2011-10-05

市川房枝・霊言への違和感

昨年、参院選前に大川隆法・世界教師のもとに、市川房枝・元参院議員の霊が降りた。
市川氏が自分の死を認められない唯物論者として描かれ、北朝鮮は夢の国・理想の国だと
主張する。市川が左翼政治家と、大川隆法・国師はとらえているようだ。

市川房枝にある種の違和感を覚えるワタシは市川の霊言にも違和感を覚えた。

市川は戦前、大政翼賛会の言論統制機関である大日本言論報国会の理事を
発足から解体される5年間、務めた。それが故に戦後、彼女は公職追放された。
『世界最終戦争』で知られた石原莞爾に傾倒し、彼氏からの影響で
法華経の影響も受けた。戦前までならばまだ言い訳できよう。
しかし、彼女は敗戦以降も石原莞爾を礼賛し、全集が出版されたときには
推薦文を寄せた。右翼思想にも傾斜する一方で、議員としては革新陣営の
候補を応援もした。

大川隆法・主宰が降ろした霊のように、唯物論に凝り固まった、
北朝鮮礼賛主義者ではないのだ。むしろ、戦後も、朝鮮から
中国までの支配を狙った石原に魅せられていたのだ。

市川に違和感があるのは、彼女には

①「クリーンな政治」
②婦人有権者運動
③参院は良識の府

といった主張しか中身がないからだ。

「クリーンさ」は政治の目的ではなく、
「クリーンさ」を金科玉条にするのは
おかしいと思う。

ある保守言論人は市川を評して

「変節・転身の限りを尽く」した

と述べた。

保守を未だに魅了する天才的軍人・石原莞爾も
中川隆(『旧姓の法』)改め大川総裁には左翼に
うつるのだろう。

2011-09-24

立木秀学『幸福実現党』党首への手紙

立木秀学 様

前略
 党首に就かれて一年が経ち、党史上の在任記録を更新されていることに、心よりお慶び申し上げます。一週間も経ないうちに党首が交代するようなことが何度もあり、参院選2010を闘うために09年9月15日に党首に就いた木村智重氏が自身の経歴や実現党の政策をまとめた『幸福維新を起こさん』(幸福の科学出版)を10年3月25日に刊行した直後の翌月15日に突如、更迭されたりと、党首のすげ替え当たり前の御党で一年も続けられるとは、大したものだと感心しております。首相が任期1年で代わる日本が批判される中で、政権党を目指される御党が10日で党首交替、6日で党首交替するなどの行為は示唆的でした。幸福実現党・政権になったら、1週間以内で首相がクルクル替わって、世界を唖然・愕然・呆然とさせる状況が目に浮かびます。立木様が1年2ヶ月続いていらっしゃるということは、安定感が少しは出てきたのでしょうか?

どういった理由か分かりませんが、あなた様が9月23日23時58分にワタシのTwitterのフォロワーになられたことを、いささかの驚きを以て、小さからぬ慶びを以て、受けとめました。なぜならば、幸福の科学・広報部を通して幸福実現党の党首であるあなた様に取材を申し入れましたが、多忙を理由にお断りのご返事を賜りました。日頃、政党要件を満たさない政党である御党がメディアに不当に小さく扱われているとか、無視されているとか、メディアを厳しく指弾してきたあなた方から、よもや、インタビュー依頼を断られるとは!
御党は以前、大川隆法・名誉総裁による「新・日本国憲法 試案」が「チャンネル桜」で非難されたとき、批判した放送VTRの放映を注視せよ、そして、「お呼びでない」にも関わらず、「チャンネル桜」に「反論の機会が欲しい」と出演させよ…と申し入れ(チャンネル桜・水島総・代表)、後者の申し出は認められ、幹事長を初め貴党幹部4人が討論番組に出演されましたね。

 選挙も近いといわれていた、いわば“有事”の時期ですから、党幹部は「超多忙」であったに違いありますまい。にもかかわらず、4人の幹部が仰々しく出演された。立木さまが文字通りに忙殺されないか憂慮いたします。ちなみに、どの程度、お忙しいのか、過去2週間の公務スケジュールを公開していただけませんでしょうか?公職にいるのですから、国民に広く情報公開することを求めます。

 さて、ワタシは「ダイレクト・メッセージ」を通して、直接、立木様に「取材依頼」を申し入れましたが、まだご返答をいただいておりません。饗庭直道・初代党首が結党時、「『寛容』を重んずる宗教政党」と宣言した言葉(『Liberty』09年7月号)を想起し、態度でお示しくださいますようお願い申し上げます。
 昨年、参院選では当初は全地方選挙区に候補者を立てる予定でしたが、重点地区に絞りましたね。立候補する選挙区から外された地方を車で走っていると、畑に甲板を立て、木村前党首と予定候補者だった人のポスターがそこかしこに放置されたままで、公害そのものでした。
 御党が3.11を「神罰」「仏罰」と主張したのには驚かされました。至高“神”がこの国に下生し、“仏”陀が転生したのではなかったのでしょうか?自虐史観を実践させて見せたのかと思いました。
 立木党首がいつまでその地位にいるのか分かりませんが、これからも日本を明るくするような、時にはユーモアを、時には渇ならぬ喝を、振りまいてくださいませ。
草々

2011-09-23

『フライデー事件から20年 再び“カルト性”を見せる幸福の科学』

二ヶ月前にさる月刊誌で『フライデー事件から20年 再び“カルト性”を見せる幸福の科学』を読んだ。
いま読み返しながら、その卓見に感心させられた。最近、幸福の科学と付き合っていると、彼らが
1年前に比べて閉鎖性を強めていることが分かる。

パリのゲイ・パレードではフランス国民議会議員でセクト(カルト)担当の社会党の政調会長と
一緒に話しながら後進した。5年来の付き合いで、来年、お目にかかれたときには
幸福の科学の現状について、自分で接して感じたことも含めて、報告しようと思う。

2011-09-22

幸福実現党・政調会長がTwitterでの論戦を拒絶→ブロック

幸福実現党の黒川白雲・政調会長がワタシのTwitterのフォロワーとなったので、いくつか、同党の原発政策を批判する書き込みを続けた。無反応でいたが、当ブログで黒川氏にフォローされている旨、書いたところ、フォローをブロックするようになった。

批判的な意見には耳を塞ぐ閉鎖的な体質をよく現している。
フランス共和国でcomunautarisme(閉鎖的共同体主義)と非難されても仕方なかろう。

原子力推進政策で最後に同氏に次のように問いかけた。

「核廃棄物が無害化するには、大川隆法主宰先生(と古い言い方)『太陽の法』のガーナ文明の頃(※96万2000年前にあったとされるガーナ大陸で栄えた文明)にまで遡る時間が必要。ガーナ文明の如く未来は超能力を中心とした文明になり、核を無害化してしまうのかしら?至高神のみぞ、知る……か。」(※はブログで追加して書いたもの)

核廃棄物の無害化には約100万年を要する。100万年前はアウストラロピテクスの時代だ。
これから100万年も、それらを管理・維持しなければならない。
どうやって?
人類は50年間、ついぞその方法を見つけられずにいるのに(ノルウェーは400m地下に貯蔵施設を創って封印したが)、これから、発見できるというのか?それは科学万能主義で、原子力の研究・技術を過信する日本共産党と変わらないのでは……とも黒川白雲・政調会長には問いかけた。

政調会長がまったく応えられない幸福実現党が原発推進の先頭に立っている。

「理性と自己抑制に裏打ちされた対話」をする姿勢はないようだ。

ドイツ・フランス共同報道チャンネル『ARTE』(アルテ)が
幸福実現党の実態に迫ったドキュメンタリーは下記サイトで
観られる。

http://www.arte.tv/fr/2827396,CmC=2820312.html


ワタシが書いた論考『原発推進に独り奔走する幸福の科学の異常な姿勢』

さる月刊誌にワタシが執筆した
『原発推進に独り奔走する幸福の科学の異常な姿勢』には
少なからぬ反響があった。幸福の科学&幸福実現党の実態に迫る
記事が掲載されたのは、これで3回目。

編集長は編集後記で

「ところで福島第一原発の事故を受けて、国民の間には脱・原発の意識が高まっていますが、宗教法人・幸福の科学が、しきりに原発推進の旗を振っています。
 公益性を尊重される宗教法人が甚大な被害を招来する可能性の高い原発を推進することは驚き以外のなにものでもありません」

と書いている。

雑誌が発刊されてから、幸福実現党の政調会長がワタシのTwitterのフォロワーになった。
Twitterのカウントはesperanto2600。
ワタシもフォローしている。


2011-09-21

シラク前大統領に無罪を求刑

架空のパリ職員の給与を、自身の政党にまわしていた疑いで、起訴されたジャック=シラク前大統領に検察は無罪を求刑した。無罪判決になることは必至だ。

ドミニク=ドヴィルパン前首相の無罪判決につづく喜ばしい便りだ。

現職大統領にたてつけば、起訴されるという社会は真っ当ではない。


2011-09-20

フランスの原発報道

フランスの原子力関連施設で爆発が起こり、1名が死亡、5人が負傷と報じられたのは9.11のこと。
政府による安全宣言によって、翌日からは続報が消えた。ヨーロッパ=エコロジー&緑の党はいう。

フランスのメディアや政治は原子力ロビイストに支配されている、と。

報道管制がしかれているとしか思えませんなあ。

2011-09-18

プロテストソング『ダッ!ダッ!脱原発の歌』

時代変われば、歌変わる。

制服向上委員会(SKI)が8月15日にリリースした

制服向上委員会『ダッ!ダッ!脱・原発の歌』

は、これまでにはなかった感じのハキハキして明るいプロテスタントソングである。
いや、抵抗歌という枠を超えている。

15歳の福島の女子高生が東電幹部に涙目で

「子供が産めない体になるのではないかと不安」

と迫ったが、女子中高生から成るメンバーは、
この言葉に共鳴する感受性を持っている。

2011-09-17

DVD『二重被爆』 ~川流れ来る 人間筏~

ピカドンに 身体(からだ)焼かれし 傷の跡 老いて薄れて 今日広島忌
くろぐろと 数かぎりなき 佛たち 真夜立ち上がる 原爆図より

慟哭しながらこう詠んだ山口彊さんが亡くなられた、2010年1月4日に。93歳だった。

山口さんはヒロシマ&ナガサキで被爆した“二重被爆者”として知られ、山口さんの語りが中心に展開される記録映画『二重被爆』(2006年)のDVDがリリースされた。TSUTAYAなどで借りられる。また、山口彊さんの生涯を追った記録映画も今年、公開された(http://www.hibaku2.com/)。

1991年に広島原爆式典に参加したことがあるジェームズ=キャメロン監督は病床のみにあった山口さんと長崎で邂逅した。監督は原爆についての映画を製作する構想を山口さんに語った。

「あなたは選ばれたのだと思います。二度と核兵器を使ってはならないというメッセージを伝えるために」

と語りかけた監督に山口さんは

「I think so.」と応じて、
「わたしは責務を果たしました。」と声を振り絞ると、監督は山口さんの手を両手で強く握りしめた、しばらくの間。

山口さんは自費出版の歌集『人間筏』で

大広島 炎え轟きし 朝明けて 川流れ来る 人間筏
うち重なり 灼けて死にたる 人間の 脂滲みたる 土は乾かず

と詠んだ。

大きな声ではなく、静かにゆっくりと、詩心(うたごころ)を以て語り続けた山口さんの

「そのために生かされている感じがします。しかし、もういうことはいえたし、することはしたし、思い残すことはありません」

という言葉が、映画『二重被爆』の最後のメッセージである。

2011-09-16

フランスからセクト(カルト)指定される『幸福の科学』

初めて国民議会に提出された1995年のセクト(カルト宗教)に関する議会報告書で、セクトに認定されて以来、幸福の科学は報告書のリストに名を連ねる常連さんになっている。

10つあるセクトの構成要件で当てはまっていそうなのが

・法外な金銭要求
・大なり小なりの反社会的な言説
・裁判沙汰の多さ
・公権力へ浸透しようとする企て

である。

たとえば、大川隆法・総裁の御法話を衛星で拝聴するだけでも3000円のお布施義務がある。
●●祈願といった儀式などにいたっては●十万の単位するものもある。

立正佼成会と比較すると「法外な金銭要求」か分かりやすかろう。

同宗教の月会費は100円。これで各種式典に出られるし、
月刊誌1冊・週刊新聞1部、与えられる。

幸福の科学も各種値下げをしたら、ええんじゃないかと思う。

2011-09-15

ドヴィルパン前首相、第二審でも無罪判決

5月14日、パリ高等裁判所は クリアストリーム疑惑で訴追されたドミニク=ドヴィルパン前首相に対して無罪判決を言い渡し。無罪判決が出された。事件は同氏が内務相時代、偽情報を元にニコラ=サルコジ大統領を追い落とすため、捜査の指示を出したというもの。裁判所は検察の主張を退けた格好だ。
ドヴィルパン前首相は記者団に対して、
「政治的圧力に屈さなかった司法の独立を讃えたい」
と語った上で、
「今回の事件が、前回の大統領選挙(2007)の頃に主導されたことを忘れてはならない」
 と述べ、大統領候補の1人とも目された自分が狙われた可能性を示唆した。
  無罪判決を獲得し、大統領予備選2012に出馬できる環境が整ったため、ドヴィルパン前首相の周辺によれば、同氏は出馬への意志を「強くした」という。

———————————————
ニコラ=サルコジ内務相時代に発覚した疑惑。
2012年大統領選挙でもさまざまな陰謀が
出てくるのだろうか。

ニューヨークで強かん疑惑で逮捕されたものの、
起訴すらされなかったドミニク=ストロス=
カーン前IMF専務理事はフランス社会党の
有力大統領候補だった。

2011-09-09

アルツハイマーの問題に取り組む長男ロン=レーガンの闘い

在任中からアルツハイマーだったロナルド=レーガン大統領。
長男Ron Reaganが最近、父親がおかしかった旨を証言するようになった。

わたしはハンサムなロン=レーガンさんに
リスペクトを覚えている。

彼氏は2004年米国大統領選の折、民主党大会に
スピーカーとして登壇した。

「みなさんのうちで、わたしのラストネームに驚きを
 覚える人がいるかも知れません」

といって演説を始めた。

アルツハイマーの最新の研究について説明をして、
研究を遅らせようとする息子ブッシュ政権の背後にいる人たちに
“They should be asahmed of themselves”.
(あなた方は恥を知るべきだ)
と演説した。

キャスターの次男と違って、アルツハイマーの
患者・家族のために活動をするロン=レーガンさんの
ご健勝をお祈りします。

Ron Reagan@DNC 2004

東郷健さんに連絡するには……

問い合わせがありましたので、お答えいたします。

パリに発つ2日前だったかに東郷健さんに中野通りで偶然、10年ぷりにお目にかかりました。お酒をやめたせいか健康そうでしたが、耳がだいぶ、遠くなっていらっしゃいました。

連絡方法を尋ねましたら、
新宿郵便局「雑民の会」私書箱宛てに
送ってくれ、とのことでした。

以前、新宿郵便局・近くでも
偶然、遭遇したことがあります。

来日回数48回のジャック=シラク前大統領

来日回数48回、大統領に就く前年の1994年の夏期バカンスを1ヶ月、日本で過ごし、松尾芭蕉好きなので全国の「奥の細道」の史跡をまわったジャック=シラク前大統領。大の親日家で、江戸式相撲を知るほどの相撲ファン。大統領時代は優勝力士に「フランス共和国杯」を授与した(嫌日家のサルコジが廃止)。万葉集や縄文土器&弥生土器を愛し、収集して、自身の博物館に飾っているシラク前大統領。

最後に来日したのは2008年秋。

もう、日本に来られないと思うと、寂しい限りである。

ジャック=シラク前大統領、認知症が悪化

今年六月に600頁の回顧録を出したジャック=シラク前大統領(78)が認知症を患い、症状が急激に悪化していることが判明した。

同氏は首相時代(84-86年)に、シャルル=ドゴール空港で、物乞いをしてたベトナム難民の少女を養女に迎え、社会人になるまで、我が子同様に、育てた。

彼女が2月にシラク氏に面会したとき、同氏は彼女が誰だか分からなかったと養女はそのときの衝撃を発言している。

シラク氏の認知症が判明したのは家族によれば一年ほど前で、急激に悪化していったという。

市長時代からの側近だったアラン=ジュペ外務相は

「元気だった人がやむのを見るのは辛い」

と複雑な心境を打ち明けた。

2011-09-07

ドヴィルパン前首相がリビア空爆を非難

イラク戦争開戦前に、フランス共和国の外務相として、国連を舞台に、敢然と開戦に突っ走る米国に抗い、世界から喝采を浴びた貴公子・ドミニク=ドヴィルパン前首相が政権転覆を目的としたNATO軍によるリビアの徹底した攻撃を

「イラク戦争の時と変わらない」

と非難した。シリアの政権側はラマダーンの
最中にすら民衆を殺戮していったのに、欧米は口先で
非難するものの、事実上、放置した。

けっきょくは、リビアには石油と豊富な天然ガスがあったから
武力行使に踏み切ったのかと邪推してしまう。

イラク戦争がオイル目当てというのは、当時、謀略論の類いに過ぎないと
退けられていたが、イラクで石油が採れることが、実は戦争の大きな要因だった
のではないか。

2011-09-03

中川五郎さんが歌う原発歌

初めて中川五郎さんの歌を聴いたのがこの曲@日比谷野音である。
「げんぱつ 夏期講習会」に彼氏は出演された。

二倍遠く離れたら

2011-08-22

カダフィ政権・崩壊は中東の春ではない。

反資本主義新党(NPA)の機関紙(週刊)『TOUT ets a nous!』7月28日号で「中東の春」について全紙面を遣って特集を組んでいる。

さて、カダフィ大佐がリビアを掌握したのは、1969年9月1日であり、カダフィは27歳の若さだった。若者たちのグループを率いて政権の座に就いた。1970年にイスラム教=アラブ民族に基づくアフリカ合衆国論者であったナセル大統領(エジプト)が亡くなると、カダフィがナセルの思想・路線を受け継ぐ継承者になった。

チュニジア・エジプトの独裁政権に終止符を打った中東の春とリビアが大きく異なるのは、両国が民衆の力によって独裁者が倒されたのに対して、リビアの政権交代はNATOの軍事介入がなければ成功なぞしなかった点にある。

なるほど、ユーゴ紛争の折、ブレア首相は「Value War」(価値の戦争)という概念を創り上げ、民衆が為政者によって虐殺されるような人道危機があった場合は、それをとめるための軍事介入は認められるようになった。

カダフィがリビア東部で立ち上がった民衆を虐殺したのは事実であろう。それを止めるためにNATOが介入したのなら、分かる。しかし、今回はカダフィ政権を転覆させるのが目的となった。もはや、気に食わぬ国の独裁者を倒すならば軍事介入できるところまで、戦争は「カジュアルな」ものになった。

「戦争は最終手段」という原則(principle)など、かなぐり捨てたも当然だ。

今回、リビア東部の民族の叛乱は、欧米におんぶにだっこされて、成功した(も同然である、現時点では)。それには2つの背景がある。

一つはロナルド=レーガン政権のときにリビアを、トリポリとベンガジに分けて考え、ベンガジを支援していくのが、極秘裏に米国政権の外交戦略となって引き継がれてきた。

2つ目はフランスの動きである。支持率が低迷して、来年の大統領選挙で再選が危ぶまれるニコラ=サルコジ大統領は、人気取りのために、中東に吹いた春風に乗って、これまでのカダフィ大佐リビアとの友好関係をなきもののようにし、世界で一番早く反体制派をリビアの「政権」と認証し、カダフィ打倒のために積極的な軍事介入に邁進し、ドイツをはじめ、アメリカも巻き込んだ。

東西部族が対立し合うリビアでは、中部に停戦ラインをひき、西部のカダフィ・リビアと東部リビアに分割し、将来においては、分離独立すべきであった。カダフィ政権が瓦解し、今度は西部部族が抑圧されることになろう。

リビアの政権転覆は民衆の力ではなく、欧米列強の軍事によるものであり、「中東の春」とは峻別されてしかるべきだ。

2011-08-19

【8/20午前】制服向上委員会・参加の反原発デモ@神保町

~第三回 ありあえない!泊原発やめろアルゴリズムデモ行進~

・日時:8月20日(土)10:30~12:30
・場所:西神田公園(最寄り駅 神保町)
・参加:制服向上委員会

http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=202641109219101348521.0004a84a29ad3aa1b6836&msa=0

・詳細:アルゴリズムデモ行進をみんなでやっている様子を撮影し、YouTube等の動画サイトにアップします。そこから原発問題への興味関心を持ってもらい、脱原発への行動へと繋げてもらうという目的です。
今回は泊原発やめろアルゴリズムデモ行進と題して、再稼動を防ぐことの重要性を皆さんへと伝えていくことを第一目標としていきます。

【参考】
第一回告知

http://toudenmaeaction.blogspot.com/2011/07/blog-post_25.html

第一回報告

http://toudenmaeaction.blogspot.com/2011/07/1.html

第二回告知

http://toudenmaeaction.blogspot.com/2011/08/86-2.html

2011-08-17

若きカリスマだったジョー=バイデン副大統領

2008年にジョー=バイデンを副大統領候補にバラク=オバマ大統領が選んだとき、妥当な選択だと思った。政治的経験が少なくともカリスマ性に富むオバマを、経験豊富でしかも貧困層出身という理由で庶民から愛されるバイデン副大統領は格好の人物だった。

ジョー=バイデンは1988年の民主党大統領予備選に名乗りを上げて、若きカリスマとして有力候補の一人だった。ところが、複数回にわたって、他人の演説をパクッて、撤退を余儀なくされた。

2008年のグルジア紛争では、上院外交委員長として、現地に飛んだ。ジョン=ケリー上院議員(民主党)と同様に、超党派外交の看板であり、選挙では対立することになったジョン=マケイン上院議員とも友人だった。

議会に多くの人脈を持ち、共和党からも信頼されているバイデンは、実務型副大統領として、外交・経済で大きな役割を果たしている。アメリカ副大統領は“飾り物”という皮肉が多いが、バイデンはオバマ政権にとっては欠くべからざるを得ない存在だ。

そのバイデンが今月、仙台を訪問するという。

Bravov!だ。

ヒラリー=クリントン国務長官よりは話せる相手だし、力も信頼も持っている。