2018-07-11

エア牛肉とはじめてのおつかい

前回の日誌で「うっかりミスが多かった」と言いましたが、今回もミスの多い一日でした。

ミスはいくら気を付けていてもしてしまうもの。大事なのは間違えないようにどうするか工夫すること、と上野さんに教えて頂きました。例えば、確認のためにチェックを書き込んだり不安なことがあったら人に確認したり等々。頭の中で確認するよりも文字で書いたほうが確実です。そして必ず二度は確認すること。これは普段の生活の中でも心がけていきたいです。

さて、今日は読者プレゼントの牛肉について文章を作成しました。神戸牛に宮崎牛にサーロイン……私でも一度は耳にしたことがあるような高級牛肉が勢揃いしたデーターを読み、口の中に入れた瞬間にとろける肉を想像しながら作業をしました。もちろんそのような高級肉は食べたことがありません。うちはいつもいなげや(地元スーパー)の肉を母が美味しく調理してくれます。

それで今まで満足していたのですが、今回頂いたデーター以外にもインターネットを参考に色々と調べてみて、そんなに美味しいのなら死ぬまでに一度は食べたいなと思いました。赤身と霜降りの絶妙なバランス、絹のような舌触り、深いコク……というような肉に関する語彙が今日だけで一気に増えた気がします。

そしてその合間、植木鉢と土を手に入れるために、はじめてのおつかいをしてきたのですが結果は失敗に終わりました。渋谷で散々さまよった挙げ句、何も買えずに撤退をしました。百均ならどこでも売っているだろうという甘い考えが失敗の原因です。確認って大事ですね。

コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*