風俗ゼミナール 女の子編

発行:ポット出版
松沢 呉一 著
定価:1,700円 + 税
ISBN978-4-939015-31-1(4-939015-31-9) C0095
四六判 / 224ページ /並製
[2001年04月刊行]
印刷・製本●シナノ
書籍のご購入は右側から ⇒


内容紹介

プロの世界にはプロの仕事がある。指名がバンバン取れる風俗嬢、ナンバー1の子には、気遣いもあれば それを支えるだけの努力をしているのも当然だ。全国に風俗妻を持つ著者の 鋭い洞察力が、女の子たちとの出会いと別れの中で知見した風俗の世界。

目次

lecture*01  受付嬢と風俗嬢

lecture*02  ウソ若妻と淫乱妻

lecture*03  出張ヘルス事情をおしえます

lecture*04  義理の兄との一夜

lecture*05  住み込み風俗嬢と泊まり再考

lecture*06  熟女風俗嬢の採用条件

lecture*07  本番しませんでした?

lecture*08  想像を越えるオシッコ

lecture*09  痴漢のおさわり

lecture*10  風俗指導員の挫折



Questions

前書きなど

 この本の作業が大詰めに差しかかった三月上旬のこと。池袋のイメクラ「自慰コレクション」のナンバーワンであるゆうこちゃんに接客してもらいました。この店は、女の子がオナニーをして待っている珍しい趣向。(中略)この店は、すぐにプレイに突入するため、会話などの接客の要素が少ない。少ないがために、帰り際の数分だけに集中して、ちょっとした工夫をここに注ぎ込めば、指名増大間違いなしでしょう。


 そう思って、ゆうこちゃんには、いろんな接客テクを教えました。 「今日はすごくタメになりました。そういう話って、どっかにまとめて書いてないんですか」

「フッフッフッ、いいことを聞いてくれた。来月、そういう本が出るんだよ」 「絶対買います」  もちろん、これは本書のことです。(あとがきより)

担当から一言

同時発売の『お客編』もある。

 すでに続刊『上級編』の原稿もほぼ完成しています。著者は「この本がそこそこ売れたら、『上級編』も出したいね」と言っています。

著者プロフィール

松沢 呉一(マツザワ クレイチ)

1958年生。かつては音楽関係、放送関係の仕事に携わったり、宣伝企画の仕事をやったりもしていたが、ここ10年近くは性にまつわるさまざまを得意分野とするライターをやっている。思うところあって、しばらくテレビ関係の仕事は断っていたのだが、出版界、特にエロ本業界で食っていくことに不安を抱き、深夜番組や地方局の番組に積極的に出るようになりつつある。将来の夢は「風俗店で死んで風俗葬を出してもらうこと」。好きな言葉は「半額」。著書に『魔羅の肖像』(新潮OH!文庫)、『大エロ捜査網』(青弓社)、編著に『売る売らないはワタシが決める』(ポット出版)などがあり、本書を皮切りに、怒濤の出版ラッシュを迎える予定。

関連リンク

読者の声


この本への反応

  1. [...] 松沢呉一さんの好評シリーズ『風俗ゼミナール』の『女の子編』、『お客編』を増刷しました。『女の子編』は4度目の増刷で5刷、『お客編』は3度目の増刷で4刷となります。 [...]

  2. [...] (2.ゴーマニスト大パーティー3/10,000部) 3.風俗ゼミナール 女の子編/7,000部 4.風俗ゼミナール お客編/5,500部 4.カーミラ/5,500部 [...]