出版、二つの試み

2004-12-17 沢辺 均

このサイトで、出版にかんする二つの試みを始めました。
一つは、すでに公開してる「 メイキング・オブ・QJr」。
「QueerJapan returns」(伏見憲明編集長)の制作過程公開です。
伏見さんが編集長で発行していた「QueerJapan」(勁草書房発行)を、「QueerJapan returns」としてポット出版から発行することになりました。伏見さんの発案で、この制作過程をブログで公開します。
日々、制作過程が公開されるなんて、出版業界で初の試みじゃないか、と思ってるんです。でこれに、読者たちがどう反応してくれるのか、また、実際の誌面にどういった「影響」が現れるのか楽しみです。
二つ目は、これまた松沢さん発案の「予約投票システム」
発行検討中の企画を公開して、予約してもらうもの。
これまた業界初の試みのはず。

ポットのサイトはまたまた面白くなってきましたよ(って自分で自慢しました)。

Comments Closed

小さなモデルたち

2004-12-16 佐藤 智砂

月刊誌の仕事で、きょうは小学校入学用のファッションページの撮影があった。男の子と女の子の読者モデルが一人ずつ。かわいかったな〜。男の子はスタジオに入ってくるなり、「○○○○です」と自分の名前を言い、さらに「こっちは○○○○です」とお母さんの紹介までしてくれた。こう書くと、こまっしゃくれたガキを想像するかもしれないけど、全然そうじゃないの。さらに休憩時間になると、女の子に「○○ちゃんもブロックで遊ぶ?」と紳士な態度。
私が同じクラスになってたら、絶対に好きになったね。
久しぶりに胸がときめいた1日でした(寂しすぎ!)。

Comments Closed

慰安石鹸

2004-12-15 齊藤 美紀

年の瀬です。まさに年の瀬まっただなかです。
年の瀬とはまったく関係ないことですが、イアン・ソープが私より
3歳も年下だということを最近知り、正直驚きを隠しきれません。
しかしそんなことを言いはじめたらキリがなく、イグナショフは同い年だし、
ノゲイラなんかたった3コ上だし(一回りくらい上かと思っていた)、
ジャッキー・チェンは今年で50歳(だったような気が)だし、
もう年齢とかだんだんどうでもよくなってきます。
一人の人間の中ですら、「精神年齢」だとか「肌年齢」だとか
「骨年齢」だとか「血液年齢」だとか「第二の人生」だとか「永遠の17歳(妄想)」だとか色々あるし、
もうなんでもいーよ、という投げ遣りな気分になります。
(が、予想に反した年齢を言われるといちいち驚くし、それを楽しんでいる自分がいるのも事実)

Comments Closed

「上げたら下げてよ」という要求

2004-12-10 木村 瞳

さて、私は昨日ひとつの「真理」に辿りつきました。いや、辿りつかなければならない「真理」を発見しました。
世の女性の中には、「トイレの便座が上がっていること」に対して、『なんでうちの旦那は…。上げたら下げてよ』とか『気になる彼を家に呼んだら、便座を上げたままだった。もう呼ばない』とか言う女性がいます(本当にいるんですよ、テレビでも見たし私の知りあいにも過去に一人だけいました)。で、私はこれまで『へぇ〜そんなこと思うんだ』って流して聞いていました。
ところが、昨日、上がっている便座を見て、『便座を下げる作業ってそんなに面倒じゃないよなぁ…』と思って、『はっ』としました。世の男性の中には『ったく、便座は下げたら上げろよな』って思っている人もいるのでは…と。
どうなんでしょう。「大」と「小」で言えば、だれしも「小」の回数が多いわけで、男性の一人暮らしであれば、きっと「便座が上がっていること」が「常態」ですよね。つまり「常態」は場所場所で違うわけです。
で、女性が「上げたら下げてよ」って言ったら、男の人は「すいません」って感じだと思うんですけど、男性が女性に「下げたら上げろよ」って言ったら、女の人はきっと素直に「すいません」って言わないと思うんです。これは男性も『大』のときに「便座を下げて使う」からではなく、もっと違うところに理由があるのではなかろうか。
私はこれまで「上げたら下げてよ」発言を聞き流していたわけですが、もし「下げたら上げろよ」発言を聞いていたら、聞き流していないと思うんですよ。「なんでよ! 下げたままにするわよ!」と反論する気は全然ないんですが、きっと発言者の男性に「傲慢」とか「勝手」とかある種の暴力性を感じると思うんです。不思議です。同じことを要求しているはずなのに。何ででしょうね。私(女性)が生きやすいということだけは確かです。
「上げたら下げてよ」要求をしている女性、あるいは「上げたら下げてよ」要求をたびたびされている男性とじっくり話がしたいです。

1 件のコメント »

刊行ラッシュ

2004-12-09 大庭 雄策

12月に入ってから刊行ラッシュです。
カーミラVol.6』『Quiet Storm 静かなる嵐』『ず・ぼん10』、年内の刊行はこれで終了です。
12月は取次も忙しいようで、見本出しから新刊配本まで通常、中2〜3日なんですが、『ず・ぼん10』ではトーハン、日販は中4日での配本となります(他の取次は中2日配本)。

Comments Closed

写真の勉強

2004-12-04 山田 信也

ここしばらくのあいだ、社長命令で、写真を勉強するようにいいつけられています。このあいだは、いきおいあまってポット写真同好会まで発足しそうになりましたが、勧誘をうけた山田と柳瀬さんがあまり食いつかなかったためそのまま立ち消えました。沢辺さんのおすすめのデジカメは、エプソンのRD-1。高額すぎて手がでませんが、ちょっぴりあこがれてしまいます。RD-1は無理としてもなにかデジカメを買おうかと考えてしまうこの頃でございます。

Comments Closed

相対的に減らしてもなあ

2004-11-30 日高 崇

続きを読む…

Comments Closed

デザイナーに採用されるコツ?

2004-11-29 沢辺 均

続きを読む…

Comments Closed

地方・小出版流通センターの取り扱い点数

2004-11-29 沢辺 均

続きを読む…

Comments Closed

反省

2004-11-26 沢辺 均

続きを読む…

Comments Closed

新人日誌、卒業です

2004-11-26 柳瀬 浩史

続きを読む…

Comments Closed

副鼻腔炎、完治

2004-11-25 佐藤 智砂

続きを読む…

Comments Closed

「Innocencia」saigenji

2004-11-25 柳瀬 浩史

続きを読む…

Comments Closed

180°の振り幅

2004-11-24 柳瀬 浩史

続きを読む…

Comments Closed

光陰矢のごとし

2004-11-24 齊藤 美紀

続きを読む…

Comments Closed

ず・ぼん10

2004-11-22 木村 瞳

続きを読む…

Comments Closed

坊主になりました

2004-11-19 大庭 雄策

続きを読む…

Comments Closed

ナス入りのスキヤキ

2004-11-18 柳瀬 浩史

続きを読む…

Comments Closed

どらふと

2004-11-17 山田 信也

続きを読む…

Comments Closed

カーミラVol.6、12/2発売!

2004-11-16 柳瀬 浩史

続きを読む…

Comments Closed