2011-04-12

お部屋2192/歌と言葉と行動と ※追記あり

「ワシが大声で言ったところで、どうなるものでもなく」と思って、ずっとメルマガだけで原発のことを書いていたのですが、どうにもならなくても言うべきことは言った方がいい。どうにもならないことを確認するために言うべきこともあります。じゃないと悔いが残る。

それでも、広く言葉を発することができないでいたのですが、高円寺のデモに参加して、やっと前を向けるようになってきました。原発の状態は悲観的でも。
 
 
まだ「あんなことをしても何も動かない」と言っている人たちがいますね。クズ学者でおなじみの池田信夫さんとか。

  高円寺でデモしてるのは超少数派。彼らがいくら叫んでも世の中は動かない

「世の中が動くか否か」で他者の表現を否定する以上、「自分の発言で世の中が動く」と思っているんですね。池田さんは今回の震災でフォロワーが増えたことをお喜びのようで、ツイッターで10万人以上のフォロワーがいる自分は超多数派だと思っているんでしょう。よござんした。

あれだけ発言していれば、たまにまぐれでいいことも言いますが、しばしばデタラメを書いて笑い者になっているのに、「オレの言葉で世の中は動く」と思っているらしき池田さんのような人がいる一方、世の中を変えられなくても歌い、語り、歩く人たちがいます。

「変えたい」と言っていても、デモというのは意思表示です。それだけ言っていれば変わるなんて思っている人も中にはいるかもしれないけれど、多くの人が思っていないでしょう。ブログに「変えたい」と書いただけで変わると思っている人がそうはいないのと一緒です。

高円寺の公園で、ジンタらムータの演奏を聴きながら、あるいは路上のチンドンの音を聴きながら、私は幾度も故・篠田昌巳のことを思い、彼のサックスの音を幻聴のように耳にしていました。

この動画、初めて観ました。パチンコ屋の店頭で「プリパ」をやっている。アイルランドの反戦歌をルーツとする韓国民主化闘争の歌です。

篠田さんは生前チンドンについてこんなことを語っていたことがあります。

「誰一人聴いていないかもしれない。記録もされない。それでも、心から満足できる音が出せる瞬間があるんだよ」

チンドン屋という、宣伝のための音楽をやりながら、そこには彼の表現がありました。もちろん、これは仕事でもありますが、音楽として受け取る人はほとんどいない。チンドン屋を音楽家とか表現者と思う人もおらず、やっている個人の名前なんて知ろうともしない。世の中なんて変えられるはずがない音楽です。それでも彼はそこに表現者としての満足を得ていた。

そして、彼は金にならない場でもしばしばサックスを吹いていて、生きていたなら、ジンタらムータの一員として、きっとあのデモにもいたでしょう。

レコード会社の人間は、「あのミュージシャンは売れないね」と切り捨てる。私も出版社からよく売れないライターとして切り捨てられてます。ディレクターや編集者は金を生まなければならない仕事だから、それもやむを得ない。

それでも、好きなミュージシャンのライブに通ったり、彼らの活動をサポートするディレクターもいます。仕事とは別に好きな音楽を捨てるわけではない。

そんな事情などないリスナーが「これは売れないね」と切り捨てるような音楽の聴き方をするのもまた勝手です。しかし、その聴き方、読み方が唯一普遍的なものであるかのように思い込むのは不幸ですし、時に迷惑です。

池田信夫のように、表現を効果や成果、数でしか見られない人たちがいます。そこで人と人がつながったり、情報を得たり、希望を見たりすることがわからない。貧しい想像力で見える「世界」や「世の中」がすべてだと思い込み、他者を愚弄する。

彼らには見えないものを見た人たちがいます。彼らには得られないものを得た人たちがいます。彼らには表現できないものを表現した人たちがいます。

原発によって命が危険に晒されている。水を飲むにも数値を気にする。雨が降るだけで外に出る気がなくなる。家族を遠くに避難させる。それらのストレスから精神的な病を発症させている人たちがいる。

町を失った人々もいる。仕事を失った人々もいる。野菜や魚を売れなくなった人々もいる。今なお情報を隠し、金のためにウソを言い続けている人々もいる。その代弁者として振る舞っている人々もいる。

怒りや哀しみの声をあげないではいられない。それに対して「何の意味があるのか」「何も変わらない」ということにこそ、いったい何の意味があるのか。

人は歌わないではいられないことがある。言葉を発しないではいられないことがある。抗議しないではいられないことがある。

あの日、高円寺の公園に鳴り響いていた「平和に生きる権利」のオリジナルです。

クーデター軍に連行され、ビクトル・ハラは歌い、そして、殺された。

ビクトル・ハラの歌はたしかに銃の前には無力だったかもしれない。あるいは、歌ったからこそ、殺されたのかもしれない。

それでも人は歌う。それでも人は書く。それでも人は歩く。

歌える人は歌を、語れる人は言葉を、歩ける人はデモを!

煽ってみました。
 
 
追記:詳しくは下のコメント欄、あるいは、「高円寺のデモをめぐるさまざま 1」「高円寺のデモをめぐるさまざま 2」を見ていただきたいのですが、あのデモによって迷惑かけられたと感じる人たちには申し訳ないと思ってますし、@lammy_iさんの指摘を見て、迂回路の表示を出すなど、改善できる点については改善した方がいいと納得して、その旨、デモの翌日にスタッフに伝えており、彼も同意。また、人手が足りないんだったら、私も手伝う意思があると書いてます。ここには書かなかったですが、ツイッターで、迷惑がかかってもやむを得ないといったことを書いているのがいたので叱責もしています。
だからといって、「左翼っぽいだからうぜえ」だの「お祭り騒ぎはやめろ」などと言うヤツらに耳を貸すつもりはございません。
コメントをしているみわさんもそういう類いのゲスな人としか思えないですが、とにかく足を引っ張りたい、イチャモンをつけたいという人たちは、せめて私の書いていることを読んでからにしていただきたい。
もともとツイッターで@lammy_iさんが言っていたことに対しては今後改善すればいいだけのことでしょう。そのひとつの例で「大ひんしゅく」などと大げさに取り上げて、「対面で謝れ」などとあり得ないこと、なおかつ相手にとって迷惑この上ないことを要求する人間は罵倒させていただきます。
迷惑だと感じた人たちに謝罪をし、改善した方がいいとスタッフに伝え、合意してもらった段階で、私にとってはこの話は終わりです。にもかかわらず、なおここに悪意をギラギラさせて乗り込んできたみわさんのような人間にはこちらも相応の態度をとるまでです。
高円寺にいくつかある商店会や自治会すべてに伝えていたのか、それが各店舗、各家庭に伝達していたのか、わからない点もあって、これはデモの主催者せいではなく、商店会や自治会の伝達不足の問題かもしれない。事実関係がわからない段階から、デモを批判するために他者の発言を利用するようなことをしないように。同じ意味で、以下に私が「デマ」とまで書いたのはちょっと行き過ぎたかもしれないので、訂正すべき時には訂正します。
ゲスな人たちのために、改めて追記を入れておきました。