改訂版 【電子書籍版】論集文字 第1号 漢字の現場は改定常用漢字表をどう見るか

発行:ポット出版
文字研究会 編
希望小売価格:933円 + 税 (この商品は非再販商品です)
ISBN978-4-7808-5082-6 C0081

[2012年06月刊行]

ブックデザイン 山田信也
書籍のご購入は右側から ⇒


●発行・バージョン
・2012年6月27日 .book(ドットブック)版 Ver.1.1
※この本は電子書籍です。電子書籍販売サイト「BinB Store」でご購入いただけます。
●2012年6月に発行した紙版の『論集文字 第1号 改訂版』はこちら

内容紹介

改定常用漢字表で、結局、なにが変わったのか?
新聞校閲、学校教育、業務システム、ネットと出版の現場から、身近な漢字の変化に迫る。

※本書は電子書籍「論集文字 第1号」(2011年5月)を改訂した紙版を元に、改めてPDF化したものです。
紙版では抜粋とした「改定常用漢字表(文化審議会答申)」を全文掲載しています。

目次

・ポット出版版への序
・はじめに
 小形克宏(フリーライター)

◎第1章「現場」から考える
・新聞表記と常用漢字表改定
 比留間直和(朝日新聞社)
・国語教育の現場から改定常用漢字表を考へる
 前川孝志(都立若葉総合高校教諭)
・改定常用漢字表で情報システムはどうなるのだろう?
 関口正裕(富士通)

◎第2章「漢字調査」から考える
・ウェブ上における使用実態統計から改定常用漢字表
 萩原正人(バイドゥ株式会社プロダクト事業部)
・【資料紹介】漢字出現頻度数調査
 師茂樹(花園大学)

◎付録
・改定常用漢字表(文化審議会答申)

・プロフィール


コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.