PDF版 図書館とメディアの本 【電子書籍版】ず・ぼん17-5 BOOKSCANの現場を見る

発行:ポット出版
大木 佑輔 インタビュー, 中野 浩司 インタビュー
定価:190円 + 税
ISBN978-4-7808-5061-1 C0000
電子書籍
[2011年08月刊行]

ブックデザイン 山田信也
書籍のご購入は右側から ⇒


これは『ず・ぼん』17号の有料メルマガの2011年8月配信号です。
本記事はBinB Storeにて購入できます。

●紙版『ず・ぼん』17号を刊行しました。→ず・ぼん17

●現在、『ず・ぼん』18号有料メルマガの購読者を募集中です。 『ず・ぼん』18号有料メルマガ購読者募集中!(ポット出版ウェブサイト) お申し込みいただいた方には、『ず・ぼん』18号(紙版)を無料でお届けします。

●配信は終了しましたが、17号有料メルマガも引き続きお申込みいただけます。配信したすべての記事と、紙版の17号の両方を2,000円でお届けします。 『ず・ぼん』17号有料メルマガ購読のお申し込み

内容紹介

個人の依頼により、紙の書籍を断裁し、スキャナーで読み取って画像データにする自炊代行業者は、
2010年に話題になって以来急増し、いまでは100社を超える数が存在するとも言われている。
私的利用が目的とはいえ、利用者個人ではなく、業者が代行することで、著作権法に違反するのではないか、という問題が取りざたされており、2011年2月には、日本書籍協会が「業として請け負う」のは
法を「逸脱している」という見解を公表している。
そんな代行業者のひとつが2010年4月にスタートしたBOOKSCAN。
BOOKSCANは、著作権者に複製の許可を利用者が取るように求めている。
他の代行業者は、複製代行も私的利用の範囲という立場が多い。
客からどんな本が持ち込まれ、どれくらいの需要があるのか、実際のスキャニング行程はどんなふうに行なわれているのか、現場をインタビュー取材した。
(このインタビューは2011年7月19日に行ないました)

目次

P1~P27◎ブックスキャンの現場を見る
P25~27◎編集後記─小形亮
P28◎奥付
p29~30◎ず・ぼん広告

担当から一言

PDFファイルでお送りしますが、購読者のみなさまが読みやすい/使いやすい形式でお送りしたいと考えています。
今後の送付形式について、ぜひご意見・ご要望をお寄せください。

●PDFファイルの読み方

◯PCで読む場合
「Adobe Reader」(無料)などのビューワーソフトが必要です。

Adobe Reader(無料)

「Adobe Reader」では右綴じ・見開き表示もできます。
「表示」メニューから「ページ表示」→「見開きページ表示」を選択してください。


◯iPadで読む場合
このPDFは、iPadで読むことに最適化したサイズで作成しています。
ビューワーソフトは、右綴じのページめくりに対応している「i文庫HD」(有料)をおすすめします。

i文庫HD(有料)

PDFファイルを開いて、「方向」から「右開き」を選択してください。

「iBooks」(無料)など、その他のビューワーソフトでも読んでいただけます。
iBooksの場合は、ページめくりが逆方向になります。

iBooks(無料)

著者プロフィール

大木 佑輔(オオキ ユウスケ)

1982年、5月生まれ。
株式会社ブックスキャン取締役システム担当。
詳しいプロフィールは、以下を。
http://profile.yusukeooki.com

中野 浩司(ナカノ ヒロシ)

中野浩司(なかのひろし)
1974年3月29日生まれ。
早稲田大学卒。
株式会社ブックスキャン執行役員副社長/COO
zLibro, Inc.(米国)President
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(CTC)、楽天株式会社を経て、2011年5月より現職。


コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.