赤ちゃんのためのおくるみスリング ねんねこりんの作り方

発行:ポット出版
釘村 千夜子
希望小売価格:1,000円 + 税 (この商品は非再販商品です)
ISBN978-4-7808-0179-8 C2077
A5横 96ページ /並製
[2012年04月刊行]
印刷・製本●シナノ印刷株式会社
ブックデザイン 小久保由美
書籍のご購入は右側から ⇒


●『赤ちゃんのためのおくるみスリング ねんねこりんの作り方』は電子版もあります。電子書籍販売サイト「BinB Store」でご購入いただけます。

内容紹介

助産師・釘村千夜子が考案した
「ねんねこりん」は
赤ちゃんを安らかに包みこむ、
一枚の布だけで作るおくるみスリング。
お母さんと赤ちゃんの心地よい「抱っこ」のために
お手製のねんねこりんの作り方を紹介します。

目次

ベビースリングねんねこりんって?
Chapter 1 初心者でも安心、始める前の準備編
なにがいる?
まずお部屋の環境を整える
布の選び方
布の種類の特徴は?
抱っこ帯のサイズを決める!
自分のサイズを測る/布の長さを決める
布の断ち方
下準備のアイロン
Chapter 2 さぁ本番! 縫い方編
ねんねこりんを縫ってみましょう
「ねんねこりん抱っこマット」を作ってみる
抱っこマットの作り方
マットカバーの作り方
Chapter 3 ねんねこりん いろいろな使い方編
ねんねこりんを使ってみましょう 
基本の抱き方
赤ちゃんをねんねこりんから出すとき
寝ている赤ちゃんをそのまま下ろすとき
抱っこマットの使い方
いろいろな抱き方
いろいろな使い方
安全・安心に使っていただくために
ねんねこりんのお手入れ
エピローグ
ねんねこりんの産みの親、釘村千夜子について

著者プロフィール

釘村 千夜子(クギムラ チヤコ)

看護師/助産師
宮崎県都城市出身。1954年生まれ。
タイ・カンボジアでのNGO(JVC/SHARE)で、母子保健活動やエイズ予防、思春期の心と体のケアなどに携わる。
その後1992年に東京で出張専門助産所を開業。 自宅出産・母親学級・新生児訪問・思春期相談(エイズ/性感染症予防中心)・産まれる話出前講座など活動は多岐にわたる。
現在は、自ら考案したおくるみスリング「ねんねこりん」の普及に努めている。

関連リンク

「ねんねこりん」+東北復興支援プロジェクト
『ねんねこりん』刊行記念、南三陸で「ミシンでお仕事プロジェクト」とともに
ねんねこりん工房
『ねんねこりん』掲載記事


コメントをどうぞ

※下の画像に表示されている文字を「キャプチャコード」入力欄に入れてから「送信」して下さい

*