2009-04-20

お部屋1821/『最後のパレード』の著者・中村克について

まずは以下を読んでください。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090419-OYT1T00854.htm
—————————————————————————————————

ベストセラー盗用疑惑、TDL逸話集「最後のパレード」

 東京ディズニーランドでの客とスタッフのエピソードを集めた本としてベストセラーになっている「最後のパレード ディズニーランドで本当にあった心温まる話」(サンクチュアリ・パブリッシング発行、中村克著)に、読売新聞に掲載された「小さな親切はがきキャンペーン」の入賞作品がほぼそのまま収録されていることがわかった。

 ほかにも、掲載されている複数のエピソードが、過去にインターネットの掲示板「2ちゃんねる」に投稿された文章と酷似していることも明らかになった。

 読売新聞掲載の作品とほぼ同じ内容だったのは「大きな白い温かい手」と題された文章で、脳梗塞(こうそく)で障害が残った車いすの夫とその妻が、「ドナルドダック」に背中や腕をさすられ、感激したという話。社団法人「小さな親切」運動本部が2004年に実施した同キャンペーンで日本郵政公社総裁賞を受けた作品に酷似しており、文末を「です・ます」にしたり、「重度の」を「重い」にしたりするなどの言い換えはしているが、文章の流れや表現はほとんど変わらない。

 この作品は同年11月24日の読売新聞夕刊に掲載されているが、執筆した大分県内の女性は、同書で使うことを一切知らされなかったという。女性は「ディズニーランドではなく、地元の遊園地に出かけた時のことを書いた」と話している。

 一方、2ちゃんねるには同ランドでの感動した出来事を紹介するコーナーがあり、そこへの書き込みと酷似した文章も、同書には複数収録されている。2ちゃんねるに書き込まれた時期は、同書の出版以前だった。

 同書の末尾には参考文献が挙げられ、「関連サイトの情報を参考にさせていただきました」との記載もあるが、外部の文章を引用したなどの記述はなかった。

 著者の中村氏は、読売新聞に載った作品がほぼそのまま収録されていることについて、「ネットなどいろいろなところから題材を仕入れたと本にも書いてある」と釈明。「15年間現場にいたから、こういう話はいくらでも聞いている。決してうそではない」とする一方、「全部本当かどうかは分からない」とも話している。

 同書の初版発行日は先月10日。発行元のサンクチュアリ・パブリッシングの鶴巻謙介社長は、「エピソードは、著者が見聞きしたり、ディズニーランドの社内で語り継がれたりしている話だと聞いているが、ネットや新聞に酷似した文章があるとは知らなかった。著者や編集者から詳しい経緯を聞きたい」と話している。

 ◆「最後のパレード」=33章から成り、ディズニーランドであったとされるエピソードを紹介している。著者の中村氏について、同書の略歴欄には、1982年に同ランドを運営するオリエンタルランドに入社し、約15年間、社員指導などを担当したと記されている。発行元によると、これまでに約23万部が売れたという。
(2009年4月20日03時06分 読売新聞)

—————————————————————————————————

驚きました。

テレビの報道によると、本人は盗用を否定しているそうですが、この記事を見る限り、完全にアウトでしょう。「ほぼそのまま」「酷似」ですからね。この報道以前に、アマゾンのレビューでも指摘されています。バレるべくしてバレたってことでしょう。

著者の中村克氏については、東村山の問題に詳しい人ならピンと来るはずです。「草の根」の数少ない支援者の一人であり、薄井市議に対する「辞職勧告を求める請願」を出した人物です。つまり、私や3羽の雀さん荒井さんが今なお「草の根」について、また、それを支持する瀬戸弘幸について書き続けているきっかけを作った人物でもあります。

ディズニーランドに勤務していたことはことあるごとに本人が吹聴してましたが、まさか著書がベストセラーになっているとは知りませんでした。文章が下手な人なんですけどね。

プロフィールはこちら。すでにブログが閉鎖されていますが、「東村山4丁目」というHNも使用してました。

現在のブログはこちら。古いエントリーはすでに消されていますが、矢野穂積・朝木直子著『東村山の闇』を紹介した2007年9月22日付けのエントリーを紹介しておきましょう。

—————————————————————————————————

(略)

そのホームページで知ったのが朝木、矢野両議員が書いた一冊の本です。
私にとって読書は、趣味というか仕事の一環というか、どちらにしてもかなりの本は読んでいますが、これだけ衝撃を受けた本はない、そう申し上げたいと思います。
パラダイム(ものの見かた、考え方)が変わったといっても過言ではありません。

内容はともかくとして、両議員の「いきざま」が伝わってくる書籍です。また、なぜ、佐藤市議を追求しているのか、なぜ今回の請願が訴訟に結びつくのかがそれとなく理解できる一冊です。

—————————————————————————————————

パクリはやるとしても、人を見る目はないとしても、文章が下手ではあっても、正直な人ではあるのかもしれません。「内容はともかく」「それとなく」だってさ。

矢野・朝木コンビは、アダルトサイトからパクった動画を公開してクレームをつけられ「読売新聞」の記事を捏造して抗議された過去がありますし、これ以外にもパクリの常習犯と言っていい。

そう言えば、瀬戸弘幸もパクリをよくやってますね。今まで何度も言っていることですが、どうしてこうも似たような人たちが集まるのかな。

『最後のパレード』については検証サイトを作る動きもあるようなので、遠からずはっきりするでしょう。

※検証ウィキがもうできてました。

http://www42.atwiki.jp/parede/