2009-07-28

お部屋1925/「著者キャンぺーン」の補足

本日、7月28日(火)でメルマガ「マツワル」の購読受付は終了です。詳しくは「1911/マツワル購読者募集開始」をご覧下さい。あとになって「気づかなかった」などと文句を言ってくる人がいるので、まず「マツワル」のことを告知しておきました。

もう「著者キャンペーン」は終了したのですが、ミハルチック『エロスの原風景』とヴィトンとのコラボを実現してくれたので、皆さん、ご覧になってください。あの写真は箱に入った状態です。箱より中の表紙の方が派手なので、途中で書影を差し替えました。

他のいろんなプランドともコラボしたいので、私も今後は本を持ち歩こうと思ってます。

そろそろ東村山問題に復帰したいのですが、どこから戻っていいのかわからんので、もう少し先にするとして、今回は「著者キャンペーン」の補足です。「modernfreaks」のインタビューはちいとも更新されなくて全然宣伝になりそうになく、もう少しやっておかないと不安ということもありまして。

先週もアマゾンやジュンク堂は順調でした。紀伊国屋も低空飛行のまま順調に横ばいです。書評が次々出てますが、書店での動きを見ても、やっぱり効果は数字に出ていないです。数字にはまったく出なかったと言ってもよく、私も雑誌で仕事をしていますから、わかってはいても淋しいものです。ただ、ポット出版がそれを使って営業をかけて、30冊ほど注文がとれたので、「書評は書店向けになお効果がある」とは言えます。

これも書評にはなんの関係もないのですが、『エロスの原風景』の特徴は、旧著までを動かしているってことです。新刊を出すと、古いものが動きはするのですが、その動き方が今回は派手です。

『風俗お作法』はしばしばアマゾンで4桁に入っていて、新刊なみの動きです。もちろん、嬉しいのですが、時々、『エロスの原風景』の順位を抜くことがムカつきます。今はおめえの出番じゃなかろうて。

『エロスの原風景』の次に新しい本ですから、これはまだしもわかりますけど、風俗産業に接点がない人は、『風俗お作法』はあんまり面白くないかもよ。だったら、『売る売らないはワタシが決める』の方が普遍的な内容になっているので、とくに「売買春の是非」について整理できていない人は読んでみてくださいな。これもボチボチまた動いてます。

また、『魔羅の肖像』『エロ街道をゆく』『ぐろぐろ』は文庫ですから、ついでに買う人が多いことが想像できるとして、あんなに売れなかった『60分ロマンス』までが動いてます。『60分ロマンス』に続く「風俗ゼミナール/体験編」第二弾も用意してあったのですが、『60分ロマンス』があまりに売れずに挫折しました。いまさら少々売れたところで、続編を出すことはないでしょうが、実売部数の印税ですから、売れたら売れただけ金が入ってきて嬉しいです。

なのに、『熟女の旅』はどこまでも売れないのがまた不思議。自信作だったんだけどなあ。

旧著の動きからすると、おそらく『エロスの原風景』で初めて私の著書を買ってくれた人が多く、ことによると、私の本業であるエロ関連の原稿を読んだことがなかった人が多かったのかもしれない。東村山問題はあくまで余暇でやっていることであって、本業はエロなんで、そこんとこ、誤解のないように。

今回は『エロスの原風景』以外の本を宣伝しておきました。