2004-03-10

スイマグ問題

今日も読者からのお便りをご紹介させていただきます。
今回は、スイマグ(水溶性マグネシウム)のお話です。
Tさんという方です。
とても参考になりました。ありがとうございます!!

はじめまして。
最近、スイマグをキーワードに検索していたとき断食日記に出会い、すこしづつ読ませていただいています。
私も自分自身の病気(外科手術で一応直りました)以来、体のことをよく考えるようにはなったのですが、中々良いとわかっていても実行できないことが多いので、青木様のご様子にとても感動しています。

*ありがとうございます! ただ毎日できるだけのことをしています。自分と向かい合って、本当に未熟者だなぁ、と思う日々を過ごしています。学ぶことが多いです。

さて、私はスイマグの自分の服用についての適量を知りたくて調べていたのですが、青木様のサイトには代用品の話やドイツにいるときの入手法について何度か登場しているようにお見受けしました。
これは私の勘違いかもしれないのですが、スイマグの発売元(三保製薬研究所)から直接送ってもらうことはあまりご興味がないということでしょうか。(編集部注:「三保制約研究所」のGoogleでの検索結果

*いえいえ、三保さんのスイマグを服用していますので、とても興味があります!

スイマグのサンプルを送ってもらった際に同封されていた『三保通信』(’04.3.1.)に東野さんというかたのお手紙が記載されていて、最後に「今はアメリカのカリフォルニア州Daly City というところに居られる東野さんですが、日本在住時からスイマグをご利用いただいておりまして、今はアメリカの方から、メールでご注文を戴きます。」(引用)とありましたmihoseiyaku@po4.across.or.jp)。へえ〜、海外でも実践している方がいるんだなあ、などと思ってすぐに、青木様のサイトにも巡り合ったものですから・・・
まだ日記の全部も読ませていただいてないうちからのメールですみません。私の勘違いだったら忘れてください。

*まぁ、そうだったんですか!! ありがとうございます! 私は、甲田医院で、スイマグは処方箋がないと購入できない、と伺ったのですが、もしかしたら私の勘違いだったのかもしれませんね。ただ、先生のご指導なしでスイマグを服用するのは、私だったら考えてしまうので、甲田先生に毎日の飲み方をご指導いただけたのはありがたいです。その上で、三保製薬さんからメールで取り寄せる、という方法もある、ということですね!!それは素晴らしいです!!前にインターネットで調べた時には、電話とファックスしかアクセス方法が書かれていなくて、そのままにしてしまったのですけれども、メールアドレスもあるのですね。そして、直接海外にも発送していただける、ということなのですよね!! とにかく一度、メールを送ってみたいと思います。

こうして海外で暮らしていますと、日本から何かを送ってもらって療法を続けていくのは、郵送費のこともあるし、(この三保製薬さんのシステムですと、家族に頼まなくて済むので、それは良いですが)少々悩むところです。ドイツで完璧な代替品が手に入るのだったら、それが最も良いのだとは思いますが、まだ見つけることができません。ですので、Tさんからのメールは、とっても嬉しかったです! 

貴重な情報を、本当にありがとうございました!!

それでは。
日記楽しみにしています。

*ありがとうございます! いろいろつまらないこともたくさん書いていますので、読者のみなさんが退屈してしまう内容もあると思いますが、甲田療法をする私の日々の気持ちを、できるだけ正直に書き続けていきます。
これからもどうぞよろしくお願いします!