絵物語 ドミナの園 Garden of Domina: An Illustrated Story

発行:ポット出版
春川 ナミオ 著, ドミニク・ウルフ 訳
希望小売価格:2,800円 + 税 (この商品は非再販商品です)
ISBN978-4-7808-0183-5 C0071
A5判 / 168ページ /並製
[2012年07月刊行]
印刷・製本●シナノ印刷株式会社
ブックデザイン 小久保由美
書籍のご購入は右側から ⇒


【電子書籍】
●『絵物語 ドミナの園』は電子版(価格:1,800円+税)もあります。以下のサイトでご購入いただけます。

内容紹介

豊かな女性のお尻に敷かれる悦びを描いて50年。
春川ナミオが贈る、輝くお尻の絵物語。
描きおろしの新作80点をあっ!と驚くストーリーとともにお届けします。
全ページ英訳付。

A gorgeous gluteus, a bounteous bottom, a robust rump, even an ample ass: there are many ways to describe the pleasures of the oshiri (pronounced o-shee-ree.) In Harukawa Namio’s delicately conceived drawings and their accompanying story, there emerges a holy bond of lust and love between cosmetics company president Ohara Kana and the men who would serve her. Kana loves to abuse men with her tremendous buttocks, and they explore the cruel joys found beneath her stunning endowment. Eventually, Kana creates a Garden of Paradise where she, her fellow lusty ladies, and their slaves discover the most exquisite ecstasies of the ass. A leading Japanese SM illustrator who has dedicated his oeuvre to the glories of the ass, Harukawa Namio both amuses and arouses his reader in this charming tale.

目次

●ドミナの園

・プロフィール
・Note to the English Reader

前書きなど

●あらすじ
58才にしては老けたハゲの小男、秋山春男が経営する化粧品会社・美人堂。
そのCMのモデルとして起用されたことから、身長190cm超、バスト120cm超の巨大美女大原加奈の快進撃が始まる。
その豊満なお尻で男たちを奴隷として生きる悦びに目覚めさせ、瞬く間に社長の座に駆け上った加奈。
数々のM男を尻に敷きながら、サディスティック・ビューティ・サロン、レンタル奴隷派遣業といった新しいサービスを立ち上げ、男を屈服させる悦びを女性たちに教えていった。
次々とS女として輝きはじめる女性たち。
そしてついに、女性を崇拝する奴隷が集まる屋外アミューズメント施設「太陽の楽園」を立ち上げた加奈がいきつく先とは……。

著者プロフィール

春川 ナミオ(ハルカワ ナミオ)

1947年大阪生まれ。筆名は女優・春川ますみと谷崎潤一郎の『痴人の愛』のヒロイン・ナオミに由来する。高校時代より、カストリ雑誌の草分け「奇譚クラブ」の読者投稿欄に、作品を寄稿。美しく豊満で気高い女性と、彼女に奉仕する男をモチーフに一貫して男性マゾヒズムを描き、この分野の第一人者の地位を確立する。画業の他にも関連AVのパッケージイラストを手がけ、アドバイザーなども務める。

HARUKAWA Namio
Born 1947 in Osaka, Japan. Harukawa’s distinctive penname combines the name of film actress Harukawa Masumi with an anagram of Naomi, the sadistic heroine in Tanizaki Jun’ichiro’s novel Chijin no ai [A Fool’s Love]. While in high school, Harukawa began contributing work to the readers’ column of Kitan Club, postwar Japan’s leading pulp magazine. Since then, Harukawa’s drawings of male masochism have portrayed noble, voluptuously beautiful women and the men who would serve them. Harukawa is now recognized as the preeminent Japanese illustrator specializing in the depiction of women’s ass. In addition to his drawings on paper, Harukawa has also created cover artwork for numerous SM porn video productions and has served as a consulting editor for several other projects derived from his work.

(Tanizaki’s tale of masochism is published in English under the title Naomi. Harukawa Masumi stars in Shohei Imamura’s Intentions of Murder and also appears in the same director’s classic The Insect Woman.)