2009-12-16

お部屋1993/「実話ナックルズ」久田将義編集長の弱点

前に紹介した「実話ナックルズ」のブログですが、大変面白い内容になってますので、ぜひご覧になってください。

今のところ、久田編集長しか書いていないのですが、彼の難点は、ヤクザやチンピラの脅しには強いのに、インターネットにはからきし弱いことです。この弱点を克服させるべく、時折講義してあげているのですが、まだよくわかっていないみたい。12月24日、「ナックルズ」のイベントでも説教してやろうと思ってます。

彼は「ネット情報は当てにならない」と繰り返し書いていますが、ネットユーザーであれば、そんなことは百も承知、その上で「どう情報を選択していくか」「どう必要な情報を探り当てるか」が今現在のテーマであって、ネット情報を全否定していたら、「おまえにネットリテラシーがないだけだろ」「おまえもネットに書いているじゃないか」と言われてしまいましょう。

とりわけ中年世代の出版関係者には、「印刷メディアは信用できる。しかし、ネットは信用できない」なんて二者択一が成立すると考えているのが今も少なくないのですが、そんなバカげたことを言っているから読者に見離されて、部数が下落していくのです。そんなことで出版界が危機に陥っているわけではないですけど。

この辺の話は今週末発売の新刊『クズが世界を豊かにする』の主要テーマです。この本に書いているように、ある側面を取り出した時には、クズを排除してきた既存のメディアより、クズをも取り込むインターネットの方がしばしば信用できると私は思ってます。

長い間、唐沢俊一のパクリ&ガセを垂れ流してきたのは出版社。それを検証し続けているのはネットユーザーたち。それを無視して唐沢俊一を起用し続けているのも出版社。

あるいは、東村山の件でも同様です。「草の根」をサポートしてきたのは、「週刊新潮」や「週刊現代」のような雑誌であり、TBSのようなテレビです。それをコツコツと検証し、批判し続けているのはやっぱりネットユーザーたち。

以前、橋本玉泉さんが「断片的な日々」に書いていたのが、既存のメディアでメシを食っている人たちの典型的な態度でしょう。インターネットで簡単に調べられることも確認できない人が商業出版では著名な存在なのです。調べても記事にはならない。つまり金にならないからです。すべてはゼニざんす。

そんなもんです、既存メディアとそこで食っている人たちは。私だってそうです。多くの場合、既存メディアの中ではゼニでしか動けない。「ニーズがない」などと体のいい言い方をしますが、端的に言えば「売れない。よってゼニ儲けができない」ということです。

そんなものとして、なおテレビも新聞も出版も存在意義があると私は思っていますが、インターネットの登場によって、そんなもの以上のものであるかのように見せかける商売はそろそろ成立しなくなってきています。

もちろん、インターネットには、ガセ情報を検証することもできずに騒ぎを起こして次々と訴えられたり、著作権についての知識がまったくないまま、自分勝手な解釈を恥ずかしげもなく公開している「ゼリーグループ」のようなクズ中のクズもいるわけですが、「集団ストーカー被害者」くらいしか今や支持者がいなくなっているように、新聞や雑誌、テレビに力を借りずして、時間をかけて批判し続ければ、落ち着くべきところに落ち着きます。

つくづくいい時代だなあ。というのが『クズが世界を豊かにする』の内容です。こうして私が自著の宣伝につなげるのもゼニのためです。

といったように、間違った幻想を持たせないため、商業出版では、ゼニのために雑誌や本を出していることをちゃんと認めた方がいい思うのです。その中ではゼニにならないことはできません。その代わり、私や橋本玉泉さん荒井禎雄さんは、ゼニにならないことをインターネットでやり続けているので、勘弁してください。

これ以降、「情報を選択し、検証する能力があれば、インターネットほど便利なものはない」という例をいくつか見ていこうと思ってます。もちろん、これも本を宣伝してゼニにつなげるためです。