図書館とメディアの本 【電子書籍版】ず・ぼん17-3 HELP TOSHOKAN 日本図書館協会被災地図書館支援隊始動!

発行:ポット出版
西野 一夫 インタビュー

Warning: number_format() expects parameter 1 to be double, string given in /usr/local/share/wp/wp-content/themes/options/get_the_Bookdata.php on line 227
希望小売価格:円 + 税 (この商品は非再販商品です)
ISBN978-4-7808-5053-6 C0000
電子書籍
[2011年05月刊行]

書籍のご購入は右側から ⇒


これは『ず・ぼん』17号の有料メルマガの2011年5月配信号です。
本記事はBinB Storeにて無料でダウンロードできます。

●紙版『ず・ぼん』17号を刊行しました。→ず・ぼん17

●現在、『ず・ぼん』18号有料メルマガの購読者を募集中です。 『ず・ぼん』18号有料メルマガ購読者募集中!(ポット出版ウェブサイト) お申し込みいただいた方には、『ず・ぼん』18号(紙版)を無料でお届けします。

●配信は終了しましたが、17号有料メルマガも引き続きお申込みいただけます。配信したすべての記事と、紙版の17号の両方を2,000円でお届けします。 『ず・ぼん』17号有料メルマガ購読のお申し込み

内容紹介

2011年3月11日(金)、東日本大震災が発生。
東北地方太平洋沖での地震とそれに伴い発生した津波により、東日本の太平洋沿岸地域に甚大な被害をもたらした。
一帯の図書館も大きな被害を受け、また図書館関係者もたくさん亡くなった。
日本図書館協会は震災後早々に被災地支援計画を立ち上げ、実行にうつしている。
そのひとつが「Help Toshokan」。ボランティアによる支援隊を被災地に派遣するというものだ。
第一回目は、4月21日(木)~24日(日)の四日間。支援隊が、宮城県気仙沼市に赴いた。
どんな支援を行ない、現地の様子はどうだったのか。
第一回活動報告と合わせて、日本図書館協会の被災地支援についての計画と状況を聞いた。
(このインタビューは2011年4月28日に行ないました)

目次

P1~P33◎インタビュー・西野一夫(日本図書館協会常務理事)
P34~35◎編集後記─真々田忠夫
P36◎奥付

担当から一言

●PDFファイルの読み方

◯PCで読む場合
「Adobe Reader」(無料)などのビューワーソフトが必要です。

Adobe Reader(無料)

「Adobe Reader」では右綴じ・見開き表示もできます。
「表示」メニューから「ページ表示」→「見開きページ表示」を選択してください。


◯iPadで読む場合
このPDFは、iPadで読むことに最適化したサイズで作成しています。
ビューワーソフトは、右綴じのページめくりに対応している「i文庫HD」(有料)をおすすめします。

i文庫HD(有料)

PDFファイルを開いて、「方向」から「右開き」を選択してください。

「iBooks」(無料)など、その他のビューワーソフトでも読んでいただけます。
iBooksの場合は、ページめくりが逆方向になります。

iBooks(無料)

著者プロフィール

西野 一夫(ニシノ カズオ)

1946年生。横浜市立大学文理学部卒後、1972年川崎市役所入所。
1977年より図書館勤務、2007年定年退職。
現在、大学での非常勤講師をしつつ、日本図書館協会で常務理事としてボランティア活動を続けている。