PDF版 図書館とメディアの本 【電子書籍版】ず・ぼん17-8 図書館員の役割は終わったか?

発行:ポット出版
堀 渡 座談会, 手嶋 孝典 座談会, 真々田 忠夫 座談会, 沢辺 均 座談会
定価:190円 + 税
ISBN978-4-7808-5071-0 C0000
電子書籍
[2011年11月刊行]

ブックデザイン 山田信也
書籍のご購入は右側から ⇒


これは『ず・ぼん』17号の有料メルマガの2011年11月配信号です。
本記事はVoyger Storeにて200円でお買い求めいただけます。

●紙版『ず・ぼん』17号を刊行しました。→ず・ぼん17

●現在、『ず・ぼん』18号有料メルマガの購読者を募集中です。
『ず・ぼん』18号有料メルマガ購読者募集中!(ポット出版ウェブサイト)
お申し込みいただいた方には、『ず・ぼん』18号(紙版)を無料でお届けします。

●配信は終了しましたが、17号有料メルマガも引き続きお申込みいただけます。
配信したすべての記事と、紙版の17号の両方を2,000円でお届けします。
『ず・ぼん』17号有料メルマガ購読のお申し込み

内容紹介

「ず・ぼん」の創刊の動機はなんだったのか?
話題は、論争の場としての雑誌の役割から図書館そのものの役割へ。
建設的な議論をするためには、現状を知るためのデータが必要だが、図書館界には、そのデータがない?
これからの図書館を考える土台はどうやってつくっていけるのか。
(この座談会は2011年11月2日に収録しました)

目次

P1~P14◎ず・ぼん編集委員座談会
図書館員の役割は終わったか?
P15◎奥付
p16-18◎ず・ぼん広告

担当から一言

PDFファイルでお送りしますが、購読者のみなさまが読みやすい/使いやすい形式でお送りしたいと考えています。
今後の送付形式について、ぜひご意見・ご要望をお寄せください。

●PDFファイルの読み方

◯PCで読む場合
「Adobe Reader」(無料)などのビューワーソフトが必要です。

Adobe Reader(無料)

「Adobe Reader」では右綴じ・見開き表示もできます。
「表示」メニューから「ページ表示」→「見開きページ表示」を選択してください。


◯iPadで読む場合
このPDFは、iPadで読むことに最適化したサイズで作成しています。
ビューワーソフトは、右綴じのページめくりに対応している「i文庫HD」(有料)をおすすめします。

i文庫HD(有料)

PDFファイルを開いて、「方向」から「右開き」を選択してください。

「iBooks」(無料)など、その他のビューワーソフトでも読んでいただけます。
iBooksの場合は、ページめくりが逆方向になります。

iBooks(無料)

著者プロフィール

堀 渡(ホリ ワタル)

国分寺市立本多図書館館長。ず・ぼん編集委員。

手嶋 孝典(テジマ タカノリ)

町田市立さるびあ図書館。ず・ぼん編集委員。

真々田 忠夫(ママダ タダオ)

埼玉県立草加南高校図書館。ず・ぼん編集委員。

沢辺 均(サワベ キン)

ポット出版代表。ず・ぼん編集委員。


コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.