り組んでおり、編纂画集の出版や企画展なども開催。

Website: http://www.tagame.org

【ポット出版・田亀源五郎の本】

・『君よ知るや南の獄 上
・『君よ知るや南の獄 下
・『田亀源五郎【禁断】作品集
・『日本のゲイ・エロティック・アートVol.1─ゲイ雑誌創生期の作家たち
・『日本のゲイ・エロティック・アートVol.2─ゲイのファンタジーの時代的変遷

2010-08-02 21:32 [ポット出版]

2010-07-27

『パパの理科実験ショー─DVDブック 今日の遊びはこれに決まり! 』の予約を開始しました

2010年8月12日刊行予定の近刊『パパの理科実験ショー─DVDブック 今日の遊びはこれに決まり! 』の予約受付を開始しました。

子どもと遊びたいけど、「何をしていいかわからない」「あまりお金をかけたくない」と思っているお父さんたちへ。
このDVDブックでは、そんな悩みを解消する、親子で遊べる楽しい理科実験をイラストと実演DVDで紹介しています。

収録している実験は「シャボン玉」「水」「塩水」「砂糖」といった、家庭にある材料で楽しめるものばかり。

本では、実験の手順のほか、お父さんの虎の巻ともなる科学的な解説も紹介しています。

DVDでは、著者・飛田賀光と子どもたちが実験を実演。
「シャボン玉を作るときの手つき」など、本だけではわかりにくいポイントも、動画だからしっかりチェックできます。
また、子ども向けのサイエンスショーを数多く行ってきた著者ならではのトークは、きっと「パパの理科実験ショー」を盛り上げるためのヒントにもなるはずです。

さあ、あなたも家庭で「パパの理科実験ショー」をはじめてみませんか?

パパの理科実験ショー─DVDブック 今日の遊びはこれに決まり!

ご予約希望の方は本が出来次第、送料無料でお送りします(代引の場合は代引手数料300円[代金1万円以下]のみご負担いただきます)。

本のタイトル/冊数/お名前/郵便番号/住所/電話番号/メールアドレス/お支払い方法(郵便振替または代引がご利用できます)をお書きのうえ、こちらへメールをお送りください。折り返しご確認のメールを差しあげます。

また、Amazonでもご予約を受付中です。
『パパの理科実験ショー─DVDブック 今日の遊びはこれに決まり! 』をAmazonで予約する

パパの理科実験ショー─DVDブック 今日の遊びはこれに決まり!


著●飛田賀光
定価●1,600円+税
ISBN978-4-7808-0152-1 C0076
A5判 / 128ページ /並製
[2010年08月12日刊行予定]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
パパの理科実験ショー─DVDブック 今日の遊びはこれに決まり!

2010-07-27 12:27 [ポット出版]

2010-07-26

『お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!』の予約を開始しました

2010年8月12日刊行予定の近刊『お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!』の予約受付を開始しました。

親父、1965年東京大学入学後、東大駒場で三派全学連系の活動家となる。
1968年1月、佐世保エンプラ寄港反対闘争で、1968年3月、王子野戦病院反対闘争で逮捕・起訴される。
その後、ノンセクトとして駒場共闘会議のリーダーとなり、東大全共闘に参加。
1969年6月、東京大学中退。

1960年代後半。二十歳そこそこだった親父は何を見て、何を読み、何を考えていたのか。

親父とサシで話したこと、ある?

息子──では、文学青年がなぜそんな学生運動に突っ込んでしまったのか。
親父──それは、やっぱり時代としか言いようがないんだよ。

※本書は、ウェブサイト「Eastedge1946」で公開されている同名の原稿を元に、再構成、加筆修正を施し書籍化したものです。

お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!

ご予約希望の方は本が出来次第、送料無料でお送りします(代引の場合は代引手数料300円[代金1万円以下]のみご負担いただきます)。

本のタイトル/冊数/お名前/郵便番号/住所/電話番号/メールアドレス/お支払い方法(郵便振替または代引がご利用できます)をお書きのうえ、こちらへメールをお送りください。折り返しご確認のメールを差しあげます。

また、Amazonでもご予約を受付中です。
『お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!』をAmazonで予約する

お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!


著●加納明弘、加納建太
定価●1,800円+税
ISBN978-4-7808-0151-4 C0095
四六判 / 256ページ /並製
[2010年08月12日刊行予定]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
お前の1960年代を、死ぬ前にしゃべっとけ!─肺がんで死にかけている団塊元東大全共闘頑固親父を団塊ジュニア・ハゲタカファンド勤務の息子がとことん聞き倒す!

2010-07-26 15:32 [ポット出版]

2010-07-14

『電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア』を発売しました

ポット出版は2010年7月10日に『電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア』を発売しました。

本書には、大きく分けて以下の5本のテキストが収録されています。

Ⅰ─「2010年代の『出版』を考える」
IT企業の経営者であり、アルファブロガーとしても知られる橋本大也、文芸評論家、フリー編集者として電子書籍を追い続けてきた仲俣暁生と、早くから出版活動のネット展開を手がけてきた版元ドットコム組合員である高島利行、沢辺均の4人が語る、「電子書籍の可能性」「書き手、出版社はどう変わるか?」。

Ⅱ─「電子出版時代の編集者」
2009年10月に、アルファブロガー・小飼弾との著書『弾言』と『決弾』のiPhoneアプリ版を製作し、自らの会社から発売したフリーライター/編集者の山路達也に訊く、書籍の執筆・編集から電子書籍の製作、そして発売後のフォローアップまで、多様化する編集者/コンテンツ製作者の「仕事」。

Ⅲ─「20年後の出版をどう定義するか」
電子書籍の権利やフォーマット、教育現場での使用に詳しい東京電機大学出版局の植村八潮に訊く、「書籍が電子化される」ということの根源的な意味、「本であること」と「紙であること」はどう違い、どう結びついているのか?

Ⅳ─「出版業界の現状をどう見るか」
出版、そしてメディア産業全体の動向を20年間追い続けている「文化通信」編集長・星野渉が解説する、出版業界の現状と、急激な変化の要因。

Ⅴ─「編集者とデザイナーのためのXML勉強会」
元「ワイアード日本版」のテクニカルディレクター兼副編集長を務めた深沢英次による、タグつきテキスト、XMLの「基本構造」を理解するための解説。

◎『電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア』は全国の書店、オンライン書店でご購入いただけます。
Amazonで購入する

◎『電子書籍と出版』は、電子書籍版もあります。
電子書籍版『電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア』は電子書籍販売サイト「理想書店」でご購入いただけます。
iPad, iPhone, PCで読めます。 

電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア


著●高島利行, 仲俣暁生, 橋本大也, 山路達也, 植村八潮, 星野 渉, 深沢英次, 沢辺 均
定価●1,600円+税
ISBN978-4-7808-0149-1 C0000
B6判 / 208ページ /並製
[2010年07月10日刊行]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア

【電子書籍版】電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア


著●高島利行, 仲俣暁生, 橋本大也, 山路達也, 植村八潮, 星野 渉, 深沢英次, 沢辺 均
希望小売価格●950円+税
ISBN978-4-7808-5023-9 C0000
[2010年07月8日刊行]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
【電子書籍版】電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア

2010-07-14 12:15 [ポット出版]

2010-07-09

電子書籍版『電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア』発売しました

ポット出版は2010年7月8日に電子書籍版『電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア』を発売しました。iPad, iPhone, PCで読めます。
電子書籍販売サイト「理想書店」でご購入いただけます。

本書には、大きく分けて以下の5本のテキストが収録されています。

Ⅰ─「2010年代の『出版』を考える」
IT企業の経営者であり、アルファブロガーとしても知られる橋本大也、文芸評論家、フリー編集者として電子書籍を追い続けてきた仲俣暁生と、早くから出版活動のネット展開を手がけてきた版元ドットコム組合員である高島利行、沢辺均の4人が語る、「電子書籍の可能性」「書き手、出版社はどう変わるか?」。

Ⅱ─「電子出版時代の編集者」
2009年10月に、アルファブロガー・小飼弾との著書『弾言』と『決弾』のiPhoneアプリ版を製作し、自らの会社から発売したフリーライター/編集者の山路達也に訊く、書籍の執筆・編集から電子書籍の製作、そして発売後のフォローアップまで、多様化する編集者/コンテンツ製作者の「仕事」。

Ⅲ─「20年後の出版をどう定義するか」
電子書籍の権利やフォーマット、教育現場での使用に詳しい東京電機大学出版局の植村八潮に訊く、「書籍が電子化される」ということの根源的な意味、「本であること」と「紙であること」はどう違い、どう結びついているのか?

Ⅳ─「出版業界の現状をどう見るか」
出版、そしてメディア産業全体の動向を20年間追い続けている「文化通信」編集長・星野渉が解説する、出版業界の現状と、急激な変化の要因。

Ⅴ─「編集者とデザイナーのためのXML勉強会」
元「ワイアード日本版」のテクニカルディレクター兼副編集長を務めた深沢英次による、タグつきテキスト、XMLの「基本構造」を理解するための解説。

【電子書籍版】電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア


著●高島利行, 仲俣暁生, 橋本大也, 山路達也, 植村八潮, 星野 渉, 深沢英次, 沢辺 均
希望小売価格●950円+税
ISBN978-4-7808-5023-9 C0000
[2010年07月8日刊行]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
【電子書籍版】電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア

2010-07-09 10:20 [ポット出版]

2010-07-07

2010年7月8日(木)〜11日(日)開催●東京国際ブックフェアに参加します

2010年7月8日(木)〜7月11日(日)に開催される、日本最大の本の展示会「第17回 東京国際ブックフェア(TIBF)」。ポット出版は、今年も「版元ドットコム」ブースで共同出展します。

東京国際ブックフェア(TIBF)2010特設コーナー

TIBF開催期間中、「版元ドットコム」ブースではさまざまなイベントを開催します。
ポット出版は、親子向けの理科実験ショーを開催。
テーマは「重さ」と「体積」。普段はあまり意識することのない、このふたつの不思議を感じられる理科実験がいっぱいです。
お子さんはもちろん、保護者のかたも楽しめること間違いなし!
夏休み前、お子さんと一緒に参加すれば自由研究のヒントが見つかるかもしれません。
ぜひお越しください。

『パパの理科実験ショー in TIBF』

●日時……2010年7月10日(土)12時〜13時
●場所……東京ビックサイト 西1ホール内
 版元ドットコム有限責任事業組合ブース(4-18)
  ・版元ドットコム 東京国際ブックフェア(TIBF)2010特設コーナー
●イベント参加費……無料
 ※東京国際ブックフェアへの入場料は1200円です。
  ただし、展示会招待券をお持ちの方は無料で入場可能です
  ・第17回 東京国際ブックフェア
 ※展示会招待券は、東京国際ブックフェア公式ホームページにて無料申し込み可能です
 ※イベント参加の事前予約は不要です

●内容
「ヘリが飛ぶと地球は軽くなる? 〜重さの不思議〜」
ヘリコプターのラジコンを箱の中で飛ばすと、箱の重さは変わるのか!?
その答えは意外や意外……。

「『1+1=2』にならない? 〜液体の不思議〜」
水500mlとアルコール500mlを足しても、1000mlにはならない!
液体は、常に「1+1=2」にはならないから。
この不思議を「発泡スチロール」と「あずき」で解明する!

●講演者プロフィール
飛田賀光(とびた・よしみつ)
茨城県日立市の職員。1990年から6年間、日立シビックセンター科学館でサイエンスショーなどの企画・運営を担当。以後もプライベートでサイエンスショーを行うなど、科学の普及活動に取り組んでいる。過去8回、NHK教育テレビに出演。「サイエンスレンジャー」「おもしろ理科先生」「理科大好きボランティア」登録。2010年8月中旬、著作のDVDブック『今日の遊びはこれに決まり! パパの理科実験ショー』をポット出版より発売予定。

電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア

2010年7月10日(土)発行の『電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア』を、8日(木)から会場で販売いたします。
電子書籍販売サイト「理想書店」から発売する電子書籍版『電子書籍と出版』も、8日(木)から発売する予定です。


著●高島利行, 仲俣暁生, 橋本大也, 山路達也, 植村八潮, 星野 渉, 深沢英次, 沢辺 均
定価●1,600円+税
ISBN978-4-7808-0149-1 C0000
B6判 / 208ページ /並製
[2010年07月10日刊行予定]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア

2010-07-07 12:16 [ポット出版]

ポット出版図書目録2010出来ました●ご希望の方はお名前・ご住所を books@pot.co.jp まで

ポット出版図書目録2010』が出来ました。ご希望の方には無料でお送りします。お送り先のお名前、ご住所、「目録希望」とお書き添えの上、 books@pot.co.jp までご連絡下さい。

ポット出版図書目録2010


編●ポット出版編集部
頒価●0円
ISBN978-4-7808-0150-7 C0000
四六判 / 64ページ /並製
[2010年07月10日刊行]

◎1989年〜2010年7月10日までに刊行した143点+電子書籍22点の書誌情報を収録。
◎シリーズ別、書名、著者名、刊行順の索引付。

目次

思想/評論
社会/ノンフィクション
出版/メディア
図書館
ず・ぼん
性/風俗/セクシュアリティ
ゲイ/レズビアン
カーミラ
クィア・ジャパン・リターンズ
芸術
コミック
絵本
小説
音楽・映画・演芸
岩松了の脚本・エッセイ
電子書籍

シリーズ別索引
書名索引
著者名索引
刊行順索引

Webのご案内

2010-07-07 11:57 [ポット出版]

2010-06-23

イベントレポート●『庄野真代、支えあう社会を奏でたい─国境なき楽団からはじまった挑戦』刊行記念トーク&サイン会「庄野真代、55歳 自分らしく生きるために」@兵庫・大阪

2010年6月19日(金)に兵庫のジュンク堂書店・三宮店、20日(土)に大阪のジュンク堂書店・難波店リブロイオンモール鶴見店にて『庄野真代、支えあう社会を奏でたい─国境なき楽団からはじまった挑戦』刊行記念トーク&サイン会「庄野真代、55歳 自分らしく生きるために」を開催しました。

ジュンク堂書店三宮店
まずは19日(金)ジュンク堂書店三宮店。会場は店の上にある会議室ということで、講義のような趣に。

ジュンク堂書店難波店
続いて20日(土)ジュンク堂書店難波店。エスカレーター横のスペースで。
トークを見かけて途中から席に着かれる方もいました。

リブロイオンモール鶴見店
最後はリブロイオンモール鶴見店。イオンモールのフードコートにある立派なステージで。

サイン会
各所でサイン会も。写真はジュンク堂書店三宮店。

庄野さんはタイトなスケジュールの中、疲れも見せずに3会場で立ったまま、
語りかけるようにお話されていました。ありがとうございました。

最後にお集まりいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

庄野真代、支えあう社会を奏でたい─国境なき楽団からはじまった挑戦


著●庄野真代
定価●952円+税
ISBN978-4-7808-0146-0 C0036
四六判 / 136ページ /並製
[2010年06月刊行]

内容紹介や目次など、詳細はこちらをご覧ください。

2010-06-23 14:41 [ポット出版]

『電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア』の予約を開始しました

2010年7月10日刊行予定の近刊『電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア』の予約受付を開始しました。

電子書籍の登場により、出版をめぐる状況はどう変わるのか?
さまざまな分野でその変化の最前線に立つ人びとに、「いま」を訊きました。

本書には、大きく分けて以下の5本のテキストが収録されています。

Ⅰ─「2010年代の『出版』を考える」
IT企業の経営者であり、アルファブロガーとしても知られる橋本大也、文芸評論家、フリー編集者として電子書籍を追い続けてきた仲俣暁生と、早くから出版活動のネット展開を手がけてきた版元ドットコム組合員である高島利行、沢辺均の4人が語る、「電子書籍の可能性」「書き手、出版社はどう変わるか?」。

Ⅱ─「電子出版時代の編集者」
2009年10月に、アルファブロガー・小飼弾との著書『弾言』と『決弾』のiPhoneアプリ版を製作し、自らの会社から発売したフリーライター/編集者の山路達也に訊く、書籍の執筆・編集から電子書籍の製作、そして発売後のフォローアップまで、多様化する編集者/コンテンツ製作者の「仕事」。

Ⅲ─「20年後の出版をどう定義するか」
電子書籍の権利やフォーマット、教育現場での使用に詳しい東京電機大学出版局の植村八潮に訊く、「書籍が電子化される」ということの根源的な意味、「本であること」と「紙であること」はどう違い、どう結びついているのか?

Ⅳ─「出版業界の現状をどう見るか」
出版、そしてメディア産業全体の動向を20年間追い続けている「文化通信」編集長・星野渉が解説する、出版業界の現状と、急激な変化の要因。

Ⅴ─「編集者とデザイナーのためのXML勉強会」
元「ワイアード日本版」のテクニカルディレクター兼副編集長を務めた深沢英次による、タグつきテキスト、XMLの「基本構造」を理解するための解説。

目次など、詳細は以下をご覧ください。

電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア

ご予約希望の方は本が出来次第、送料無料でお送りします(代引の場合は代引手数料300円[代金1万円以下]のみご負担いただきます)。

本のタイトル/冊数/お名前/郵便番号/住所/電話番号/メールアドレス/お支払い方法(郵便振替または代引がご利用できます)をお書きのうえ、こちらへメールをお送りください。折り返しご確認のメールを差しあげます。

また、Amazonでもご予約を受付中です。
『電子書籍と出版』をAmazonで予約する

電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア


著●高島利行, 仲俣暁生, 橋本大也, 山路達也, 植村八潮, 星野 渉, 深沢英次, 沢辺 均
定価●1,600円+税
ISBN978-4-7808-0149-1 C0000
B6判 / 208ページ /並製
[2010年07月10日刊行予定]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
電子書籍と出版─デジタル/ネットワーク化するメディア

2010-06-23 11:55 [ポット出版]

2010-06-21

新連載●哲学者・石川輝吉の、ちょっと「ぐずぐず」した感じ

マガジンポットのコーナーで、新連載“哲学者・石川輝吉の、ちょっと「ぐずぐず」した感じ”をスタートしました。
「社会に出る」という、人生で一番大きな壁にぶつかる頃、若者はなにを考えているのか? そこで哲学は「使える」ものになれるのか?
生の声と哲学とのあいだで、ちょっと「ぐずぐず」しながら考えていきます。

哲学者・石川輝吉の、ちょっと「ぐずぐず」した感じ
序文
第1回 違う世界にいる人は、苦手──佐々木憂佳さん(24歳・女性・勤務歴2年)

「談話室沢辺」での石川輝吉さんへのインタビューはこちら。
「談話室沢辺 ゲスト:石川輝吉 若き哲学者が考える、今を生きるための「哲学」とは」

2010-06-21 21:21 [ポット出版]