青き闘球部 東京朝鮮高校ラグビー部の目指すノーサイド

発行:ポット出版
李 スンイル 著
定価:1,900円 + 税
ISBN978-4-7808-0106-4 C0095
四六判 / 280ページ /上製
[2007年09月刊行]

書籍のご購入は右側から ⇒


【電子書籍】
●『青き闘球部』は電子版もあります。以下のサイトをはじめ、各電子書店でご購入いただけます。
(アイコンをクリックしていただくと、それぞれの書店の本書販売サイトが表示されます)

女子をこじらせて - 雨宮まみ

内容紹介


朝高ラグビー部には魂がある。

それは日本人が忘れてしまったものだ。

─竹内伸光・國學院久我山ラグビー部監督



70年代。東京朝鮮高校にラグビー部が産声を上げた頃、彼らは日本の社会でどこからも相手にされなかった。

…それでも、ほんの偶然から交流が始まり、身体と身体をぶつけ合い、互いに互いの痛みを知ることによって、少しずつ相手を知り始めた。

(本文より)



そして未経験者が大半のラグビー部は、東京都予選決勝まで勝ち上がる強豪となった─



1994年に公式戦出場が認められ、全国大会・花園にあと一歩まで迫る朝高生たちの姿を描いたノンフィクション。

目次

序章 久我山との熱戦



第一部 1975年からの歴史

第一章 草創期

第二章 表舞台

第三章 悪条件

第四章 問題児



第二部 2000年からの挑戦

第五章 新入部員

第六章 取り組み

第七章 交流

終章 緑の中の再戦



補遺 朝鮮高校を知るために〜日本に生きた一世の歴史から、次なる世代の未来へ〜

著者プロフィール

李 スンイル(リ スンイル)

1961年日本生まれの在日コリアン3世。

著書に、朝鮮半島出身者としての苦悩を抱えて生きたプロレスラー・力道山の生涯を描いた『もう一人の力道山』(小学館/1996)、 大阪朝鮮高校ラグビー部について記した『ラグビー・ルネッサンス』(共著/双葉社/2004)など。

現在、関東ラグビーフットボール協会公認レフリー。


この本への反応

  1. [...] ポット出版で2007年に刊行した『青き闘球部』の著者、李スンイルさんから 東京朝鮮高校ラグビー部が、東京都予選で、なんと決勝まで進んだとのメールをもらいました。 決勝戦は、15日秩父宮ラグビー場にて、相手は強敵、國學院久我山です。 國學院久我山といえば、全国一に何度もなっている強豪。 これに勝てば、夢の花園。 ああ、勝ってほしいなあ。 [...]

  2. [...] 東京朝鮮高校ラグビー部員たちの歴史を綴った『青き闘球部』の著者、李スンイルさんによると [...]