日本のゲイ・エロティック・アートVol.1 ゲイ雑誌創生期の作家たち

発行:ポット出版
田亀 源五郎 編, 三島 剛 著, 大川 辰次 著, 船山 三四 著, 平野 剛 著, 小田 利美
定価:4,500円 + 税
ISBN978-4-939015-58-8(4-939015-58-0) C0071
A5判 / 192ページ /上製
[2003年12月刊行]
印刷・製本●シナノ印刷
書籍のご購入は右側から ⇒


内容紹介

ゲイ雑誌というメディア上で、一過性の娯楽として消費されていくだけで名前すら知られず、作品を発掘したりという動きもなく、忘れ去られていくだけであった、「ゲイ・エロティック・アーティスト」たちを再評価する。

大川辰次、船山三四、三島剛、平野剛ら、いずれも『風俗奇譚』(昭和35〜)でデビューし、のちに登場するゲイ雑誌『薔薇族』、『さぶ』、『アドン』など、創生期のゲイ雑誌を舞台に活躍した作家の絵を中心に、ほか『風俗奇譚』に登場した作者不詳の「ゲイ雑誌創生期の作家たち」の絵を約150点収録した。

自身ゲイアートの実作者である田亀源五郎の「日本のゲイ・エロティック・アート史 概論」や、各作家に対する詳細な解説付き。

目次



日本のゲイ・エロティック・アート史 概論



三島剛

大川辰次

船山三四

平野剛

小田利美と『風俗奇譚』の画家たち



解題

三島剛/大川辰次/船山三四/平野剛/小田利美と『風俗奇譚』の画家たち



あとがき

著者プロフィール

田亀 源五郎(タガメゲンゴロウ)

ゲイ・エロティック・アーティスト。1964年生まれ。多摩美術大学卒業後、アート・ディレクターをしつつ、86年よりゲイ雑誌にマンガ、イラストレーション、小説等を発表。94年から専業作家となり、ゲイ雑誌『G-men』(ジープロジェクト)の企画・創刊にも協力。著書に、『嬲り者』(Bプロダクト)、『柔術教師』(Bプロダクト)、『獲物』(ジープロジェクト)、『銀の華(上・中・下巻)』(ジープロジェクト)、(全てマンガ作品)がある。http://www.tagame.org

追記

●プロモーション・ビデオ


○『日本のゲイ・エロティック・アート』トークショー・ショートバージョン











http://www.youtube.com/watch?v=EpR0CYknWds



○『日本のゲイ・エロティック・アート』トークショー・ロングバージョン(Part1 - Part5)











part1 http://www.youtube.com/watch?v=YaQKdaNPrFA


part2 http://www.youtube.com/watch?v=ZysbNm0sWUE


part3 http://www.youtube.com/watch?v=msshQbEJJWA


part4 http://www.youtube.com/watch?v=phJQKO2x6Hg


part5 http://www.youtube.com/watch?v=pQs9WdwH86c

関連リンク

田亀源五郎公式サイト

『日本のゲイ・エロティック・アートVol.2』ゲイのファンタジーの時代的変遷
『日本のゲイ・エロティック・アートVol.3』ゲイ雑誌の発展と多様化する作家たち


この本への反応

  1. [...] 日本のゲイ・エロティック・アートvol.1 ——ゲイ雑誌創生期の作家たち [2003.12.19刊行] 編●田亀源五郎 [...]

  2. [...] [ポット出版] ゲイ雑誌というメディア上で、一過性の娯楽として消費されていくだけで名前すら知られず、作品を発掘したりという動きもなく、忘れ去られていくだけであった、「ゲイ・エロティック・アーティスト」たちを再評価する画集『日本のゲイ・エロティック・アート』。いよいよ『vol.1』『vol.2』に続く、『vol.3』の刊行に向けて動き出します。 [...]

  3. [...] ゲイ雑誌というメディア上で、一過性の娯楽として消費されていくだけで名前すら知られず、作品を発掘したりという動きもなく、忘れ去られていくだけであった、「ゲイ・エロティック・アーティスト」たちを再評価する画集『日本のゲイ・エロティック・アート』。いよいよ『vol.1』『vol.2』に続く、『vol.3』の刊行に向けて動き出します。 [...]

  4. [...] [ポット出版] 『日本のゲイ・エロティック・アートvol.3』の刊行にあたり、武内条二先生のイラスト、掲載誌、切り抜きなどをお持ちの方へご協力のお願いです。 ゲイ雑誌というメディア上で、一過性の娯楽として消費されていくだけで名前すら知られず、作品を発掘したりという動きもなく、忘れ去られていくだけであった、「ゲイ・エロティック・アーティスト」たちを再評価する画集『日本のゲイ・エロティック・アート』。いよいよ『vol.1』『vol.2』に続く、『vol.3』の刊行に向けて動き出します。 [...]

  5. [...] 『日本のゲイ・エロティック・アート』の序文で田亀源五郎は矢頭保の作品が黙殺され続けていることについて、悔しさの滲む文章を書いています(PDFです。http://www.pot.co.jp/pub_list/pub_book/images/geiero2_001-032_mihon.pdf)。 [...]