2009-05-17

お部屋1850/唐沢俊一のブーメラン

なぜかブログの感想を直接私のところにメールしてくる方がいます。表に出しにくい情報であればそうするのもわかるのですが、なんということもない感想をメールで送ってくる意味がよくわからず、たいてい無視します。単なる感想はコメント欄に書いていただいた方が返事を書く気になります。

ただし、このブログは、古いエントリーにコメントがついた時に気づきにくい難点があります。私も気づきにくいのですから、まして読者は気づきにくくて、せっかくのコメントに誰も気づけないことになりかねないため、早め早めに書き込んでいただくのがよろしいかと思います。

で、【1845/中村克も「やけしに方式」】にいい情報を書き込んでくれた方がいらっしゃいます。矢野穂積が初めて中村克に接近した時の話です。コメントを書き込んだ方が誰なのかわからないのですが、おそらく実話でしょう。

そこに書いたように、矢野穂積は人を取り込む能力に長けています。自分が支配できる弱い相手をしっかり見抜く。誰かに依存していないと生きていけない中村克は格好の対象だったでしょうし、矢野穂積にとっては、瀬戸弘幸なんざ、赤子みたいなものです。

その瀬戸弘幸もまた似ているかもしれず、自分よりもっと弱い人間たちを集める。この弱さはおもに知性って意味ですが、瀬戸弘幸より弱い人間は「集団ストーカー被害者」みたいな人たちばっかりです。

では、今回の本題。

今まで幾度か指摘してきたように、矢野穂積、中村克、瀬戸弘幸らに共通する特性として、「他者に求める基準と自分を律する基準がズレている」というものがあります。「他人に厳しく、自分に甘い」というダブルスタンダードを使い分け、その結果、強力なブーメランを至るところで投げることになります。

わかりやすい例を出すと、中村克が自分の文章に「無断引用、転載、リンクを固く禁じます」と書き添えるようなものです。法に反してあれだけ悪質なパクリをやっておきながら、引用やリンクまで禁じるというのですから、「どのツラ下げて」という話です。

同様のブーメランの名手を取りあげてみるとしましょう。「トンデモない一行知識の世界 2 – 唐沢俊一のガセビアについて」の一昨日更新分を読んだら、唐沢俊一は『最後のパレード』について語っているのですね。

原文はこちら(魚拓)。今回は次のターゲットに進む予定でしたが、こんなもんを読んでしまったため、今回と次回は唐沢俊一のことをさらに書いておきます。

数日前、たまたまポット出版で、「世の中には、著作権というものを理解する能力が欠けている人がいるのではないか」という話をしていたところです。「無体物の権利」という観念自体が理解できないのか、何度説明してもわからない人が現にいます。理解できないこと自体が私には理解できないため、「どうしてわからないのか」についてもうまく説明できないです。

その理由はともあれ、中村克、矢野穂積、瀬戸弘幸、唐沢俊一らは揃ってそういうタイプのように見えます。

唐沢俊一はこう言っています。

————————————————————–

唐沢 似たようなことではオレも騒がれたことがあるけど、2ちゃんねるからの引用ってのは笑ったな。著作権意識のないところからパクって、それで著作権侵害になるのか? って感じだったな。

村崎 パクって作った本なら、本の表紙に正直に「本書は正真正銘の120%パクリ本です」「ほかのキャンペーンの入賞作品やネットの書き込みから、まんまネタを集めまくったパクリだけで出来ているので、オマイラはそれを承知の上、お買い求め下さい」とか但し書きしとけばよかったんだな(笑)。

唐沢 素人投稿を集めた本なんか、今は珍しくないし、アイデアとしてはまあ、よくあるもんだと思うのよ。でも、そのあとがよくなかったよね。この著者がブログで謝罪の言葉もないままにパニック状態になっちゃって。

村崎 ああ、アレ、すごかったね〜。「読売新聞と日本テレビを提訴する」とか「読売新聞の愚民どもに告ぐ」とかトチ狂ったことばっか書いていて、挙句の果てに「読売新聞社の前で焼身自殺したい」ってえんだから大笑いだよ。自殺するくらいならその前に謝れよ(笑)。もともと、本が出たときにすでにディズニーランドに内容証明を送られていたのに無視していたっていうし。まあ、普通に確信犯なヒトなんだろうね。

唐沢 あんなに版権管理のうるさいところ、まともな著者や出版社なら最初から手を出そうとしないよね。ディズニーネタで稼ごうとしたこと自体がそもそもの間違い。

————————————————————–

「トンデモない一行知識の世界 2」「唐沢俊一検証blog」が的確に唐沢俊一の発言を批判していますので、詳しくはそちらに譲るとして、こんな短い文章で、どうしてここまでのデタラメを語れるのでしょう。

すでに書いたように、出版界にも著作権のことをよくわかっていない人たちがいくらでもいますから、著作権について、間違ったことを語ってしまうことはあるでしょう。他のジャンルについても間違ったことを書いてしまうこと、言ってしまうことは誰にでもあります。それだけなら、よくあることで済ませられるかもしれない。しかし、唐沢俊一の場合はそうはいかない。

盗用事件を起こした人間が、他の盗用事件について語ってはいけないなんてことはないわけですが、唐沢俊一はここまで盗用が指摘され続けているのに、なおその後も著作権に無知であり続けていて、事実関係さえも把握できていないことを晒しながら、『最後のパレード』を笑っているのですから、ワケがわからない。この人も著作権を理解できない人なのではないか。

村崎百郎は面と向かって唐沢俊一に意見するには気が弱すぎますが、相変わらず、性格は悪いです。恥をかかせようとして、この話を持ち出しているとしか思えません。村崎百郎はあえてパスしているとして、どうして編集者は修正してあげないのでしょうか。この連載には編集者がいないのか? その前に、どうして唐沢俊一は著作権について理解ができないのでしょうか。

このあと出てくる「巨匠病」もまた唐沢俊一自身のことではないかと思わないではいられません。これについては次回。