2012-05-07

フランスで政権交代が17年ぶりに実現した!

20h(3:00am)の仏テレビの同時中継をネットで見ている。
大統領選挙の決選投票の結果が出口調査で判明した。

フランソワ=オランド社会党候補が51.9%の票を獲得して
勝利した。サルコジはいわれたよりは健闘した。

社会党大統領は17年ぶり。

勝利宣言するバスティーユ広場は大衆で埋まり、
大騒ぎをしている。

2012-05-03

【最終討論】オランドvsサルコジの勝敗

インターネットでサルコジ大統領vsフランソワ=オランド社会党候補の
大統領選・最終ディベート@TVをインターネット同時中継で見た。

フランス全土が注目する重要な討論だ。

サルコジは落ち着きを以て話す。そして、社会党候補の政策の
弱点を突く。

オランドはサルコジの発言中に早口で発言を一貫して連発し続けた。
発言も熱くなって早口になる。

内容の勝敗はともかくテレビでの映りを理解しているのは
サルコジだ。オランドは内容で勝とうとしようとするのだが、
テレビで視聴者が影響するものの93%はイメージだ。

オランドは野党党首に戻ってしまった。

2012-05-01

フランスの政権交代が民主党の轍を踏まない為には…

ワタシが2年間、フランス共和国に滞在していた折の
社会党・党首は大統領候補のフランソワ=オランドで
あった。記者会見や集会の席で何度も対面したもの
だった。アジア系は1人で最前列に陣取るから顔は
覚えられていただろう。

フランソワ=ミッテラン元大統領に抜擢されたオランド氏に対して
大統領選前はあまり良いイメージを持っていなかった。

まず、欧州憲法条約の批准が国民投票で否決されたが、
あれは支持したフランス社会党が支持者をまとめきれず
反対派のほうが多数であったからだ。その要因の一つは
オランドのカリスマ性と能力のなさ故だった。
リヨネル=ジョスパン元首相がテレビで批准を支持する
理由をとくとくと説明した後は、社会党支持者の半分が
一時期、賛成になった。だが、その後のオランド氏が展開
した賛成キャンペーンは失敗し、社会党支持者の多数派が
反対票を投じた。

次に大統領選2007で社会党候補はオランド氏の長年の
ツレアイだったセゴレーヌ=ロワイヤル下院議員(当時)だった。
社会党党首にあるオランド氏は彼女のブレーン(頭脳)として
一致団結して闘うべきだったが、彼氏は新聞記者との不倫関係に
溺れ、オランドとロワイヤルは険悪な仲にあったことが選挙後、
判明する。大切な大統領選でツレアイが出ているというのに、
党首が不倫が原因の夫婦不仲になっているとは!

オランド氏は1997年から2008年まで
社会党第一書記(党首)を務めた。
閣僚経験はない。いわゆる党官僚という
やつだ。

イメチェンで大統領の風貌を備えてきたが、
統治能力は???だ。

社会党を中心とする左翼連立内閣が
安定し、フランス改革を断行するには
身内ではなく、有能な人物を首相に
就けることだ。ワタシは首長として
改革の実績をつんでいる
ベルトラン=ドラノエ・パリ市長が
首相に適任だと思う。或いは
マルティーヌ=オブリー党首だ。

と、選挙結果が出る前に急いだ
ことを書いてしまった。

Le 6 mai, votez a Hollande.
Changement,
Maintenant.

Le 6 mai, votonz à Hollande

Le changemant,
Maintenant.

Vote à Hollande,
c’est le commençement de l’espérance.

Believe in France.

2012-04-26

原発スラップ(恫喝訴訟)を問う

原発スラップ(恫喝訴訟)を問う

ジャーナリストと市民の会発足のご案内

東京電力の原発関連事業に深く関与してきた人物が、2012年3月16日、ジャーナリストの田中稔氏が『週刊金曜日』(11年12月16日号)に執筆した記事で名誉を毀損されたとして執筆者個人の田中氏を提訴しました。

6700万円という法外な請求金額に加え、記事の掲載誌を発行した出版社を提訴せずに、執筆した個人のみを提訴しました。こうした提訴のやり方は、明白なスラップ(恫喝訴訟・SLAPP)と言わざるを得ません。この人物は複数の媒体を同じような“原発スラップ”の手法で濫訴し、言論と報道の自由を侵害してきました。

スラップとは、経済的に力のある者が、記事の真実性及び真実相当性を認めるに足る証拠を認識しながらも、あえて訴訟し、執筆者を経済的に困窮させ、記事の真実性に関係なく謝らせたり、追加報道させないことを目的に提訴することを指します。 

そこで、スラップ被害者たちの横の連携と情報交換を目的に、「原発スラップを問うジャーナリストと市民の会」(仮称)を近く発足し、下記シンポジウムを開催する予定です。呼びかけ人にご賛同いただける方は連絡をいただければと存じます。

呼びかけ賛同人(4月23日現在)

山本太郎(俳優)       有田芳生参院議員(ジャーナリスト)

烏賀陽弘道(ジャーナリスト) 山岡俊介(ジャーナリスト)

寺沢有(ジャーナリスト)   清水直子(ジャーナリスト)

平井康嗣(週刊金曜日編集長) 伊田浩之(週刊金曜日企画委員)

上原公子(元国立市長)    宮嶋巌(月刊誌FACTA編集人)

森原秀樹(衆院議員政策秘書) 和仁廉夫(ジャーナリスト)

       浅野健一(同志社大学教授)

原発スラップ(恫喝訴訟)を問うシンポジウム

●日時  5月16日(水)18時15分~19時45分

●場所  参院議員会館地下1階B109室(定員78人)
●記念講演 鳥賀陽弘道さん「スラップとは何か」 参加費無料

第1回口頭弁論が5月7日10時15分より615法廷が予定されており、傍聴・取材方よろしくお願できれば幸いです。問合せはスラップを問う会℡080-5436-6679和仁。

東郷健さんの訃報に接して……

昨年パリに行く前々日にお目にかかったのが
最期となってしまった。東郷健さんが亡くなられたことを
親族が明らかにした。

ゲイバーもたたみ、中野で隠遁生活をおくられていた健さんは、
お目にかかった時は元気そのものであったが、既にそのときに
前立腺ガンを患われていたのであろうか。

飲尿療法の効能を信じて、近代医学に懐疑的だったからであろう、
病院でなく自宅で天に召された。自らを蝕む病にあることを
誰にも告げず、愛猫に囲まれながら独り死に、
数週間後に発見された。

遠藤誠・弁護士が亡くなられた折、ひどく落ち込んでおり、
2人で朝まで痛飲したことがある。

東郷健さんの活動については
健さんとの共著『常識を越えて ~オカマの道、70年』(ポット出版)で
全てが網羅されている、といっても過言ではないだろう。

再来月に傘寿を迎える前に逝ってしまった。
人生の途中で、筆をそっと置くように逝かれた
東郷健さんを想う。

逢いたがっていた遠藤誠のもとへ逝ったのだと
したら、ご本人も本望であろう。

主の身元に戻られた健さんのご遺族の上に主のまったき恵みと慰めがありますように
主イエスの尊き御名を通してお祈り申し上げます。

Adieu, Ken san。

2012-04-24

フランソワ=オランド実働部隊

仏大統領選第一回投票が行われた翌日に
フランス社会党からマニフェストと
フランソワ=オランド社会党候補の
資料が送られてきた。投函日は
4月12日、エコノミー便。

同じ日に『左翼党』と『反資本主義新党』の
週刊紙も届いた。

ニコラ=サルコジは第一回投票で一位になり、
二位と差を付けて、プレゼンスを高めようという
戦略だったが失敗した。

オランドのサイトを見ると375万4870という
数字が出てくる。何かというと戸別訪問を
同陣営が行った件数だ。

空中戦のサルコジに地上戦で
闘ったオランドに第1ラウンドでは
軍配が上がった。

国民からサルコジは見放されている。
第2回投票でもオランドがきっと
勝つに違いない。

だって任期中に人口約6000万人の
フランスで130万人が職を失い、
失業率は10%を超えているのだもの。

「景気をよくする」と期待され、大統領になった
サルコが経済をガタガタにしてしまった。

愛想を尽かされるのも無理はない。

2012-04-22

オアツイノガオスキ ~僕の中のワタシ~

STUDIO HeadZのコメディ『オアツイノガオスキ ~僕の中のワタシ~』を
阿佐ヶ谷の芝居小屋・アルシェで観劇する。

オカマバーを舞台にしたドタバタ・コメディーだが、
ヒューマン・ドラマが入ってくるのがこの劇団の
特徴であらうか?

出演者に新人が多く、あまた芝居をこなしてきた
ベテランに入る役者さんとのギャップが
統一性がないともいえようが、可笑しかったナァ。

2ヶ月ペースで新作を次々とリリースする
STUDIO HeadZには要注目なり。

日曜日は12時と17時半の二回、
公演がある。

2012-04-20

日本語が流暢なゴルニッシュ「国民戦線」幹部の悲惨な末路

フランスの極右政党と呼ばれた『国民戦線』で長くNo2を務め、
妻が日本人で、若い日に京都大学に2年留学し、
日本語を流暢に操るブルーノ=ゴルニッシュさんがとんだ
憂き目に遭っている。

ちなみに、リヨン代三大学教授でもある同氏の博士論文を
審査した1人が憲法学者の樋口陽一先生だ。

まず、2011年の党首選でルペンの三女・マリーヌと
闘うも敗れ、まず、No2.の全国代表代理を解かれ、
さらにはルペン娘と折り合いが悪く
副党首も解任され、党内では
肩書きがなくなってしまった。

さらに、キリスト狂信者の警官を支持したことが
人種差別扇動罪と非人道的罪にあたるとして
起訴され、有罪になり、欧州議会議員の地位も
剥奪された。

いまは一介の地方議員兼日本文明論の教授に
過ぎない。

同氏にとって最後の晴れ舞台は一水会らと
欧州の愛国派政党を東京に集めて、
愛国者サミットを開いたことだろう。

有終の美として来日したルペン・パパらは
みんなで靖国神社を参拝していった。

鈴木邦男さんから「取材に来るかと思った」と
お目にかかった時にいわれたが、ゴルニッシュさんの
境遇を思うと顔をあわせられなかった。

2012-04-18

フランスでは政権交代か?

Ifopが仏大統領選・第一回投票(4/22)前の最後となる世論調査の結果を公表した。
一回目の支持率は次の通り。

サルコジ大統領:27.5%
オランド社会党候補:26.5%
ルペン娘・極右「国民戦線」:16%
メランション「左翼戦線」:13.5%
バイルー中道主義「民主運動」:10.5%
ジョリ・みどり系候補:3%
NDA「たちあがれ共和国」党首:1.5%
極左・反資本主義新党・候補:1%
極左・労働者の闘い・候補:0.5%

第二回投票の支持率
サルコジ45.5%vs.オランド54.5%

2012-04-13

地方議員の数よりも

人口10万人以下のフランス自治体(コミューン)で地方議員が受け取る収入は平均すると月228,09 €。25万円くらいと考えて良い。

日本では自治体議員の数を減らすことよりも、給与を大幅削減する方がおトクでは?

専業議員は自然淘汰されよう。

2012-04-04

キング牧師が凶弾に倒れた日

パリ5月革命が起き初め、全共闘が沸騰し、変革の波が世界を覆っていた
1968年4月4日。キング牧師は凶弾に倒れた。
キング牧師はオバマ大統領をどう見ているだろうか?

オバマ大統領には黒人の意識は薄く、公民権運動を継ぐ
黒人の役割はミシェル夫人が担っているという指摘を
30年のベテラン評論家が指摘していた。

バナナの皮を剥いたら白だった、という指摘も。

324の名誉学術称号

池田大作SGI会長が授与された学術名誉称号は
いくつになったか、調べたら、3/28にボリビアの
大学で受けたのが324号目でした。

書棚に『世界が見た池田大作 200を超えた名誉学術称号』が
あるが、初版は2007年8月24日。わずか5年で200から
324になるとは、すごい早さだ。400になる日もそう
遠くはあるまい。

MixyやFacebookはカルトか?

国営放送『FRANCE2』局の20時~の45分のNEWSを
観るようにしている。

先週で気になったのはFacebookのようなSNSに
ハマる若い女の子たちや成人男性一人を扱った
「私のカルト」(Le culte du Moi)であった。

16歳と14歳の少女2人は下校時間の16時に
なって、校門を出ると、スマホでFacebookに
繋いで、コミュニケーションを始める。

フランスはインターネット環境の普及が
遅れていたが、近年、Wifi(ウィフィと発音)が
人口に膾炙してネット環境が整備された。

光ファイバーとかは及びでない。
あくまでコードレス。

そして、Facebookが爆発的に人気に……。

フランス国営放送は幼い年齢からSNSに
依存する出会い・人間関係に疑問を呈する。

それはカルトではないのか?と。

culteは1570年に発生した語で
ラテン語のcultusが語源だ。

神への崇拝から派生して
敬愛や崇敬などの意味を
持つ。ネガティヴに金への崇拝などにも
遣われる。

SNSは崇敬・崇拝の対象になっていないか
番組では問うている。

2012-03-30

日本在住フランス人が仏下院議員になることを願う。

国民議会選挙2012から定数577のうち、海外に11つの選挙区ができる。
日本が含まれる選挙区はアジアとロシア・アフガニスタンなどユーラシア大陸のほとんどと
オーストラリアなどのオセアニア。
超広大だ。

緑の党系と社会党候補が日本在住。

日本在住フランス人に議員になって欲しい。

日本とフランスの架け橋になるだろう。

スリーマイル島事故から33年

3月28日はスリーマイル島事故から33年目の日だった。
同事故から学ぶべき点は多い。

まず、電力会社が事故の真相について公表したのは10年後のことである。

次に事故が発生した二号炉で炉心がひどく破壊されていたことは。周知の事実であった。

しかし、当初、5年は深刻な事故にも拘わらず、放射能の外部への放出は少なく、
住民の中に高度の放射線障害にかかった者はいなかったため、
楽観的な意見が通説であった。

周辺住民にガンが多発している易学的調査が専門誌に
発表されたのは12年後である。

そして、汚染地図はついに公表されなかった。

真相が公表されたのは米国で10年後だとすると、
日本で自己の核心が明らかにされるのは
どれくらい先のことだろうか?

2012-03-15

追悼式典@エッフェル塔・前

3/11の14時46分(仏時間:午前6h46)にエッフェル塔・前にて、追悼式典が催され、パリ市からは畏兄・クリストフ=ジラールさんが出席された(https://twitter.com/#!/cgirard/status/178784713748647936/photo/1)

日本テレビ系列のNEWSではジラールさんの姿が映し出された。
隣にいた日本人は在仏日本大使と知る。

いまこそ、金本位制度の復活を!

紙幣の裏にあるのは国の信用だ。
その国が信用を失えば、通貨価値はさがる。

安定した金融制度にするため、ワシは
ノーベル経済学者・フリードリック=フォン=ハイエクと
同じ提案をしたい。

つまり、金本位制度を復活して、紙幣発行権を民営化する、という
提案だ。金利も競争の対象になるし、何より道徳的にも経済的にも
正統性がある。

2012-02-27

新党日本・みどりの党・国民新党による「信じられる日本」連合を!

亀井静香「国民新党」代表が石原新党結成に動いているというが、
時代の旗手は裕次郎のお兄様(弟の七光りという)ではないだろう。
慎太郎は原発推進論者だ。そんなのを担いでどないすんねんなあ?

いま、必要なのは、社会的経済・社会的公正を目指すオルタナティヴではなかろうか?

国民新党とみどりの党(みどりの未来)の接着剤に新党日本がなって、
オルタナティヴ連合が結成されれば、保守二大政党と、化石左翼政党、
新自由主義的維新勢力に対抗しうる一つの軸となる。

亀井静香(74)・田中康夫(54)・31歳の美人党首・すぐろ奈緒(みどりの未来・代表)の3枚看板は「社会的包摂」の象徴となる。

カジノ経済になった要因

投機経済が99%で実物経済が1%というエコノミーは狂っている。

どうしてそうなったか。

製造業に見切りを付けた米国は80年代後半から証券と銀行を分離するグラス・スティーガル法(スティーガル体制)を緩和し、90年代初頭に廃止し、グローバリズム・投機経済へと突き進んでいく。

証券と銀行の分離をもういちど復活させるべきではなかろうか?