まるわかり幼稚園ライフ 子育て・子育ち・先生・お友達・ママ友のこと

発行:ポット出版
西東 桂子 著
希望小売価格:1,000円 + 税 (この商品は非再販商品です)
ISBN978-4-7808-0195-8 C0077
四六判 / 160ページ /並製
[2013年03月刊行]
印刷・製本●シナノ印刷株式会社
ブックデザイン 大原真理子
書籍のご購入は右側から ⇒


【電子書籍】
●『まるわかり幼稚園ライフ』は電子版(価格:1,000円+税)もあります。以下のサイトでご購入いただけます。
まるわかり幼稚園ライフ

内容紹介

保護者や保育者への講演で定評のある教育ジャーナリスト・西東桂子が、私立幼稚園での保育実習13年の経験を生かして綴ったエッセイ本。「幼稚園生活へのヒント」と「子育てのヒント」の2章構成で、保護者(特に母親)が知りたいことと、知っておいてほしいことを26テーマにまとめています。
1年を通しての園での子どもの育ちと保育者の意図、保護者の心得を実例を交えて紹介。家庭と社会での子育てについては、将来の安心のために今すぐできることを提案。手元に置いて時々読み返すと元気がわいてくる本です。
カバー・本文イラスト 石川えりこ

目次

はじめに

第1章●幼稚園生活へのヒント
・1学期
 年度初めの幼稚園
 新入園児のお弁当+アルファ
 年次別の保護者の悩み[年少さん]
 年次別の保護者の悩み[年中さん・年長さん]
 ドラマを通して考えたPTA活動とママ友関係
 雨の日もまた楽し!

・2学期
 いじわるされた?[年中さん・その1]
 お友達の個性を知る[年中さん・その2]
 運動会の楽しみ方とマナー
 「我慢」の体験、させていますか?
 幼稚園のママ友は悩みの友でもある
 園内でケガをしたとき、させたとき
 年長さんは秋にぐぐっと成長する

・3学期
 行事に込められた意味
 家庭教育と幼児教育の違い


第2章●子育てのヒント
・子どもの育ち
 子どもの姿から学ぶべきこと
 ワンセンテンス会話からの脱却
 お手伝いのすすめ
 近視から子どもを守ろう
 家庭でできる食育

・親の学び
 誰のための子育てポリシーか?
 お父さんの子育てをサポートしよう
 お父さんはお父さんであれ!
 心の中の竜を育てる
 「トイレめし」の芽は幼児期に出る?
 失敗は力なり!

担当から一言

幼稚園ってどんなところなのでしょうか。実際に子どもを通わせているお母さんお父さんも、園内の様子は知らないことがたくさんあります。
この本には、1学期から3学期までの子どもたちの過ごし方や、年少から年長にかけての成長ぶりが、具体的なエピソードをまじえながら書かれています。例えば、発表会の役を園児自身が決めていく様子は、園児とは思えない見事さで「たいしたもんだ」と子どもの力に驚きます。同時に、上手に子どもたちに助言していく先生の姿から、発表会に含まれている教育の意図を知ることもできます。そのほか、園内でのトラブルの対処法、運動会のマナーなど、新入園児の保護者はもちろん、在園児の保護者にも役立つ情報が盛りだくさんです。
[担当編集・佐藤]

著者プロフィール

西東 桂子(サイトウ ケイコ)

教育ジャーナリスト・編集者
東京女子大学文理学部卒業。出版社勤務、月刊「幼稚園ママ」(朝日新聞社出版局)編集長を経て、1998年からフリーランス。現在、月刊「あんふぁん」(サンケイリビング新聞社)監修者、文芸社「えほん大賞」選考委員、公益財団法人東京都私学財団評議員。私立幼稚園での“保育実習”13年の経験を活かして保護者や園長・保育者に向けて講演活動も。編集担当書籍に、『はじめて出会う育児の百科』『こころに届く授業』(ともに小学館)、食育副読本『日本FOOD紀』(ダイヤモンド社)、『崩食と放食』(NHK出版・生活人新書)など多数。