風俗嬢意識調査 126人の職業意識

発行:ポット出版
要 友紀子 著, 水島 希 著
定価:2,300円 + 税
ISBN978-4-939015-76-2(4-939015-76-9) C0036
四六判 / 304ページ /上製
[2005年04月刊行]
印刷・製本●厚徳社
書籍のご購入は右側から ⇒


内容紹介

風俗嬢は自分たちの仕事についてどう思っているのか——。性風俗に関する現実的な議論と対策を考えるために、風俗嬢126人に、仕事について聞いてみました。「あなたは、この仕事で何を売っていると思いますか」「この仕事のことを、家族や恋人に話していますか」など、全39項目の質問の答えから何がみえるか。宮台真司、橋爪大三郎、小倉千加子などによる解説付き。

目次

■第1章■風俗嬢意識調査報告——

年齢/動機/仕事の見つけ方/職歴/勤務年数/掛け持ち/労働時間/収入/サービス内容/取材/仕事に対する誇り/罪悪感/仕事の良い点/売春/仕事について/風俗と浮気/風俗に対する認識/引退/客からの被害/被害への対処/客の態度/ストーカー被害/嫌な客/店からの被害/身体的な変化/精神的変化/困ること/相談相手/性病検査/病院の対応



■第2章■風俗嬢座談会+再現インタビュー——

●風俗嬢座談会 調査結果とお店の中

絵里奈(イメクラ)×千夏(イメクラ・性感)×公佳(イメクラ)

要友紀子×沢辺均(ポット出版)

●ヘルス系風俗のタイムテーブル

学園系イメクラで働く、坂本公佳ちゃんのある一日

●再現インタビュー

●『風俗嬢意識調査』はこうして作られた

かおり(イメクラ)×要友紀子



■第3章■『風俗嬢意識調査』を読む——

橋爪大三郎●風俗嬢の労働は、ごくふつうの労働なのか

瀬地山角●フツーの人のフツーのお仕事

南智子●風俗嬢意識調査にみる、風俗・セクシュアリティ・男女関係の過渡期的変質

小倉千加子●今や「風俗嬢」は「客体」ではない

宮台真司●社会の中に性がある売買春合法化に向けて



資料●アンケート用紙/全回答/風俗の分類と内容/風俗用語辞典

著者プロフィール

要 友紀子(カナメ ユキコ)

1976年生。SWASHメンバー。主な著作は「売る売らないはワタシが決める」(共著、ポット出版、2000)、「性を再考する」(共著、青弓社、2003)など。

水島 希(ミズシマ ノゾミ)

1969年生。東京大学情報学環交流研究員。SWASHメンバー。専攻は行動生態学、進化論。理学博士。主な著作は「売買春とセックスワーカー」(共著、アエラムック『ジェンダーがわかる。』、朝日新聞社、2002)、「セックスワーカーの運動─それでも現場はまわっている」(『労働のジェンダー化』平凡社、2005)など。

関連リンク

SWASHホームページ
風俗嬢意識調査の活動日誌(要友紀子)


コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*