寝顔に「ごめんね」言いたくない! さよなら、イライラ育児

発行:ポット出版プラス
三浦 りさ 著
希望小売価格:1,000円 + 税 (この商品は非再販商品です)
ISBN978-4-86642-003-5 C2077
四六判 / 112ページ /並製
[2016年12月刊行]
印刷・製本●シナノ印刷株式会社
ブックデザイン 小久保由美
書籍のご購入は右側から ⇒


【電子書籍】
●『寝顔に「ごめんね」言いたくない!』は電子版(価格:800円+税)もあります。以下のサイトでもご購入いただけます。

内容紹介

◉「イライラ育児」からさよならする7つの技術を教えます。
自分の気持ちを書き出すことで、自分自身を客観視していきましょう。

◉東京・足立区を中心に行政・幼稚園・保育園・学校・企業などへの
子育て講座を数多く開催している著者・三浦りさが、
育児に悩むママに贈る一冊。

目次

怒鳴らず、叩かず、
子育てしたいあなたへ

第一章 現代のママの子育て事情
「孤育て」しているお母さん
 
第二章 しつけってなあに?
「愛のムチ」という名の体罰をしないために
怒りやストレスと上手に付き合う

第三章 7つのハートでイライラしない
[♥1] ストレス解消法を探す
[♥2] 他の子どもと比べない
[♥3] 成長に合った約束ごとをつくる
[♥4] 考え方のプロセスを身につける
[♥5] 的確な言葉づかいをする
[♥6] ほめて育てる
[♥7] 怒りの沈め方を見つける

イライラ育児にさよならすれば
家庭が子どもの安心基地になる

私のドタバタ子育て ❶
できないことよりもいいところに目を向ける

私のドタバタ子育て ❷
子どもとの約束はかわいそうでも絶対にゆずらない

前書きなど

[あとがきより]
イライラ育児にさよならすれば
家庭が子どもの安心基地になる

三浦りさ

[前略]
 子育てをしていると、楽しいこともあるけれど、そうではないことだってたくさんあります。思うようにいかなくて親として情けなくなったり、不甲斐なさを感じたり、つらい思いをしたりするのは、みんな同じ。いつの時代もみんなそうやって子育てをしているんだと思います。
 感情だけで怒ってしまったり、つい言い過ぎてしまったりしたあと、涙をぬぐっていた子どもの顔を思い出して、罪悪感に襲われ、情けなくなる。そして自分への苛立ち。子どもの寝顔を見ながら「ごめんね」って言うときの心がきしんで、キューッて音が鳴るような苦しさ。
 イライラすることは当たり前だし、悪いことでもありません。イライラしてもいいけれど、それによってお母さん自身が負のスパイラルに陥ってしまうと、つらいことになります。だから少しでも寝顔に「ごめんね」を言わないですむ方法・技術を知ってほしいのです。
[後略]

著者プロフィール

三浦 りさ(ミウラ リサ)

NPO法人子育てパレット代表理事
株式会社アネラ代表取締役
Nobody’s Perfect 完璧な親なんていないファシリテーター
CSPコモンセンス・ペアレンティング講師(「怒鳴らない子育て講座」講師)

1964年生まれ。結婚後、ギリシャ、ベルギー、キプロス共和国、香港で暮らし、長女の小学校入学を機に帰国。その後、長男の出産をきっかけに、数多くの乳幼児に関する資格と、リフレクソロジーなどのママを癒すための資格を取得する。2007年に乳幼児教室とママのための癒しサロン「Noah grace Salon」をオープン。その後、子育て支援、虐待防止支援、DV防止支援を学び、2011年「NPO法人子育てパレット」を設立。2015年7月、「株式会社アネラ」設立、代表取締役に就任。現在、「マタニティー&ベビーハウスohana」を拠点に、電話相談「耳をすませて…」、子育て講座講師など、日々たくさんのママたちと接している。また、企業・行政・幼稚園・保育園・学校などを対象に、出張子育て講座を行なっている。