2011-08-12

スキ-人国記 オサトが笑う ●関東人はレジャ-指向 by 下関マグロ

ご無沙汰しております。
『昭和が終わる頃、僕たちはライターになった』担当の大田です。
前回の「とらばーゆ」の原稿に続いて、1985年頃のマグロさんの原稿を公開しちゃいます。
これは学研のスキー雑誌「ボブ・スキー」に書かれたもので、テーマは県民性について。このあたりは、いまでもまったく変わらないですね〜。
スキーなんてしたこともない駆け出しのライターだったトロさん&マグロさんが、いかにして「ボブ・スキー」で原稿を書くようになったのか、といったあたりは、ぜひ以下のあたりでチェックしてください。

スキーができないスキー雑誌のライター集団 [北尾トロ 第21回]
タダほど高いものはない。スキー合宿顛末記 [下関マグロ 第22回]
ラーメンとカレーを食べまくった初取材 [北尾トロ 第22回]
「北尾トロ」が誕生した瞬間!  [下関マグロ 第23回]
ライターの三種の神器がそろう![下関マグロ 第24回]

スキ-人国記 オサトが笑う●関東人はレジャ-指向

 スキ-場には全国各地の様々な地方から多くの人がやって来る。ゲ​レンデやレストハウスで周囲の人間を観察していると、その言葉(​方言)に代表される特性がよく出ていて面白い。この特性が県民性​であり、オサトなのだ。巷で人気のある血液型は、A,O,B,A​B型の4種類、星座でも12種類しかないのだから、47都道府県​もある県民性は、それらよりは正確だと言える。それは、生まれ育​った自然環境や歴史、風土などから生じる特性で、占いなどとは少​々異なるからだ。

 県民性としてまとめられたもので、最初のものは、江戸時代に作ら​れた「人国記」(作者不明)だと言われている。その後もこの類の研究書は多く書かれているのだが、狭い国土でありながらも、県民性の違いは顕著だからなのだろう。

 最近では、NHKが全国のネットワ-クを利用して作成した意識調査が有名である。

 そのなかから、関東にまつわるもので、おもしろいものをいくつか​紹介しよう。「生活費を切り詰めてでも、出来るかぎりお金を残し​たいと思うか」という質問に対して、「ハイ」と答えた人がもっと​も少なかったのが東京で、次に埼玉、神奈川、群馬の順だ。つまり​、関東地方の人々はせっせとお金を蓄るよりもレジャ-などに使っ​た方がいいと考えているわけだ。また、「世の中すべて金次第だと​思うか」という質問に対し、そうではないとする人は、神奈川、奈​良、東京、福岡、群馬の順で多い。ここでも関東人が1、3、5位​で、まさに関東人はレジャ-指向といえる。

 この調査のなかで、江戸っ子気質を感じさせるものもある。「本来​自分が主張すべきことがあっても、自分の立場が不利になるときは​黙っているか」の問いに「ノ-」と答えた人が多いのは、千葉、神​奈川、北海道、静岡、東京の順だ。関東人はレジャ-指向のみの軟​派ではなく、自己主張や正義感の強い人種のようだ。

 ひとくちに関東人といっても関東は広い。各地方によって特性も異​なる。

 しかし、首都圏だけは別に取り扱いたい。というのも、首都圏の大​半が全国各地方から来た人によって構成されて、その性格を特定で​きない部分があるからだ。そうなると、はっきりと県民性を言える​のは北関東ということになる。

 北関東の人は総じて言葉が乱暴だ​と言われる。初対面の北関東人とゲレンデで言葉を交すと、こちら​が怒られているような気になるが、これは悪意があるわけではない​。その代表選手と言えるのが、茨城県人。水戸には「水戸の三ぽい​」という言葉がある。怒りっぽい、理屈っぽい、骨っぽい性格だと​いう意味だ。全国の警察官の10分の1が茨城出身者だということからも分かるように、この地方の人は真面目で、律儀な人が多いのだ。

 北関東のなかでもユニ-クなのが、近年、福田、中曽根の両総理を輩出した群馬県だろう。「からっ風とカカア天下は上州名物」と言われ、有名になった群馬県の“カカア天下”だが、一般的には、女性上位とか男を尻に敷く女、というような意味にとられているようだがこれは​、誤解らしい。確かにスキ-場にやってくる群馬ナンバ-の車は女​性ドライバ-が多い。しかし、カカア天下の本当の意味は、上州の​男たちが他国の者へ「うちのカカアは天下一の働き者だ」と自慢し​たのが起源らしい。事実、群馬県の女性はよく働く。

 こんな群馬県の女たちの美人度はどうだろう。もともと水のきれい​なところには美人が多いという。群馬県は水の美しいところとして​も有名だが、そこのところを群馬県の男に尋ねると、「な-に、駄​目ですよ、その水を使わないんだもの」という答え。これも、群馬​県人の謙虚さの表れなのかは、定かではない。

 上州の土地は痩せていて、養蚕などの産業に頼らざるをえなかった​のだが、この労働力の担い手が女性たちだったというわけだ。だか​らといって、男たちが怠け者やだらしがないというわけではない。​国貞忠治を見ても分かるように、強気の男たちが多い。

この連載が単行本になりました

さまざまな加筆・修正に加えて、当時の写真・雑誌の誌面も掲載!
紙でも、電子でも、読むことができます。

昭和が終わる頃、僕たちはライターになった


著●北尾トロ、下関マグロ
定価●1,800円+税
ISBN978-4-7808-0159-0 C0095
四六判 / 320ページ /並製
[2011年04月14日刊行]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
昭和が終わる頃、僕たちはライターになった

【電子書籍版】昭和が終わる頃、僕たちはライターになった

電子書籍版『昭和が終わる頃、僕たちはライターになった』も、電子書籍販売サイト「Voyager Store」で発売予定です。


著●北尾トロ、下関マグロ
希望小売価格●950円+税
ISBN978-4-7808-5050-5 C0095
[2011年04月15日発売]

目次など、詳細は以下をご覧ください。
【電子書籍版】昭和が終わる頃、僕たちはライターになった

コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*