2006-04-02

アメリカ,家族のいる風景

もうひとつのアメリカを
じんわり堪能できる
アメリカ,家族のいる風景

観終わったあと、不思議な感覚に包まれる。

おちぶれた映画スターの主人公は、ただただ身勝手な男なのに、なぜか憎めない。老境に達して、「自分の人生なんだったんだろう」と振り返り、30年もほっぽらかしていた母親に会いに行くことからして、超身勝手。しかも、その母親から「あんたには実は子どもがいるんだよ」と知らされ、かつて見捨てた女が住む街に、子探しに行くにいたっては、情けないを通り越してかっこわるい。それなのに、憎めない。その人間くさくて、情けない生き様に、「人生ってそうだよなぁ」と心傾いてしまうのだ。

この映画は、20年前、カンヌ映画祭でパルムドールに輝いた「パリ、テキサス」のコンビが再びタッグを組んだ作品だ。監督ヴィム・ベンダース、脚本サム・シェパード。しかも、20年前には叶わなかった、サム・シェパード主演が、今回は見事叶って、かっこわるいサム・シェパードが堪能できる。しかも、かつて見捨てた女の役を、私生活のパートナーであるジェシカ・ラングが演じている。彼女は年を召してても相変わらずかっこよくて、見ほれてしまったのだが…。

ハリウッド大作映画ばかり観ていると、アメリカには正義感に満ち、常に前向きな善人か、強烈な悪人しか住んでいないのではないかという錯覚に陥る。一方、アメリカのインディーズ系映画を観ると、アメリカにもごくごく普通の市民が生活しているのだなぁと安心するのだが、この映画は、ドイツ人であるヴィム・ベンダース監督が、アメリカを撮っているので、何とも摩訶不思議な雰囲気に包まれた映画になっていると思う。ドイツ映画でもない、アメリカ映画でもない、ヴィム・ベンダースの世界がそこにあるのだ。
この映画を撮って後、ベンダース監督は長年住んだアメリカを離れ、ドイツに戻ったのだという。

そのベンダース監督が、写真家のドナータ夫人と共に撮りおろした映像・写真を公開する「ヴィム&ドナータ ヴェンダース写真展」が4月29日(土)〜5月7日(日)まで、表参道ヒルズ地下3階の「O(オー)」で開催されるという。