2004-12-03

コラテラル

「コラテラル」パンフより 何だかんだと忙しくて、半月ほど映画館に通えなかった。ようやく落ち着いて、まず観たかったのは『コラテラル』じゃなくて、『オールドボーイ』だったのである。のっけからグチめいてて申し訳ないが、まずはその話から。

その日はちょっと渋谷の雑踏は避けたい気分で、横浜に新しくできたシネコンに行こうと思い立った。駅から近そうだし、みなとみらいのシネコンよりは、きっとすいてるぞ!と。
某情報誌でスケジュールをちゃんと確かめ、15時35分の回を目指して行ったのに、なんと、土・日は朝の回のみの上映となっていた。「まさか!」。
定期があるからタダで行ける渋谷をやめて、わざわざ370円(みなとみらい線ができる前は190円で行けたのに…)払って行ったからには、このまま引き下がるわけには行かないと、チケット購入の長蛇の列に並んで、窓口のお姉ちゃんに文句を言った。すると、そのお姉ちゃんは、おもむろに自社のスケジュール表を出してきて、「こちらに27日と28日は、朝の回以外は休映の▲印がついております」とのたまった。
うわ〜、小さすぎてそんな印、よく見えないじゃん〜。そんなスケジュール表、どこで配ってるんだよ〜。わざわざ、新高島まで370円払ってもらいに行けってこと〜。
…なんて悪態を心の中でつぶやきつつ、しょうがないので『コラテラル』のチケットを購入。最後に「○○(情報誌の名前)には休映なんて書いてありませんでしたよ」と捨てゼリフをはいたら、「それは○○さんのほうに言っていただかないと…」とシラッと言われた。
はいはい、確かにそうです。客の入りによって、上映スケジュールがくるくる替るのが当たり前のシネコンで、単館系の映画を見ようと思った私がバカでした。でも、ひとこと「それは申し訳ありませんでした」と言ってくれれば、こっちの気持ちも大分違うのに、窓口のお姉ちゃんからは「映画愛」を感じるなんのフォローもなかった。「シネコンなんか、やっぱキライだ〜」と思った次第。
横浜では、単館系映画をよく上映していた「ヨコハマ・シネマ・ソサエティ」が、先般の台風で地下の劇場が浸水し、ついに閉館となってしまった。何とも寂しい限りである。

で、前置きがものすごく長くなってしまったが、トム・クルーズが非情な殺し屋に扮した『コラテラル』。夜のロサンゼルスを舞台に、一晩で5人を殺す使命を受けた殺し屋が、偶然乗り合わせたタクシーの運転手を巻き込んで、一夜の壮絶な殺しの狂想曲を繰り広げる。夜の街のクールでスタイリッシュな映像が印象的な作品だ。
トム・クルーズ演じる殺し屋に翻弄されるタクシー運転手に、コメディアンであり、最近は映画出演も多いジェイミー・フォックス。ウィル・スミスの妻、ジェイダ・ピンケット=スミスが出演時間は少ないながら、おいしい役で強い印象を残す。
監督は、男のドラマが得意な、『ヒート』『インサイダー』『マイアミ・バイス』のマイケル・マン監督。

ハードボイルド好きな人なら、あらすじを聞いただけで、よだれが出そうな映画だろう。トム・クルーズも髪を白髪まじりの銀髪にして、頑張って非情な殺し屋に扮している(今度こそのアカデミー賞狙い?)。

しかし、そもそも、純愛、ベタなストーリーが人気の今の日本にあって、非情でスタイリッシュな作品が受ける要素は少ないだろう。実際、その日のシネコンは、家族連れ、カップルでにぎわっていたのに、みんなアニメに流れたのか、『コラテラル』では空席が目立った。
で、映画自体に感銘を受けたのならいいのだけど、「う〜ん、つまらなくはないけど、取り立てて誰かにすすめるほど良くはなかった」というのが正直な感想。トム・クルーズは非情な殺し屋と言うには甘ちゃんに見えるし、背景が一切明かされない殺し屋の生き様が、心の中に深く入り込むまでには至らないという感じだ。

それでも、銃撃シーンや夜のロサンゼルスをタクシーで走るシーンなど、見所は多い。細部にこだわって観れば、また別の楽しみ方がある作品でもある。