2008-09-12

風の旅行社物語●9/16(火)テレビ東京系『ガイアの夜明け』で風の旅行社が紹介されます

風の旅行社が9/16(火)22時放映のテレビ東京系『ガイアの夜明け』で紹介されます。

今回のテーマは「新しい旅をご提案〜旅行離れで変わるツアー開発〜」。
HIS、JTBと風の旅行社が取り上げられます。

9/16(火)22時に放映される放送局は以下の通りです。
テレビ東京
テレビ大阪
テレビ愛知
テレビ北海道
テレビせとうち
TVQ九州放送
岐阜放送
びわ湖放送

続きを読む…

2008-09-12 21:48 [ポット出版]

2008-09-09

たったひとりのクレオール●4刷出来ました

『たったひとりのクレオール』の3度目の増刷、4刷が出来ました。

約10年にわたる論考の数々によって聴覚障害児教育に潜む諸問題を分析した1冊です。2003年の発行以来、地道に売れ続けています。ぜひお手に取ってみて下さい。

2008-09-09 20:19 [ポット出版]

2008-09-08

英語で新宿二丁目を紹介する本●exciteニュース&Mainichi Weeklyでも紹介

『英語で新宿二丁目を紹介する本』が先日の『サイゾー』『mixi』に続いて、『exciteニュース』『Mainichi Weekly』でも紹介されました。

『exciteニュース』の紹介記事はこちら。

『Mainichi Weekly』は2008年9月6日付紙面で紹介。
読者プレゼントとして3冊提供しています。

2008-09-08 23:18 [ポット出版]

2008-09-03

英語で新宿二丁目を紹介する本●mixiでも話題に

『英語で新宿二丁目を紹介する本』『サイゾー』9月号、『日刊サイゾー』(ウェブサイト)で紹介されたこともあってか、mixiでも話題になっているようです。

こちらです。(mixiにログインしないと見れません)

2008-09-03 23:13 [ポット出版]

2008-09-01

英語で新宿二丁目を紹介する本●『サイゾー』9月号で紹介されました

『英語で新宿二丁目を紹介する本』『サイゾー』9月号で紹介されました。

ウェブでも記事が公開されています。

2008-09-01 21:39 [ポット出版]

2008-08-29

新刊情報●『ず・ぼん14』予約受付を開始しました

新刊『ず・ぼん14』が2008年9月18日(木)刊行予定です。
詳細は以下と『ず・ぼん14』書誌情報ページを御覧下さい。

ご予約は現在サイトリニューアル中につき、お手数ですが、
●冊数
●お名前
●郵便
●番号
●住所
●電話番号
●メールアドレス
●お支払い方法(郵便振替または代引きがご利用できます)
をお書きのうえ、books@pot.co.jpまでメールをお送りください。
本が出来次第お送りします。

版元ドットコム経由でブックサービスからもご予約いただけます。

—————————————————

図書館が気になる人、メディアが気になる人、本が気になる人へ
『ず・ぼん』の最新号のお知らせです。

ず・ぼん14号
図書館とメディアの本
編●ず・ぼん編集委員会
定価●2,000円+税
ISBN978-4-7808-0118-7 C0000
B5判/208ページ/並製

予約受付中!
______________________________________________________

【内容紹介】
図書館とメディアの本、『ず・ぼん』の14号。

今回の特集は「指定管理の現場」です。

◎公務員図書館員を辞めて、受託会社に転職した
元明石市立図書館職員、楠本昌信氏のインタビュー。
◎指定管理者制度を導入して2年目を迎えた千代田図書館の
職員による「ず・ぼん13号の記事に対する反論座談会」。
◎リニューアル千代田図書館をつくった前館長・柳与志夫氏への
ロングインタビュー。

委託や指定管理の図書館で働く人々は増えています。
公務員職員ではない立場から見えること、
考えていることを聞きました。

特集以外では、
◎国立国会図書館長・長尾真氏のインタビュー。
ディジタル化をどうすすめるか、出版界との連携は?など
国立国会図書館が抱える課題を語ってもらいました。

◎文化通信記者・星野渉氏のロングインタビュー。
出版業界の現状と展望についてかなりつっこんで聞きました。

◎ゆうき図書館のインターネット構想。
もっと一人ひとりの利用者にあったサービスを
インターネットを活用して展開できないか。
ゆうき図書館が面白い試みを企画しました。
実施は当面見送られてしまい、残念なのですが、
図書館職員全員でつくりあげた新構想は、
きっとこれからの図書館づくりのヒントになるはずです。

その他、
◎女子大学生が語る「司書資格は取ったけれど…」。
◎大正期の実業家・大倉邦彦がつくった
「大倉精神文化研究所附属図書館」訪問記。

インタビューや座談会内容はあまりカットしないで、
できるだけそのままを収録するようにしています。
一本一本、じっくり読んでもらえる『ず・ぼん』です。

↓目次など本の詳細はこちらから

http://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-7808-0118-7.html/

【ご注文について】
現在サイトリニューアル中につき、お手数ですが、冊数/お名前/郵便
番号/住所/電話番号/メールアドレス/お支払い方法(郵便振替また
は代引きがご利用できます)をお書きのうえ、books@pot.co.jpまでお願
いします。折り返しご確認のメールを差しあげます。

…………………………………………………………………………………………
【発送・注文について】
●国内送料無料でお届けします。郵便振替用紙を本に同封します
(代引き[手数料300円/1万円以上400円]も可)。
●ポット出版/ご注文ご予約の方法の詳細は以下まで

http://www.pot.co.jp/honnokounyuu/

……………………………………………………………………………………………

2008-08-29 17:27 [ポット出版]

2008-08-25

どすこい 出版流通●『新文化』の記事に掲載されました

『どすこい 出版流通』が出版業界紙『新文化』の「倉庫流通協議会 5周年でパーティ 共同ネット拡大へ激」(2008年8月21日付)の記事に載りました。

当日のパーティで参加者にお土産として配られた、という内容です。

2008-08-25 22:55 [ポット出版]

2008-08-22

どすこい 出版流通●『出版ニュース』で紹介されました

『どすこい 出版流通』が出版業界誌『出版ニュース』2008年8月下旬号(8月21日発売)の「情報区」で紹介されました

2008-08-22 18:42 [ポット出版]

2008-08-19

タンタンタンゴはパパふたり●『日経Kids+』で紹介されました

ポット出版より2008年4月に刊行した絵本『タンタンタンゴはパパふたり』が育児雑誌『日経Kids+』2008年10月号(8月18日発売)の「アンドーパパのROCK‘N絵本」という記事で紹介されました。

父親支援NPO「Fathering Japan」の代表理事・安藤哲也さんの連載です。

2008-08-19 21:29 [ポット出版]

神保町ブックフェスティバルに出展します

2008年11月1日〜11月3日に行われる第17回神保町ブックフェスティバルへの出展が決定しました。

詳細が決まり次第、改めてリリースします。

(参考)第16回神保町ブックフェスティバル

2008-08-19 21:04 [ポット出版]

人間学アカデミー●第8期受講生募集中です

人間学アカデミー事務局より、第8期のご案内です。
来る2008年9月20日より、人間学アカデミー第8期を開講いたします。

たくさんの皆様の参加をお待ちしておりますので、
まだお申し込みでない方は、奮ってお申し込みください。

このメールは既に、第8期の講座を
お申し込みいただいた方にも配信しています。
既にお申し込みいただいた方も、ご友人など多くの方に
人間学アカデミーをご紹介いただければ幸いです。

第8期の詳細は、下記をご参照ください。

■■■第8期講義内容・要項■■■

●第8期テーマ
近現代を問い直す

●定員
◎各回50〜60名程度
◎シンポジウム100名程度

●日程
日程は各講義のご紹介をご参照ください

●時間
◎各講義15:00〜17:30
◎シンポジウム14:00〜18:00(予定)

●懇親会
各講師の最終講義終了後、講師を囲んだ懇親会を予定しています。
都合により講師が参加できない場合もあります。
詳細は当日会場でお知らせします。(参加費は別途)

●会場
PHP研究所・東京本部6Fホール
東京都千代田区三番町3-10
◎地下鉄半蔵門線半蔵門駅下車 5番出口より徒歩5分

●各講義
◎<日本語で考える>とはどういうことか
井崎正敏●批評家・思考論
2008年9月20日(土)/10月4日(土)/10月18日(土)

◎正気と狂気の間
春日武彦●東京未来大学教授・精神科医
2008年11月15日(土)/12月6日(土)/12月20日(土)

◎現代社会批判を批判する
山形浩生●評論家・経済思想
2009年1月24日(土)/1月31日(土)/2月14日(土)

◎ポスト・ニヒリズム社会の展望
佐伯啓思●京都大学教授・社会思想史
2009年2月28日(土)/3月14日(土)/3月28日(土)

◎福沢諭吉思想の現代的意義
小浜逸郎●批評家
2009年5月16日(土)/5月30日(土)/6月13日(土)

◎シンポジウム
2009年7月4日(土)
*内容については、現在検討中です

■■■お申し込みについて■■■
●Eメールでのお申し込みも受け付けています!
mailto:kouza@ningengaku.net
→下記必要事項を明記の上、送信してください

●電話、ファックス、郵便でもお申し込みも受け付けています!
→下記必要事項をお伝えください

====お申込み必要事項====
▼受講希望講師(受講を希望する講師をお伝えください)
▼お名前
▼〒・住所
▼電話番号
▼ファックス番号(お持ちであれば)
▼電子メールアドレス(お持ちであれば)

■■■料金について■■■
●一括受講(講師5名一括・シンポジウム含む)─32,000円
●講師3名選択受講─20,000円
●講師別受講(複数受講可)─8,000円
●シンポジウム─3,000円

★割引特典★
第1期〜第7期で一括受講をされたことがある方を対象に下記の割引を行います
●一括受講2回目─30,000円
●一括受講3回目以上─28,000円

2008-08-19 20:57 [ポット出版]

千代田図書館夏のわくわく課外授業●2008.8.18(月)メンデル工房・サイエンス教室による「理科」の授業が行われました

千代田図書館とポット出版の共催「千代田図書館で学ぼう! 夏のわくわく課外授業」の第四回、メンデル工房・サイエンス教室による理科の授業『世界で一つだけの花図鑑』が2008年8月18日(月)、千代田図書館で行われました。

「千代田図書館で学ぼう! 夏のわくわく課外授業」は小学校4・5・6年生とその保護者(保護者同伴、千代田区立図書館の利用登録必須)を対象に各界で活躍する先生が、普段の学校の授業とはちょっと違った授業をしてくれます。

この授業の後も以下のような授業が行われます。
社会(竹田青嗣氏)
●8月27日(水)18:30〜20:00

※全科目とも定員に達したため、申し込みの受付は終了しています。

2008-08-19 20:51 [ポット出版]

TIBF●東京国際ブックフェア打ち上げがありました

ポット出版は「版元ドットコム」共同出展として「東京国際ブックフェア」に今年、初参加しました。

2008年8月11日、第三書館さんの会議室にて、『東京国際ブックフェア2008から2009へ』と題して、今年の反省と来年のための話し合い兼暑気払いと打ち上げが行われました。

ポット出版は来年も東京国際ブックフェアに「版元ドットコム」で共同出展する予定です。

2008-08-19 20:46 [ポット出版]

千代田図書館夏のわくわく課外授業●2008.8.8(金)朝日新聞記事に取り上げられました。

千代田図書館とポット出版の共催「千代田図書館で学ぼう! 夏のわくわく課外授業」2008年8月8日の朝日新聞東京版の記事で取り上げられました。

「千代田図書館で学ぼう! 夏のわくわく課外授業」は小学校4・5・6年生とその保護者(保護者同伴、千代田区立図書館の利用登録必須)を対象に各界で活躍する先生が、普段の学校の授業とはちょっと違った授業をしてくれます。

今後は竹田青嗣氏による社会の授業が8月27日(水)18:30〜20:00に予定されています。

※全科目とも定員に達したため、申し込みの受付は終了しています。

2008-08-19 20:35 [ポット出版]

プロモーションビデオ●『F mf』

伏見憲明公式サイトにて2008年8月7日既報の通り、『欲望問題』『魔女の息子』の作家、伏見憲明氏の期間限定バー営業『Fushimi’s mf』(F mf/エフメゾ)のプロモーションビデオをポット出版で制作しました。

F mf
毎週水曜日、19:00〜04:00
mf(メゾフォルテ)
新宿区新宿2-14-16 タラクビル2F
03-3352-2511

http://www.g-token.com/bars/mf/main.html

撮影・編集 川崎龍太
制作    ポット出版

2008-08-19 20:25 [ポット出版]

千代田図書館夏のわくわく課外授業●2008.8.4(月)吉澤久美子氏による「図工」の授業が行われました

千代田図書館とポット出版の共催「千代田図書館で学ぼう! 夏のわくわく課外授業」の第三回、美術家の吉澤久美子氏による図工の授業『本に変身「GO!GO!ブックパレード」』が2008年8月4日(月)、千代田図書館で行われました。

「千代田図書館で学ぼう! 夏のわくわく課外授業」は小学校4・5・6年生とその保護者(保護者同伴、千代田区立図書館の利用登録必須)を対象に各界で活躍する先生が、普段の学校の授業とはちょっと違った授業をしてくれます。

この授業の後も以下のような授業が行われます。
理科(メンデル工房・サイエンス教室)
●8月18日(月)18:30〜20:30
社会(竹田青嗣氏)
●8月27日(水)18:30〜20:00

※全科目とも定員に達したため、申し込みの受付は終了しています。

2008-08-19 19:54 [ポット出版]

千代田図書館夏のわくわく課外授業●2008.7.30(水)小池清治氏による「国語」の授業が行われました

千代田図書館とポット出版の共催「千代田図書館で学ぼう! 夏のわくわく課外授業」の第二回、日本語学者の小池清治氏による国語の授業『ぼくたちの日本語』が2008年7月30日(水)、千代田図書館で行われました。

「千代田図書館で学ぼう! 夏のわくわく課外授業」は小学校4・5・6年生とその保護者(保護者同伴、千代田区立図書館の利用登録必須)を対象に各界で活躍する先生が、普段の学校の授業とはちょっと違った授業をしてくれます。

この授業の後も以下のような授業が行われます。
図工(吉澤久美子氏)
●8月 4日(月)18:30〜20:30
理科(メンデル工房・サイエンス教室)
●8月18日(月)18:30〜20:30
社会(竹田青嗣氏)
●8月27日(水)18:30〜20:00

※全科目とも定員に達したため、申し込みの受付は終了しています。

2008-08-19 19:48 [ポット出版]

千代田図書館夏のわくわく課外授業●2008.7.28(月)橋爪大三郎氏による「算数」の授業が行われました

千代田図書館とポット出版の共催「千代田図書館で学ぼう! 夏のわくわく課外授業」の第一回、社会学者の橋爪大三郎氏による算数の授業『算数的な考え方』が2008年7月28日(月)、千代田図書館で行われました。

「千代田図書館で学ぼう! 夏のわくわく課外授業」は小学校4・5・6年生とその保護者(保護者同伴、千代田区立図書館の利用登録必須)を対象に各界で活躍する先生が、普段の学校の授業とはちょっと違った授業をしてくれます。

この授業の後も以下のような授業が行われます。
国語(小池清治氏)
●7月30日(水)18:30〜20:00
図工(吉澤久美子氏)
●8月 4日(月)18:30〜20:30
理科(メンデル工房・サイエンス教室)
●8月18日(月)18:30〜20:30
社会(竹田青嗣氏)
●8月27日(水)18:30〜20:00

※全科目とも定員に達したため、申し込みの受付は終了しています。

2008-08-19 19:42 [ポット出版]

2008-08-15

本のプロモーションビデオ●日本のゲイ・エロティック・アートvol.1/vol.2


日本のゲイ・エロティック・アートvol.1
——ゲイ雑誌創生期の作家たち

[2003.12.19刊行]
編●田亀源五郎

定価●4500円+税
ISBN4-939015-58-0 C0071
A5判/194ページ/上製
印刷・製本●株式会社シナノ
カバーイラスト●三島剛
ブックデザイン●小久保由美


日本のゲイ・エロティック・アートvol.2
——ゲイのファンタジーの時代的変遷

[2006.08.21刊行]
編●田亀源五郎

定価●4,500円+税
ISBN4-939015-92-0 C0071
A5判/224ページ/上製
印刷・製本●株式会社シナノ
ブックデザイン●沢辺均/山田信也/小久保由美

●プロモーション・ビデオ

○『日本のゲイ・エロティック・アート』トークショー・ショートバージョン

http://www.youtube.com/watch?v=EpR0CYknWds

○『日本のゲイ・エロティック・アート』トークショー・ロングバージョン(Part1 – Part5)

part1 http://www.youtube.com/watch?v=YaQKdaNPrFA
part2 http://www.youtube.com/watch?v=ZysbNm0sWUE
part3 http://www.youtube.com/watch?v=msshQbEJJWA
part4 http://www.youtube.com/watch?v=phJQKO2×6Hg
part5 http://www.youtube.com/watch?v=pQs9WdwH86c

【内容紹介】
「ゲイ・エロティック・アーティスト」たちを再評価するこの本が目指したのは、ゲイ雑誌というメディア上で、一過性の娯楽として消費されていくだけで名前すら知られず、作品を発掘したりという動きもなく、忘れ去られていくだけであった、「ゲイ・エロティック・アーティスト」たちを再評価することです。
「ゲイ雑誌創生期の作家たち」と副題をつけたvol.1には、大川辰次、船山三四、三島剛、平野剛ら、いずれも『風俗奇譚』(昭和35〜)でデビューし、のちに登場するゲイ雑誌『薔薇族』、『さぶ』、『アドン』など、創生期のゲイ雑誌を舞台に活躍した作家の絵を中心に、ほか『風俗奇譚』に登場した作者不詳の作家たちの絵を収録しました。

Vol.2では、1970年代から現在に至るまで、ゲイ雑誌で活躍しているアーティストを紹介、それらの作品からゲイのファンタジーが時代的にどのように変遷してきたかを探る。編者による各作家の解題も収録。作品収録160ページ(カラー88ページ)。
本書の売りは、まずはその貴重な絵を一同に集めたことですが、自身ゲイアートの実作者である田亀源五郎の「日本のゲイ・エロティック・アート史 概論」や、各作家に対する詳細な解説も、本書の売りのひとつです。
これらは、ゲイ・カルチャーに新たな文化をうち立てたと同時に、日本の知られざる風俗史としても評価されるべき内容だと思っています。

PV監督●山田広野

2008-08-15 15:40 [ポット出版]

2008-08-12

本のプロモーションビデオ●どすこい 出版流通

どすこい 出版流通
——筑摩書房「蔵前新刊どすこい」営業部通信1999-2007

[2008.7.17刊行]
著●田中達治

定価●1,800円+税
発売●ポット出版
ISBN978-4-7808-0117-0 C0000
四六判/200ページ/並製
印刷・製本●株式会社シナノ
ブックデザイン●沢辺均

○プロモーションビデオ

【内容紹介】
筑摩書房前取締役営業局長の名物コラム。
●出版業界のインフラ整備に尽力した、故・田中達治氏が軽妙につづる「出版流通思想」
●筑摩書房の書店向け「蔵前新刊どすこい・営業部通信」に1999年〜2007年まで掲載されたコラムを収録
●書店、取次、出版社……出版流通に携わるすべての人のテキストに
●「版元ドットコム」の若手出版人有志による詳細な脚注、索引付

PV監督●川崎龍太

2008-08-12 18:04 [ポット出版]