シェイクスピア・ソナタ

発行:ポット出版
岩松 了 著
定価:1,600円 + 税
ISBN978-4-7808-0119-4 C0093
四六判 / 184ページ /上製
[2008年12月刊行]
印刷・製本●シナノ印刷株式会社
書籍のご購入は右側から ⇒


内容紹介

その男が奏でるのは──
四大悲劇と一つの悲喜劇。

ドラマ『時効警察』出演(課長・熊本役)・監督(3話)・脚本(3話、7話)の岩松了が描く、シェイクスピア五番目の悲劇。
松本幸四郎主演、PARCO劇場”シアターナインス”10周年記念講演の岩松了書き下ろし脚本を単行本化。


目次

著者プロフィール

岩松 了(イワマツ リョウ)

■プロフィール
著●岩松了(いわまつ・りょう)
劇作家、演出家、俳優。1952年長崎県生まれ。
自由劇場、東京乾電池を経て、「竹中直人の会」、「タ・マニネ公演」など、様々なプロデュース公演で活動する。
1989年『蒲団と達磨』で「演劇界の芥川賞」の異名を持つ岸田國士戯曲賞、1994年『こわれゆく男』『鳩を飼う姉妹』で紀伊國屋演劇賞個人賞、1998年『テレビ・デイズ』で読売文化賞。映画『東京日和』で日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。

【ドラマ】「時効警察」「帰ってきた時効警察」ANB(出演・監督・脚本)ほか多数
【CM】「KINCHOカトリス」ほか多数
【映画】「たみおのしあわせ」(監督・脚本・出演)ほか多数
【舞台】「恋する妊婦」(演出・脚本)、「死ぬまでの短い時間」(演出・脚本)ほか多数

関連リンク

【舞台】シェイクスピア・ソナタ公式サイト
シアター・ナインスヒストリー


この本への反応

  1. [...] 今日は岩松了さんの新作戯曲『シェイクスピア・ソナタ』の入稿の日です。 12月中頃書店発売です。 [...]

  2. [...] みなさま、岩松了の書き下ろし脚本『シェイクスピア・ソナタ』が間もなく発売です。どうぞよろしくお願いします。 [...]

  3. [...] 2009年12月10日(水)〜12月25日(木)、bunkamuraシアターコクーンにて舞台「箱の中の女」が公演します。 演出は間もなく発売する、新刊「シェイクスピア・ソナタ」の著者、岩松了さんです。 [...]

  4. [...] 新刊『ず・ぼん14』、本日発売です。全国の書店、オンライン書店でお買い求めください。大きな書店さんであれば、明日から店頭に並びます。版元ドットコム、直接のご連絡による直販も承っております。 [...]

  5. [...] ●シェイクスピア・ソナタ(ポット出版での紹介はこちら) ●発行=2008年12月16日[第一版第一刷] ●発行所=ポット出版 [...]

  6. [...] 岩松 あんまりないんですよ。『シェイクスピア・ソナタ』という本は書きましたけどね。あれは松本幸四郎さんから話をいただいたもので、松本さんはシェイクスピアの四大悲劇を実際自分で演じていて、「ついては岩松さん、シェイクスピアの四大悲劇をやった役者の話を書いてくれませんか」と言われて。最初、「僕、シェイクスピア、よく知らないんで」と言ったんですけど、「この際勉強するか」と思って書いたんです。 [...]